経理キャリアUP

【経理の仕事は大変なの?】現役経理が苦労した仕事と対策を解説

世間から見ると経理はノルマが無くて楽なイメージでしょうか。

経理に転職を検討している方や、社内異動を希望しようとしている方は、経理が大変な仕事かは気になりますよね。

実際に経理で働いている私と他のメンバーのリアルな体験談を基に、経理の大変な部分を解説します。

この記事は、経理に興味がある方に向けて、経理で働いてみて大変に感じる部分を紹介します。私だけではなく経理部門で働いているメンバー数十人の声も反映しているので、経理の働き方をイメージしたい方には参考となると思います。

では、纏めていきますね。

スポンサーリンク

【結論】経理は働きやすいが最初の1年間は大変

経理は専門性が高い職種なので、実務の経験を積まないと仕事が難しく感じます。

公認会計士試験を突破した人であっても、経理部で即戦力になることはありません。

実務を通じて会社特有の処理や決算の流れを経験することで、簿記の知識と実務がリンクして初めて経理が楽に感じます。

なので、年間を通して経理の実務の流れを把握するまでは、経理未経験者は大変と感じます。未経験者の場合には、業務についていくために一年間は努力が必要となります。

しかし、経理の実務経験を積んで自分のペースで業務を進めることができれば、ワークライフバランスを確保できて仕事が楽になります。

経理のワークライフバランス→【経理は楽なの?】現役経理が特に楽な業界と仕事の特徴を語る

【参考】経理の仕事に資格(日商簿記)は不要か?

公認会計士の知識を持った人でも経理の即戦力にならないなら、簿記を学ぶ必要がないと思う方もいると思います。

自信を持って言いますが、日商簿記の資格は意味があります。

あくまでも、即戦力にならないだけであって、簿記の知識を持った方は経理の実務に慣れるのが早いです。

借方・貸方を一から実務で学ぶのと、財務諸表の前提知識があった上で実務を学ぶのでは取得の難易度も速さも異なります。

なので、簿記の知識があれば、経理の実務が大変と感じる期間も短縮できる可能性が高いです。

簿記2級の有用性→【簿記2級は意味がない?】簿記が役に立たないのは噓である理由を解説

【具体例】経理の仕事で大変なこと5つ

私は営業から経理に未経験で転職をしており、現在は中途社員の経理メンバーの教育を行うこともあります。

なので、経理が入社直後に苦労する部分と対策を具体的にお伝えできます。

まずは、苦労する部分を箇条書きにします。

  1. 専門用語が飛び交い理解できない
  2. 経理のシステムが使いこなせない
  3. 仕事の優先順位が分からない
  4. 仕訳の起票に苦労する
  5. 他のメンバーの仕事のスピードについていけない

では、一つ一つ解説をしていきます

①専門用語が飛び交い理解できない

経理は専門用語を利用して業務の会話をすることが多いです。

専門用語が分からないと業務内容が理解できないので何度も聞き返す必要があります。

簿記で学んだ専門用語だけでなく、会社独特の専門用語もあるので慣れるまでは大変です。

②経理のシステムが使いこなせない

経理は会計システムを利用して業務を行います。

会社によって利用するシステムは異なりますが、慣れるまでは操作に戸惑います。

例えば、システムから情報を取れるとしても、システムからどのように情報を取るかが分かりません。

会計システムは多種多様な機能を保有しているので、使いこなすまでに時間がかかります。

③仕事の優先順位が分からない

経理は決算の時期は複数の仕事を抱えることになります。

なので、優先順位を付けて仕事をする必要がありますが、入社直後はどの仕事から終わらせるべきか判断がつきません。

教育担当の方が不在の場合や緊急と言われた業務が複数ある場合には、苦労することが多いです

④仕訳の起票に苦労する

簿記の知識を基に仕訳を起票しようとしても、会社特有の処理があるので間違うケースが多く戸惑います。

また、仕訳は短時間に大量に処理をする必要がありますので、一つ一つに数時間も工数をかけられません。

なので、仕訳の入力に苦労するケースが多いです。

⑤他のメンバーの仕事のスピードについていけない

入社直後に思うのが、他のメンバーの処理スピードの速さです。

最初は他のメンバーの半分程度のスピードでしか処理できないので、同じ量の業務を定時内に新人が処理するのは大変です。

周りも配慮して業務を配分してくれますが、慣れるまではスピードについていくのに苦労します。

【改善策】経理の仕事に早く慣れる5つのコツ

経理 大変

未経験者でも経理の仕事に早く慣れる方法があります。

即戦力は難しいですが、経理の実務に慣れるまでの期間を短縮するコツを掴めば貴方が大変な期間が短くなります。

では、対策を箇条書きにしていきます。

  1. 経理に関する本を読む
  2. 会計システムのマニュアルを作成する
  3. 優先順位をカレンダーに書き込む
  4. 過去の仕訳を手元に置く
  5. Excelをマスターする

