経理の転職活動

【経営企画部は花形?エリート?】同期にメリットとデメリットも聞いてみた

経営企画部で働いている人や興味がある人は、経営企画に配属されると出世しやすいのか気になりませんか。

大企業は本社や子会社に経営企画部を置いて将来の会社の舵取り役を任せることが多いです。

実際に勤め先の本社や子会社にも経営企画部はあり、本社では同期が働いており海外子会社では私が部門長クラスで働いています。

この記事では、経営企画部がエリートか気になる方に向けて、経営企画部の実情を解説します。実際に経営企画部の仕事をしているからこそ分かることもありますので、リアルな情報を提供できるかと思います。

では、纏めていきますね。

スポンサーリンク

【前提】経営企画部は花形・エリートである

経営企画部は役員との距離が近かったり、M&Aなど会社にとって重要性が高い業務を行うので重要な部門です。

経営企画部は優秀な人材を採用又は他部門から異動させ、経営企画部で経験を積ませた後に役員や子会社社長を任せる人事が多いですよ。

経営企画部に配属されたから必ず出世するのではなく、配属された時点では会社から期待されている人材なだけです。なので、役員や子会社社長になるには経営企画部で活躍する必要がありますよ。

役員の近くで仕事をするので成果が認められやすく、優秀な人は他の部門よりは出世が早い傾向があります。

経営企画部におすすめな本→【経営企画の勉強におすすめの本5選】勉強方法に迷ったら読んで欲しい書籍を紹介

【結論】経営企画部で働くメリットとデメリット

経営企画部 花形

経営企画部は花形・エリートではありますがメリットだけではありません。

経営企画部で働くデメリットもありますので、経営企画部を希望する人はメリットとデメリットの両方を認識することをおすすめします。

では、経営企画部のメリットとデメリットを3つ紹介しますね。

経営企画部で働くメリット3つ

まずは、箇条書きで紹介します。

  1. 役員や子会社社長のポジションが狙える
  2. やりがいがある
  3. 高年収で転職ができる

では、一つ一つ解説していきますね。

①役員や子会社社長のポジションが狙える

経営企画部の簡単なイメージは、将来会社が利益を出すための戦略を考える部門です。

役員や子会社社長も会社が利益を出す戦略を考える必要があるので、経営企画部で経験を積んだ人材が適任と言えます。

本社の社長も経営企画部の室長や部長を経験した後に、社長に就任することが多いので社長を狙いたい人にはおすすめです。

②やりがいがある

経営企画部の社員は会社の命運を左右するプロジェクトの中心人物となったり、新聞に掲載される程大きなM&Aを担当することがあります。

自分が担当した仕事がテレビや新聞などで報道されると、大きなプロジェクトをやり遂げた達成感がありますよ。

経営企画部で扱う仕事は規模が大きいので責任はありますが、社内・社外から注目を浴びるので達成したときのやりがいは感じられます。

③高年収で転職できる

経営企画部の経験がある社員は転職市場での評価が高いです。

経営企画部は会計、ITなど広範囲の知識が必要なので、直ぐに代わりが見つかる人材ではありません。

経営企画部の経験だけでなく、英語力もあると希少性が高くなり1000万円前後でオファーが来ることもありますよ。

単語力はTOEICや英会話でも必要不可欠なので、英語の学習は単語の学習から始めるのがおすすめです。

<おすすめ単語帳>

経営企画部で働くデメリット3つ

まずは、箇条書きで紹介します。

  1. 専門性は身につかない
  2. 必ず大きな仕事があるとは限らない
  3. 他部署に気を遣う

では、一つ一つ解説していきますね。

①専門性は身につかない

経営企画部は広く浅く知識が必要となる部門です。

経理部は減損会計について会計処理から財務諸表に与える影響まで全てを理解する必要があります。しかし、経営企画部は細かい会計処理を理解する必要はなく、財務諸表に与える影響や減損会計が生じる理由を理解すれば問題ありません。

経営企画部の経験だけでは、各部門で必要な専門性を身につけることはできません。

なので、経営企画部のみしか経験をしていない場合には、専門性が高い職種に異動したり転職をすることが難しいです。

②必ず大きな仕事があるとは限らない

経営企画部に在籍をしていても、必ず大きな仕事を経験できるとは限りません。

例えば、会社の業績が悪くて投資を抑制していれば、M&Aや大型のプロジェクトを経験できる可能性は低くなります。

業績が悪い会社に入ると経営企画部で大きな仕事をしたいのに、実際は各部門から集めたデータの加工が主な仕事になってしまうこともあります。

会社の方針により経営企画部の仕事内容は大きく左右されるので、入社する会社の業務内容はよく確認をしておきましょう。

経営企画部は大きな仕事もありますが、地道な仕事もあるのでExcelのスキルは磨いておくことをおすすします。

Excelが学べる本→【経理で使うExcelが学べる本5選】エクセルで業務効率化を狙える書籍を紹介

③他部署に気を遣う

経営企画部は自分だけで完結できる仕事はほとんどありません。

例えば、財務諸表の詳細データが欲しい場合には経理に依頼する必要があり、将来の収益予想も経理に依頼をする必要があります。

なので、何をするにしても関係部門の協力を得る必要があるので他部署に気を遣います。

交渉力や折衝力が学べる本→【交渉力が身につくおすすめの本】折衝力を高めるのに役立つ書籍を紹介

【参考】経営企画に向いているか科学的に調べてみる

自分が経営企画に向いているか気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるコンピテンシー診断をミイダスが提供しています。

自分の適職や上司との相性が分かって面白いですよ。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

適職診断については下記の記事でも纏めていますので良かったら見てくださいね。

【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

経営企画部は花形かの纏め

経営企画部は会社で重要な部門であることは間違いありません。

経営企画部に配属されたということは、経営層としてのマインドを身につけて欲しいとの会社からのメッセージです。

会社が期待する成果を上げて、役員や子会社社長を目指してみてはいかがでしょうか。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に関するオススメな本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理の転職活動