経理キャリアUP

【経理未経験】で派遣社員から正社員を目指す方法を現役経理が解説【20代限定】

経理の経験が無い場合には、転職で正社員としていきなり採用されるのが難しことがあります。

しかし、派遣社員であれば正社員よりも経理に転職できる確率が上がるので、派遣社員を経由して経理の正社員を目指すのも選択肢の1つです。

派遣社員での経理の勤務経験も経理経験とみなさるので、派遣社員から経理キャリアをスタートすることを検討してみてはいかがでしょうか。

この記事は、20代の方が派遣社員から経理の正社員になる為に、実行すべき具体的な方法を紹介しています。未経験者からでも経理になれる方法はありますので、興味があれば読んでみて下さい。※キャリアの形成上、30歳以上だと実施できない方法となります。

では、纏めていきますね。

スポンサーリンク

【前提】上場企業の経理でも派遣社員から正社員の登用実績有り

派遣社員から正社員に登用されるのは、少数と思う方が多いとは思いますが上場企業でも登用実績はあります。

実際に私の勤務先にも派遣社員から経理の正社員(総合職)に転職された方や、派遣社員から正社員に勤務先で登用された方もいます。

会社が派遣社員から正社員に登用するメリットは大きく分けて3つあります。

  • 一緒に仕事をしていたので働きぶりが分かる
  • 経験の仕事内容を理解をしているので即戦力となる
  • チームに馴染みやすい

特に1度でも派遣社員から正社員に登用実績がある会社は、真面目働いていれば正社員に登用される可能性が高いですよ。

外部から実力が未知数の人間を雇用するよりも、働きぶりが分かる派遣社員を好む企業は多いです。

特にExcelが得意な人材は好まれるので、時間があるときに勉強をしておきましょう。

経理のExcelが学べる本→【経理で使うExcelが学べる本5選】エクセルで業務効率化を狙える書籍を紹介

【参考】派遣社員から経理への転職に必要な2つのスキル

正社員で経理に転職するには何のスキルもない状態で、闇雲に経理の求人に数多く応募するだけでは内定を貰えません。

もし、闇雲に応募をして経理職種で内定を貰えたとしてもブラックな労働環境な会社と想定されます。

なので、まずはホワイト経理から内定を得られるために必要なスキルを2つを取得しましょう。

  1. 日商簿記2級(この資格があると国内の決算を任せることができるイメージが付きますので有利です)
  2. 派遣での経理経験(決算の一部の業務経験があるとかなり有利)

この2つのスキルがあると、未経験者でも経理の正社員に転職する可能性が上がります。

決算業務とは、その月又は年の会社の利益がどれだけ出たかを纏めることです。全ての会社で必要な業務で、経理業務中でも重要視される業務の1つとなります。決算業務を担当できることが、経理キャリアの1番最初の目標となります。

資格若しくは経理経験のどちらか1つのスキルがあれば、正社員の経理として転職できる可能性があります。

しかし、年齢や英語力など個別の事情により上記の要件以外でも内定が出る可能性がありますので、まずは無料で転職エージェントに相談をおすすめします。

経理に強い転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

【結論】派遣社員から経理への正社員を目指す方法

未経験 経理 派遣から

日商簿記2級の資格がなくアパレルや飲食業などで現在働いている方は、直ちに事務系統のお仕事に転職することをおすすめします。

いきなり正社員の経理するのではなく、派遣の経理(事務)を経験した後に、正社員の経理に転職するステップを踏みましょう。

また、事務系統でも将来決算業務に関与させて貰える派遣に応募しましょう。

最初から決算業務に携われることはほとんどありません。庶務からスタートして、徐々に業務に慣れた後に、決算業務を経験することになります。

また、事務系統の仕事に従事していると、事務系統の中でも人気が高い経理系統の仕事に転職することが可能です。

事務系統の仕事に最初に転職して、事務系統の中でも経理系統の仕事に再度派遣で転職するのはおすすめです。経理系統の仕事は人気が高いので直ぐには見つからない可能性があります。ただ、事務系統の仕事をしていると紹介される可能性が高まりますので、事務系統の仕事にまずは従事することをお勧めします。

事務系統の仕事の経験がないと経理経験の前に、Excelの操作など事務系統の必須の仕事が経験できないので、将来経理になるなら早めに事務系統の仕事をおすすめします。

経理事務を探すなら事務系統の求人が豊富なマイナビスタッフがおすすめです。

事前に経理の仕事内容を理解をしておくと、経理で働くイメージがつきますよ。

経理の仕事内容が分かる本→【中小企業の経理実務の勉強におすすめな本5冊】分かりやすい書籍を紹介

【参考】経理の正社員になるために派遣社員で経験したい経理業務

言葉よりも、表が分かり易いと思いますので纏めていきますね。

これらの業務は、勤務先でも派遣にお任せしているので、任されることも多々あるかと思いますのでしっかりと狙っていきましょう。経理で働いているメンバーはどこまで派遣社員に仕事を頼んで良いか悩むことが多いので、本人からやりたいと言ってもらえると非常に任せ易いです。

普段の業務を真面目にやっていれば、大抵のことは任せて貰えますよ。長く一緒に働くと、なるべく希望を聞きたいと思いますので。

項目業務内容推奨時期
書類整理ファイリングなど入社後1月
請求書発行指定された金額で書類発行 入社後1月
振込作業指定された金額で銀行振込作業 入社後2月
★預金照合銀行の引き落としと請求額が一致しているか確認 入社後3月
★伝票入力証憑に基づき会計システムに仕訳入力 入社後3月
★ 債権・債務管理相手の債権と自社の債務、自社の債権と債務が一致しているか確認 入社後6月
★決算業務月次、四半期、年ごとに利益をチームで計算する 入社後1年

この表通り業務経験が積めたら、職務経歴書も充実します。例え、派遣としての経験であっても、十分に選考で評価されます。ここまで経験できれば、正社員の経理も直ぐそこです。

書類整理、請求書発行、振込作業のみだとアピールが難しいので、それ以外の★が付いた業務を1つでも多く経験できるようにしましょう。

派遣社員から契約社員になる機会があれば、契約社員になりましょう。

契約社員になれば、重要な業務も任されやすくなります。

【参考】自分の適職を科学的に調べてみる

自分の適職が何か気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるコンピテンシー診断をミイダスが提供しています。

自分の適職や上司との相性が分かって面白いですよ。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

適職診断については下記の記事でも纏めていますので良かったら見てくださいね。

【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

経理未経験で派遣社員から正社員を目指す方法の纏め

経理は人気職なので、応募数が多いのが現状です。

何も対策せずに応募すると落ちる可能性が高いです。

対策なしで応募する方が多いので、しっかりとスキルを持っている方は良い意味で目立ちます。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に役立つ本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理キャリアUP