では、一つ一つ解説していきますね。

①経理に関する本を読む

専門用語をマスターするには、2つの方法があります。

  • 専門用語が出現するたびにメモをする
  • 関連書籍を読んで学ぶ

社内用語はメモをして覚える必要があります。

しかし、経理共通用語は関連書籍を読んで、正しく時間をかけて理解することをおすすめします。

全ての会社で使われる経理の専門用語を正しく理解することは、経理のキャリアにおいて大事なスキルです。

決算書の読み方が分かる本→【決算書の読み方】の勉強におすすめの本5冊【分かりやすい書籍を経理が厳選】

②会計システムのマニュアルを作成する

会計システムに慣れるには、マニュアルを作成するのが1番効果的です。

マニュアルが支給される場合もありますが、自分オリジナルのマニュアルを一つ一つ作成することをおすすめします。

例えば、総勘定元帳を会計システムから出力する方法を学んだら、その出力方法をマニュアル化するイメージです。

マニュアルが作成できるようになれば、その会計システムの操作方法はマスターしたことになりますよね。

③優先順位をカレンダーに書き込む

手帳又はGoogleカレンダー等に貴方の業務と経理の主要なイベントは書き込みましょう。

目的は2つあります。

  • 優先順位を可視化するため
  • 来年に備えてスケジュールを把握するため

全てのタスクが書き込まれていれば、業務の依頼を受けた時に業務の状況を説明しながら優先順位をその場で決められます。

また、経理は繫忙期が同じ時期に起こるので、スケジュールを付けることで繫忙期も明確になりますよね。

仕事を一人でできるようになるまでは、仕事を受ける場合は必ず教育担当を通してもらうことを徹底することです。

教育担当者に貴方の業務負荷を常に把握してもらい、過度な残業が発生しないようにコントロールして貰いましょう。

経理の1年目の目標→【経理1年目の目標を3ヶ月ごとに解説】経理1年目におすすめな本も紹介

④過去の仕訳を手元に置く

経理の仕訳の大部分は、過去に生じた仕訳です。

なので、前月と前年同時期の仕訳は直ぐに参照できる仕組みを作っておきましょう。

勘定科目が分からなければ、類似の取引を前月と前年同時期から探して当てはめればOKです。

それ以外は探すのに時間がかかるので、自分なりの仕訳を考えて教育担当者に相談をしてみましょう。

⑤Excelをマスターする

経理の仕事が早い人は、Excelを使いこなしていることが多いです。

使いこなすと言っても、マクロまでは使える必要はなくピポットテーブルなど基本的な関数でOKです。

Excelの関数を理解できれば、業務のスピードは飛躍的に上がるのでスピードの差も無くなります。

Excelは経理の仕事をする限り使う機会があるので、本を一冊読んでマスターすることをおすすめします。

経理の実務が学べるExcelの本→【経理で使うExcelが学べる本5選】エクセルで業務効率化を狙える書籍を紹介

【参考】経理に向いているか科学的に調べてみる

経理に向いているか気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるプログラムがあります。

コンピテンシー診断は、ミイダスが提供する無料の自己分析プログラムです。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

仕事の価値観診断の纏め→【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

経理は大変であるかの纏め

経理は慣れるまでは確かに大変と感じることがあります。

しかし、慣れてしまえばワークライフバランスを確保しながらキャリアアップを目指すことができます。

数値を扱う仕事が嫌いでなければ経理はおすすめです。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に関するオススメな本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

スポンサーリンク

【経理に強み】履歴書・職務経歴書の添削サービス開始

経理や管理部門の経験を伝えたいと思いブログを開始して約1年が経過しました。

ブログも月3万PV超になり、転職に関する問い合わせを受ける機会も多くなりブログを開始して本当に良かった思っています。

お問い合わせを頂く項目で件数が多かった履歴書と職務経歴書の添削をココナラでサービスを開始しましたので良かったらご利用ください。

サービス提供を開始した背景

経理の採用活動を担当している時は、職務経歴書の完成度により書類選考の通過率に大きな影響を与えていることを感じました。

私が注意深く職務経歴書を3回程度読むと良い経験をしていると推定されるので面接をしたいと考えても、人事や他のメンバーに反対され泣く泣く不採用にしたケースもあります。

同じ経験をしていても書き方により、経理だけでなく経理経験がない人事や役員にも魅力が伝わる職務経歴書の書き方があり、書類選考の通過率を上げることができると考えます。

良いキャリアアップへのお手伝いできればと考えサービス提供を開始しました。

購入のメリット

1)利便性 今回の転職だけでなく、長く使える形式で職務経歴書を作成しますのでキャリアを考えた際には効果的な投資効果を得られると思います。

2)他サービスとの比較 通常のエージェントと違うのは、経理や管理部門で実際に勤務をしているので、経理や管理部門が欲しがる人材を熟知しているとこです。

また、キャリアカウンセラーとして優秀な方は多いと思いますが、経理や管理部門の専門性が高い業務内容を熟知した上でアドバイスできるキャリアカウンセラーは少ないです。

私自身は経理や管理部門を担当からTOPまで経験しているので、各ポジションに合わせた魅力ある職務経歴書の作成をお手伝いできます。

想定対象者

・経理や管理部門の書類選考に通らない方

・志望業界(企業)に合わせて職務経歴書を準備したい方

・職務経歴書に自信がない方

・企業側の面接官の視点を知りたい方

履歴書・職務経歴書併せて添削・作成します 【内定率UP】経理に強みがある人事責任者が企業目線で支援

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理キャリアUP