経理キャリアUP

【経理の仕事が暇すぎる?】暇で苦痛なときやるべきこと5つのこと

体験した方はわかると思いますが仕事がなくて暇なのは、時が止まっているように感じて辛いですよね。

しかし、職場はホワイトなので転職をする前に、社内で状況を改善する方法を探したいと考えたことはありませんか。

時間があるのは悪いことだけではなく暇なときにスキルアップに繋がる勉強をコツコツと続けると、将来市場価値が上がり高年収に繋がりますよ。

この記事では、経理で仕事が暇過ぎて辛い方向けに、社内で仕事が暇な時に試して欲しい対処方法をお伝えします。実際に私もホワイトな職場で勤務していて暇な状況に陥って乗り越えたことがあります。なので、同じ悩みを抱えている方の参考になると思います。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【前提】経理は繫忙期と閑散期の差が激しい

経理は決算を報告する期限が決まっているので、繫忙期と閑散期の差が激しい仕事です。

特に期末決算は残業が続くこともありますが、月中など決算と関係ない期間は基本的に定時帰りで暇なときが多いです。

なので、経理で働くと暇で苦痛と感じる期間が少なからずありますので、暇な期間をキャッリアアップをしながら有意義に乗り越えましょう。

【結論】経理の仕事が暇なときにやるべきこと5つ

事務職 仕事 暇すぎる

では、早速ですが経理の仕事が暇なときにやるべきこと5つを紹介します。

まずは、箇条書きで紹介しますね。

  1. Excelとマクロを学んで自分の市場価値を上げる
  2. 全ての担当業務のマニュアルを作成する
  3. 経理業務に関連する書籍を読む
  4. 業務のマニュアルなどを英訳する
  5. 勤め先と他社とを比較してみる

では、一つ一つ解説していきますね。

① Excelとマクロを学んで自分の市場価値を上げる

暇な時の最高の遊び道具はExcelです。

貴方の担当している業務を全て自動化することを目標としましょう。

まずは、Excelの本を一冊購入して、その本の内容に書いてある関数を全てマスター出来ればExcelは卒業です。

Excelを利用した作業効率の改善に直ぐに使えるノウハウやテクニックが掲載されています。 この内容を全てマスターすれば、会社で使うレベルのExcelで困ることはありません。

全ての業務をExcelで効率化しようとすると、本を見ながら一つ一つ最適なExcelの関数を探す必要があります。

なので、全ての業務の効率化を完了をした頃には、Excelを自然と使いこなせるようになっています。

Excelは本で学ぶだけでなく実践で場数を踏まないと、身につかないので時間があるうちに一つでも多くの関数をマスターしましょう。

経理に必要なExcelが学べる本→【経理で使うExcelが学べる本5選】エクセルで業務効率化を狙える書籍を紹介

② 全ての担当業務のマニュアルを作成する

貴方の全ての業務についてマニュアルを作成してみましょう。

マニュアルは単に作るだけでなく、下記の事項を意識して作ると貴方の資料作成スキルが上がります。

価値があるマニュアルの作成ポイントは、5W1Hが意識して書かれているかです。

<マニュアル作りのポイント>

Whenいつ必要な資料なのか?
Whereどこに関連資料が格納されているのか?
Who誰に提出するのか?
Whatこの資料の作成目的は何か?
Whyなぜミスが起きたのか?(過去にミスをした事例の紹介と対策)
How資料をどのように作成するのか?(図を使うと分かりやすい)
マニュアルの作成ポイント

マニュアルを本気で数十個作成すると、資料の作成スキルが飛躍的にUPします。

なので、自分のためと思って全ての業務をマニュアル化してみましょう。

マニュアル化をするには、経理業務の全体像を理解をする必要があるので経理の仕事の流れが分かる本を1冊読むことをおすすめします。

経理業務の全体像が理解できる本→【中小企業の経理実務の勉強におすすめな本5冊】分かりやすい書籍を紹介

③ 経理業務に関連する書籍を読む

貴方が次にやってみたい業務に関連する書籍を読んでみましょう。

業務に関連する書籍を読むことのメリットは大きく分けて3つあります。

  1. 上司や同僚が貴方のやりたい仕事を理解する
  2. 新しい業務に挑戦した時に知識が役立つ
  3. 興味がある業務の本なので時間が早く過ぎる

興味がある業務について書籍で勉強をしておけば、次に担当したい仕事も戦略的に狙えます。

なので、時間が余ったら積極的に書籍を購入して本を読んで勉強しましょう。

何の経理業務の本を読んで良いか迷った場合には、決算書に関連する本がおすすめです。

経理のキャリアを続ける限りは、決算と経理は切っても切れない関係なので学んでも損はありませんよ。

決算書の読み方が学べる本→【決算書の読み方】の勉強におすすめの本5冊【分かりやすい書籍を経理が厳選】

④ 業務のマニュアルなどを英訳する

英訳が必要なくてもひたすら英訳をしてみて下さい。

なぜなら、業務で使う日本語を英訳するのが、英語を仕事で使えるよになる近道だからです。

例えば、経理は勘定科目(例:売上など)ごとにお決まりの英語のフレーズがあります。

なので、マニュアルなど業務に関する日本語を英訳することで、英語力そのものの強化と仕事で使える英語の両方が身につきます。

英語力のUPは年収UPに直結します。

英語を使えれば給与水準が高いグローバル企業に転職できる可能性が高まるので、英語の勉強して損はありません。

⑤ 勤め先と他社とを比較してみる

社内でスキルUPを続けても、暇な状態が続くと精神的に辛くなってきます。

その場合には、他社の給与や職場環境などを調査してみてはいかがでしょうか。

勤め先が他社と比較して優れている点や劣っている点を明確にすることで転職するかの判断もつきます。

他社の情報は無料で転職エージェントから入手できますので、時間があるときにでも相談をしてみてはいかがでしょうか。

経理に強い転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

【参考】経理に向いているか科学的に調べてみる

経理に向いているか気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるプログラムがあります。

コンピテンシー診断は、ミイダスが提供する無料の自己分析プログラムです。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

仕事の価値観診断の纏め→【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

経理の仕事が暇すぎるとの対策の纏め

仕事で暇なのは、精神的にとても辛いことです。

必要とされていないのかな?上司に嫌われるいるのかな?など時間があると余計なことを考えてしまいます。

しかし、仕事がないのは、貴方のせいではありません。過度に気にしないで乗り越える方法を探してみましょう。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に役立つ本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理キャリアUP