経理の転職活動

【経理経験が浅いと転職できない?】経理経験1年で上場企業の経理に転職しました

転職をしたいけど経理経験が浅いから難しいと考えている方は多いのではないでしょうか。

私は経理経験が1年だったので転職は難しいと考えていましたが、中小企業から一部上場企業の経理に転職ができました。

実は企業は経験者や未経験だけでなく、経理経験が浅い人材を好むことも多いので、コツを掴めば十分に転職できますよ。

この記事では、経理経験が浅いけど転職をしたい方に向けて、転職活動のコツを紹介します。実際に経理経験が浅い段階で転職をした体験に基づきますので、同じ悩みをもつ方のお役に立てると思います。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【前提】経理経験は1年以上あれば転職できる【2年の経験なら十分】

経理の求人を見ると経理経験3年以上など年数が応募要件に記載されていますよね。

応募要件に3年前後と記載されていると、3年間は経理経験がないと応募できないと考える方が多いですが、実際は1年程度でも内定を取れます。実際に私も応募要件3年前後の企業に応募していましたが、内定を複数獲得しています。

あくまでも応募要件の【何年】は目安であって、本質は【何の】業務を行ったかが1番重要になります。

では、実務経験の年数から企業が求めるレベルを推測してみましょう。

  1. 経験年数1年~3年:ポテンシャル採用です。決算業務の経験があれば有利ですが、補助程度の経験でも勝負はできます。
  2. 経験年数4年~5年:即戦力採用です。単体決算業務若しくは連結決算業務の経験が欲しいです。
  3. 経験年数6年~7年:リーダー採用です。決算業務や管理会計の全体像を理解していることが求められます。
  4. 経験年数8年超:管理職 or 専門職採用です。マネジメント経験若しくは特定分野に精通していることが求められます。

目安ですが、転職エージェントからの情報や、勤め先で応募を出すときの状況を考えれば大きな乖離はありません。

なので、経理経験が浅くても応募要件が3年前後であれば内定を得ることは可能ですよ。

経理に強い転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

【結論】4つのコツを掴めば経理経験が浅くても転職できる

経理経験 浅い 転職

では、経理経験が浅くても転職を成功させるコツを紹介します。

まずは、箇条書きで纏めていきますね。

  1. 転職する理由を明確に説明する
  2. 経理経験は決算関係の業務を中心にアピールする
  3. 経理経験以外の職種の経験やスキルもアピールする
  4. 成長力の高さをアピールする

では、纏めていきます。

①転職する理由を明確に説明する

経理経験が浅くて転職活動をする場合に1番大事なポイントは、【何故】転職をするか企業に納得してもらうことです。

例えば、職種変更で経理を目指す場合や、経理経験が豊富な方が年収UPを狙うのは、転職理由が明確で納得しやすいです。

しかし、経理経験が浅く【経理】から【経理】に転職をする場合には、理由が推測しにくいので、転職する理由を明確に回答する必要があります。

例えば、

  • 中小企業から上場企業の場合には開示業務など上場企業特有の業務をやりたい
  • 勤務先の業績が悪化して給与が上がらない
  • 経理の業務内容が庶務の仕事メインなので決算業務をやりたい

ポイントは面接官に【理由】が転職でしか解決方法がないと思わせることです。

面接官は、貴方が優秀でも入社をしても直ぐに辞めてしまう可能性が高いと思ったら採用を躊躇します。

なので、経理経験が浅い場合は転職理由を事前に必ず整理して面接に望みましょう。

上場企業の仕事内容が分かる本→【上場企業の経理の仕事内容が勉強できる本5選】本当に実務で役立つ書籍を紹介

②経理経験は決算関係の業務を中心にアピールする

職務経歴書や面接で現在の仕事内容を記載しますよね。

その際に重要なのは、担当した業務に決算経験に関わった経験を記載することです。

決算の取り纏めを直接していなくても、間接的には関わっていることが多いですよ。

なので、自分の業務の棚卸をして、後工程が決算業務に繋がっているものがあれば、積極的にアピールしていきましょう。

決算業務は上場・非上場企業であっても必ずある重要な業務なので、間接的に携わっているだけでもアピールになりますよ。

また、決算関連の質問が面接でされる可能性があるので、一通りの決算書の読み方などの知識は身につけることをお勧めします。

決算書の見方が分かる本→【決算書の読み方】の勉強におすすめの本5冊【分かりやすい書籍を経理が激選】

③経理経験以外の職種の経験やスキルもアピールする

直接の経理業務でなくても、企業が評価するポイントはあります。

具体的には

  • 社外や社内での調整業務の経験
  • プレゼン資料の作成経験
  • Excelの技能

特に経理はExcelの技能は重視するので、資格がなくて使える関数(SUMIF、ピポット、VLOOKUP)などを職務経歴書のofficeスキルに記載しましょう。

経理経験3年以内の中途採用を探している場合には、ポテンシャル採用なので経理スキル以外でも高評価を得られます。

もし、Excelの技能に自信がなければ、本を読めば2,3日で基本的な関数は身につけることができるので勉強してみてはいかがでしょうか。

経理で使うExcelが学べる本→【経理で使うExcelの勉強におすすめな本】現役経理が解説

④成長力の高さをアピールする

経理経験3年以内であれば、企業が最重視するのはポテンシャルです。

イメージですが5~10年後に管理職になって部内を引っ張ってくれる人材を必要としています。

例えば、下記のような項目をアピールすると有効ですよ。

  • 経理に関連した資格取得の実績や資格勉強をしている旨
  • グローバルで活躍したいから英語の勉強をしている旨
  • 将来の経理キャリアの目標

資格取得の実績だけでなく、勉強している旨を伝えるだけで意欲が高い人材としてアピールになりますよ。

また、将来のキャリアの目標は経理の業務内容を調べて理解しないと語れないので、他の候補者と差がつきやすいポイントです。

企業は成長したい人間は目標が必ずあると考えているので、入社10年後の目標を明確に伝えるようにしておきましょう。

経理のキャリアが理解できる本→【CFOを目指す人におすすめな本】経理のキャリアアップの方法が分かる

【参考】経理に向いているか適職診断をしてみる

自分が経理に向いているか迷ったことはありませんか。

そんな時におすすめなのが、 ミイダスが提供する無料の自己分析プログラムです。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて適職を診断してくれますよ。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えてますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

適職診断については下記の記事でも纏めていますので良かったら見てくださいね。

【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

経理経験が浅くても転職するコツの纏め

経理経験が浅いからと言って転職を諦める必要はありません。

経理経理が浅くても、経理経験以外でもアピールできる貴方の強みはあるはずです。

まずは、自己分析をして自分の長所や短所をしっかりと把握してみましょう。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に役立つ本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理の転職活動