経理キャリアUP

【経理が転職しやすい理由5つ】経理はつぶしがきくので職種変更も有利

経理で働いているけど年収UPやワークライフバランスの確保のために転職をしたいと考えている方に朗報です。

経理は文系の専門職の中で、断トツで転職が成功しやすい職種です。むしろ、会社を選べる職種なので、高年収が期待できます。

経理のキャリアがある方であれば20代、30代は勿論、マネジメント経験があれば40代、50代でも需要は十分に見込めます。

この記事では、経理で転職を検討している方に、経理が高年収で転職しやすい理由を紹介します。経理のキャリアをしっかりと築けば、何歳でも需要がある人材になれます。また専門職なので、どの企業でも使用する知識が似ており転職と相性が良い職種です。

では、纏めていきますね。

スポンサーリンク

【前提】経理は会社を選べるので食いぱっぐれがない

経理の転職先は大きく分けて2つのルートがあります。

  1. 経理→他の会社の経理
  2. 経理→他の会社の経営企画など経理知識が活かせる職種

経理の強みは経理以外の職種にも経験者採用の枠で応募ができることです。

例えば、総務であれば総務→総務以外は経験者採用として応募ができずに、仮に経営企画に転職をしようとすれば未経験の扱いで応募する必要があります。

未経験扱いとなるとキャリアがリセットされるので、採用される可能性が低くなり採用されたとしても給与が低いことがほとんどです。

経理は経理以外の職種でも経験者として扱って貰えるので、多くの会社から需要が高く食いぱっぐれがないといえますよ。

経理出身の人は他部署で経験を積んでCFOを目指すのもおすすめですよ。

CFOを目指す人に読んで欲しい本→【CFOを目指す人におすすめな本5選】経理のキャリアが学べる書籍を紹介

【注意】経理で転職しやすくなるには決算業務の経験が大事

経理は転職しやすい職種ではあります、全ての経理経験者が転職しやすいわけではありません。

経理の経験者採用で特に重視されるのが決算の業務経験の有無で、決算書の業務経験があれば多くの企業から需要がありますよ。

単純作業しか業務経験がなく30代後半になると、転職が難しくなるので早めに決算業務の経験は積むことをおすすめします。

なので、経理が高年収で転職をするには決算経験や決算書を読めることが重要となります。

決算書の読み方が学べる本→【決算書の読み方】の勉強におすすめの本5冊【分かりやすい書籍を経理が厳選】

【参考】経理が年収UPの転職を実現させる3つのコツ

経理で年収UPを実現させるには、下記の3要素が大事です。

  1. 年齢(経理経験が浅い場合は若い方が有利)
  2. 経理経験(決算経験が欲しい)
  3. 英語力&資格(TOEIC600超&簿記2級以上は欲しい)

上記の努力と並行して、経理の転職に強い転職エージェント(MS-Japan)と無料の相談をしてみることをお勧めします。

多少スキルが足りなくても、企業が経理の人材を緊急で欲しい場合には採用基準が緩くなります。なので、転職エージェントと繋がりを持って、いつでも求人を貰える状態にしておきましょう。

紹介可能な求人や市場価値、最新の市場動向など経理の転職活動に必要な情報は全て提供してくれますよ。

経理に強い転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

【結論】経理が転職をしやすい理由5つ

経理 転職しやすい

では、なぜ経理が転職をしやすいか理由を解説していきますね。

まずは、箇条書きで纏めていきます。

  1. 経理は求人数が圧倒的に多い
  2. 経理の仕事は専門的である
  3. 経理は仕事の種類が豊富である
  4. 経理以外の職種でも需要が高い【経理はつぶしがきく】
  5. 社外で通用するスキルが身につきやすい

