経理キャリアUP

【経理に必要なスキル4つ】転職で求められるスキルも解説【財務・会計職の方も必見】

経理で活躍するために必要なスキルは何か疑問に思ったことはありませんか。

私は未経験で営業から経理に転職をしましたが、自分では強みと思っていないスキルが役立ったことが多々あります。

経理に転職を考えている人や経理で活躍したいと思っている人は経理で求められるスキルを知っておくと目標が明確になりますよ。

この記事では、経理に必要なスキルが何か知りたい方にむけて、経理で求められるスキルを解説します。実際に未経験で経理に転職をして、経理の採用担当も勤めたことがあるのでお役に立てると思います。

では、纏めていきますね。

スポンサーリンク

【前提】経理で求められる基本的なスキル(能力)は共通している

経理は各会社で行う業務内容に大きな差がないのが特徴です。

経理の主な業務である決算業務は一定の基準に従って処理をする必要があります。もし、各企業が異なる基準で決算を行い財務諸表を作成したら、投資家は各企業の財務諸表を比較することができません

経理で求められる基本的な能力は各会社で共通しており、能力が高い経理に内定が集中する仕組みとなっています。

基本的な能力を身に付けた後は、実務で経験した分野で得意な項目を軸にキャリアアップしていくと高年収が狙える経理になりますよ。

【宣伝】経理のキャリア相談を承ります

経理のキャリアは多種多様なプランがありどの道を目指すかで優先して経験・勉強すべきことは異なります。

例えば、

  1. 年齢
  2. 将来経理以外の職種につきたいか
  3. マネジメントをしたいか
  4. 制度会計、税務、管理会計、財務、原価計算のどれを武器とするか
  5. 未経験から経理になるには何をしたら良いか

貴方が置かれている状況をヒアリングして、貴方に最適なキャリアプランをアドバイスさせていただきます。

また、キャリアに関する質問にも回答させていただきますよ。

ココナラで体験談をもとにキャリア相談を承っていますので良かったらご利用ください。→経理のキャリアアップ 経理の転職相談を承ります

【結論】経理に必要なスキル4つ

では、経理に必要なスキルを解説していきます。

まずは、箇条書きで紹介しますね。

  1. 簿記2級
  2. Excel
  3. コミュニケーション能力
  4. 日程管理能力
  5. 総務・人事・法務経験

では、一つ一つ解説していきますね。

① 簿記2級

簿記は【意味ない】・【不要】と言う人がいますが無視して問題ありません。

簿記2級よりも経理の実務に役立つ資格はありませんよ。簿記2級を取得すれば上場企業の単体決算の80%程度はマスターできる仕組みとなっています。

実際に簿記2級を応募要件としている企業もあります。また、私が書類選考で1番最初に見る欄は資格欄に簿記2級が記載されているかです。

上場企業の経理管理職クラスの人材は簿記2級を取得していることが多いので、経理でキャリアアップしたいなら簿記2級は必須と言えます。

簿記2級がコスパ抜群な理由→【簿記2級は食いっぱぐれない】コスパ抜群な理由4つ【簿記1級も併せて解説】

② Excel

経理の実務で思うように活躍できない人はExcelが苦手なことが多いです。

会計の知識が豊富でもExcelの基礎的な知識がなければ、自分がやりたいことを仕事で実践できません。

極端な例ですが、下記の1と2では1の方が圧倒的に早く正確に集計できますよね。

  1. 100件の売上をExcelのSUM関数で集計
  2. 100件の売上を電卓で集計

Excelの基本的な数式(Sumif,Vlookup,ピポットテーブルなど)を学ぶだけで作業スピードは2倍以上は変わります。

職務経歴書でExcelの知識を経理採用担当は確認をしているので、保有するExcelの知識は職務経歴書に必ず記載しておきましょう。

現在はExcelが苦手でも本を1冊購入して、1週間程度学べば基本的なExcelスキルは身に付きますよ。

Excelを学ぶのにおすすめな本→【経理で使うExcelが学べる本5選】エクセルで業務効率化を狙える書籍を紹介【資料作成の本も併せて紹介】

③ コミュニケーション能力

経理は営業職と同じくらいコミュニケーション能力が必要となります。

経理がやり取りする相手は例えば、

  1. 部内のメンバー
  2. 役員
  3. 監査法人・顧問税理士
  4. 他部署
  5. 行政機関(国税庁や地方自治体)
  6. システム会社

私が連結決算と税務を担当していたときは、作業をする時間よりも打ち合わせや調整している時間が長かったと思いまます。

営業と異なる点は、対外的には経理がお客様側なので対外的な調整では苦労は少ないです。

しかし、社内調整で交渉をする必要とする場面が多々ありますので、経理でコミュニケーション能力は必須と言えます。

重要なのは経理の専門性が高い業務を、他部署の経理以外のメンバーにも分かるように説明できる力です。経理には重要性が理解できても他部署には重要性が理解できないことが多くコミュニケーションに苦手意識を感じる人が多いです。

コミュニケーション能力も本で向上させることができるので試してみてはいかがでしょうか。

コミュニケーション能力を向上させるのに役立つ本→【経理で使うExcelが学べる本5選】エクセルで業務効率化を狙える書籍を紹介【資料作成の本も併せて紹介】

④ 日程管理能力

経理は決算や納税など期限が予め定められている業務が多いです。

また、同時並行で業務を進めることが多いので複数のタスクを優先順位を付けながらこなす必要があります。

決算業務は他のメンバーと協力して進めるので自分の業務が遅れると、他のメンバーに迷惑をかけるので日程管理能力は重要なスキルとなります。

日程管理能力を身に付けるには時間の使い方が重要となりますよ。

例えば、締切は同じでも下記の2つでは後工程が【ある】作業を優先すべきです。

  • 後工程が【ある】作業
  • 後工程が【ない】作業

後工程が【ある】作業は、後工程からF/Bを受ける可能性があるので後工程が【ない】作業よりは早く出す必要があります。

小さなことですが、細かい時間の使い方が日程管理能力を高めるコツとなりますよ。

時間の使い方が学べる本→【時間の使い方が学べるおすすめな本5選】時間術が身に付く書籍を紹介

【経験者向け】経理の転職で必要なスキル2つ【経験者採用の場合】

経理経験者に求められるスキルは上記に加えて下記の2つの経験です。

  1. 決算経験
  2. 管理会計の経験

上記のどちらかの経験があれば、転職で上場企業も狙えます。

決算業務は全ての会社で需要があるので、決算業務が出来れば職に困ることはないでしょう。

経理の転職に興味があれば、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

キャリアアップを検討の方におすすめな転職エージェント

キャリアアップを目指したい方には、特化型転職エージェントの利用をおすすめします。

MS-Japanは管理部門全般に強みがあり、経理の専門性が高い業務を理解したキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。 しかし、求人数が少ないので、非公開求人が多い リクルートエージェントdoda で弱点をカバーしましょう。

私は中小企業の経理から上場企業の経理への転職をしたときは、下記の組み合わせをメインで転職活動を行ってました。

エージェント種類オススメなポイント体験談
リクルートエージェントリクルートエージェントは求人数No.1
非公開求人の紹介、転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。
【リクルートエージェントの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説します
dodadodaが取り扱っている求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。
自分では見つけられなかった求人もエージェントサービスに登録することで見つけることができます。
【dodaの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説します
MS-Japan「管理部門特化型エージェントNo.1」として多くの実績と評価あり。
経理の知見があるキャリアアドバイザーが付くため、経理の転職には強い。
【MS-Japanの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説します

経理におすすめな転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

【参考】自分の適職を科学的に調べてみる

自分の強みや適職が気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるプログラムがあります。

コンピテンシー診断は、ミイダスが提供する無料の自己分析プログラムです。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

仕事の価値観診断の纏め→【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

経理に必要なスキルの纏め

経理に必要なスキルは沢山あるように見えますが、基本的に求められる能力は共通しています。

経理は未経験からでも活躍できる可能性が高く、かつ安定して高年収を得られ職種ですよ。

しかし、経理は30代になると実務経験も重視しますので、勉強と並行して転職活動をすることをおすすめします。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に役立つ本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

スポンサーリンク

【経理に強み】履歴書・職務経歴書の添削サービス開始

経理や管理部門の経験を伝えたいと思いブログを開始して約1年が経過しました。

ブログも月3万PV超になり、転職に関する問い合わせを受ける機会も多くなりブログを開始して本当に良かった思っています。

お問い合わせを頂く項目で件数が多かった履歴書と職務経歴書の添削をココナラでサービスを開始しましたので良かったらご利用ください。

サービス提供を開始した背景

経理の採用活動を担当している時は、職務経歴書の完成度により書類選考の通過率に大きな影響を与えていることを感じました。

私が注意深く職務経歴書を3回程度読むと良い経験をしていると推定されるので面接をしたいと考えても、人事や他のメンバーに反対され泣く泣く不採用にしたケースもあります。

同じ経験をしていても書き方により、経理だけでなく経理経験がない人事や役員にも魅力が伝わる職務経歴書の書き方があり、書類選考の通過率を上げることができると考えます。

良いキャリアアップへのお手伝いできればと考えサービス提供を開始しました。

購入のメリット

1)利便性 今回の転職だけでなく、長く使える形式で職務経歴書を作成しますのでキャリアを考えた際には効果的な投資効果を得られると思います。

2)他サービスとの比較 通常のエージェントと違うのは、経理や管理部門で実際に勤務をしているので、経理や管理部門が欲しがる人材を熟知しているとこです。

また、キャリアカウンセラーとして優秀な方は多いと思いますが、経理や管理部門の専門性が高い業務内容を熟知した上でアドバイスできるキャリアカウンセラーは少ないです。

私自身は経理や管理部門を担当からTOPまで経験しているので、各ポジションに合わせた魅力ある職務経歴書の作成をお手伝いできます。

想定対象者

・経理や管理部門の書類選考に通らない方

・志望業界(企業)に合わせて職務経歴書を準備したい方

・職務経歴書に自信がない方

・企業側の面接官の視点を知りたい方

履歴書・職務経歴書併せて添削・作成します 【内定率UP】経理に強みがある人事責任者が企業目線で支援

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理キャリアUP