では、一つ一つ解説をしていきますね。

経理の最新の求人情報やキャリプランを知りたい場合には転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

経理に強い転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

①経理は求人数が圧倒的に多い

法務や経営企画部を担当する社員がいない会社は多くあります。

上場企業であっても、他の業務と兼業であったり、外部に委託している会社もあります。

しかし、経理を担当する社員がいない会社はないと言っても過言ではありません。

上場企業であれば、開示業務(株主に業績を報告する業務)があるので経理担当は絶対に必要です。

更に、経理部門は海外に駐在員を選出したり、工場などの拠点に数値管理のために人を送り込む必要があります。

人事や総務と比較して、会社の規模に比例して必要となる人数が圧倒的に多いです。

経理でおすすめな業界→【経理でおすすめな業界はIT?】ホワイトな製造業も紹介

②経理の仕事は専門的である

次に、経理の求人は人気があるので、多くの候補者が集まります。しかし、企業が欲しいと思う業務経験がないことがほとんどです。

なので、求人を出しても企業が求める人材が集まらないことがあります。この傾向は経験者採用の場合は顕著です。

しかし、経理キャリアをしっかりと積んでいる場合は、内定が集中します。欲しいと思う業務経験は、どの企業も共通しているので、少ない人材を奪い合う構図が生まれます。経理キャリアを積んでいる方には、経理の転職は容易なことです。

なので、内定を複数貰える人材は高年収で転職していきます。

また、経理業務は他の職種と比較して、未経験者が出来る業務が少なく、人材を育てるのに時間が掛かります。

そのため欠員が出た場合、企業は業務に穴を開けないために即戦力を欲しがります。

近年では管理会計の知識があると経理としの需要が高くなりますよ。

管理会計が学べる本→【管理会計の実務の勉強におすすめな本5冊】解説が分かりやすい書籍を紹介

③経理の仕事は種類が豊富である

経理と言っても仕事の種類が豊富です。

単体決算、連結決算、税務、管理会計、予算など上げれば切りがないです。

これらの仕事で求められるスキルはそれぞれ異なります。

勿論、数値を扱うので共通点はありますが、それぞれの分野で経験を積まなければ、仕事はこなせません。

経理部門は通常ローテーションで、これらの仕事を数年間のサイクルで順々に経験させます。なので、順調に経理キャリアを積んでいれば、複数の経理の仕事の経験があります。

企業の経理の求人は、仕事の種類ごとに募集されます。例えば、連結決算の担当に欠員が出れば、連結決算の求人を出します。

従って、複数の経験をしている経理の方は、応募できる経理の仕事の種類が増えますので、転職が容易となります。

④経理以外の職種からも需要が高い【経理はつぶしがきく】

経理は数値を扱う部門であるため、他部門からも需要がある職種となります。

なので、経理以外の求人にも経験者として応募できるので、転職で選べる企業が増えます。

経理なら未経験でも給与を落とさずに他の職種にチャレンジできるので、経理はキャリアチェンジもしやすいですよ。

例えば、経理から経営企画への転職は王道のキャリアチェンジでより経営層に近いところで仕事をしたい方にはおすすめです。

経営企画のやりがい→【経営企画はつまらない?】やりがいがあるか本音を同期に聞いてみた

⑤社外で通用するスキルが身につきやすい

経理は法令や基準に基づいて仕事をすることが多いです。

上場企業の開示業務、税務申告を筆頭に、定められた法令や基準に基づいて処理するため、経理経験者は全ての企業で通用するスキルが豊富です。

社外で通用するスキルが多いことは、転職で市場価値が高いことに密接に関係します。

経理はExcelのスキルも重視をしているので、Excelのスキルがあることも職務経歴書に積極的に記載すべきですよ。

経理で使うExcelが学べる本→【経理で使うExcelが学べる本5選】エクセルで業務効率化を狙える書籍を紹介

【参考】経理に向いているか科学的に調べてみる

自分が経理に向いているか気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるコンピテンシー診断をミイダスが提供しています。

自分の適職や上司との相性が分かって面白いですよ。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

適職診断については下記の記事でも纏めていますので良かったら見てくださいね。

【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

経理が転職しやすい理由の纏め

経理は給与アップやキャリアアップを狙うことができる機会が多いので、 他の職種より転職希望者が多いです。

しっかりとしたキャリアがあれば、会社を選べるのため、ストレスなく働くことができるのも経理の大きな魅力です。

転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職活動のヒントとなる本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理キャリアUP