経理キャリアUP

【経理で市場価値を高い人材は?】グローバル経理が解説【高年収を狙う】

経理は経験した業務内容で応募できる求人がほぼ決まると言っても過言ではありません。

従って、転職での評価は経験業務内容に直結します。なので、普段から市場価値の高い業務は何か把握して、積極的に自分のキャリアを構築する必要があります。

今は転職するつもりがない方も絶対に意識してキャリアを構築して損はありません。

何故なら上司が変わったり、会社が倒産したり、不可抗力で転職を余儀なくされることがあります。

その時にキャリアがあれば、自分の好きな会社に転職することが出来ます。

この記事は経理で市場価値が高い人材を知りたい方向けに、市場価値が高い人材の特徴を紹介しています。私は経理で2回転職をしており現在では上場企業の経理で働いていますので、リアルな体験談を基に解説できますよ。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【前提】経理の市場価値の決め方【経験者採用の場合】

経理の経験者採用の場合には、経理の市場価値は大きく分けて4つの要素で決まります。

具体的には

  • 経験した業務内容
  • 英語力
  • 資格
  • マネジメント有無(30代後半から重視される)

市場価値は上記の4つの要素で決まります。

その中でも経験した業務内容が、経験者採用では一番に重視されますよ。

上記の4つの項目について、この記事では解説をしていきますね。

市場価値を基に貴方の本来の年収を知りたい方はミイダス の年収診断を試してみてはいかがでしょうか。選択式の回答に答えるだけで、市場価値に基づいた年収を算出してくれますよ。

【転職でのポイント】経験者採用と未経験者採用での評価の違い

未経験者の経理への転職は下記の要素で決まります。

  • 年齢
  • 資格
  • 英語力

未経験者は年齢が若い方が有利になり、資格が重視をされますよ。

対して、経験者採用は年齢や資格よりも【何の業務を経験したか】が重要になります。

なので、30代・40代であっても年齢に応じた業務経験を積んで入れば市場価値は高く高年収で転職できますよ。

【経験した業務内容】経理で市場が高い業務

経験で市場が高い業務経験とは何にかをまずは紹介しますね。

大きく分けて3つ業務内容を紹介します。

  • 制度会計
  • 管理会計
  • 税務

市場価値が高い業務としては、大きく区分をして3つのルートがあります。

他にも高年収な業務はありますが、代表的な経理の業務で転職で求人が多いのは上記の3つですよ。

なので、3つのルートのいずれかをまずは完成させることをお勧めします。

制度会計で市場価値が高い業務

制度会計の業務は簡単に言うと、法律に基づいて会計処理をして株主や利害関係者に報告することを目的としています。

なので、上場企業の全て会社で必要とされている業務なので、制度会計が出来れば経理として職に困ることはありません。

制度会計は大きく分けて3つに分類されますよ。

  • 単体決算業務
  • 連結決算業務
  • 開示

この3つが一通りできると、30代前半で年収は600万円~700万円程度は狙えますよ。

連結決算が学べる本→【連結決算を学ぶのにおすすめな本5冊】解説がわかりやすい書籍を紹介

管理会計で市場価値が高い業務

管理会計とは法律に基づいて計算をするのはなく、会社が定めた独自のルールに基づいて計算・分析をする業務になります。

目的は会社の上層部が意思決定をするために有用となる情報(例:どの部門が利益を出しているか)を提供することですね。

なので、会社ごとに分析の対象は異なりますが、分析の手法は限られているので管理会計のスキルは大企業を中心にニーズがあります。

管理会計は大きく分けて3つに分かれます。

  • 予実管理・分析
  • 原価計算
  • 業績分析(利益が出た要因の調査)

原価計算はメーカーなど製造業でニーズが高い業務ですよ。管理会計を一通り出来れば、大企業に転職できる可能性が上がります。

大企業は年収も良いので30代前半で700万円~800万円程度も目指せる可能性が出てきますよ。

管理会計が学べる本→【管理会計を学ぶのにおすすめな本5冊】解説が分かりやすい書籍を紹介

税務で市場価値が高い業務

税務は全て企業に必要な業務なので、制度会計と同じく一回経験をすれば経理として職に困ることはありません。

税務業務は大きく分けて2つに分かれます。

  • 国内税務(法人税・消費税・税務調査など)
  • 国際税務(BEPS・APAなど)

国際税務は近年グローバル企業を中心に需要が高く経験をすると、30代前半で700万円~800万円程度も目指せる可能性があります。

税務の勉強方法→【税務の勉強法】現役経理が初心者でも学べる方法を解説【苦手を克服できる】

【英語力】経理×英語力は市場価値が高い

日常会話レベルの英語力があれば、経理×英語力で市場価値が上がります。

英語を使う経理の仕事と組み合わせることで、より市場価値が上がります。

具体的には

  • 連結決算業務
  • 国際税務

上記の業務で英語力がある人材は、市場価値が高く年収700万円は超えるでしょう。

私は経理(連結決算業務)×英語力を武器に転職を検討したことがありますが、30代前半で年収700万円超の紹介が多かったですよ。

転職で有利になるTOEICの目安は下記の記事で纏めていますので良かったみて下さいね。

TOEICの目安→【経理の転職でTOEICは有利?】グローバル経理が解説【600点は欲しい】

【資格】市場価値が高い資格を解説

経験者採用において市場価値が上がる資格は限られています。

なぜなら、経験者採用では実務経験が重要視されるので、資格は加点要素であるためです。実務経験→英語力→資格の順番で重要です。

経理で評価される資格の順番を並べます。載っていないものは正直あまり評価されません。

  1. 公認会計士
  2. 米国公認会計士(USCPA)
  3. 税理士
  4. 税理士科目合格(簿記論・財務諸表論・法人税法)
  5. 税理士科目合格(簿記論・財務諸表論・消費税法)
  6. 税理士科目合格(簿記論・財務諸表論)
  7. 日商簿記1級
  8. 税理士科目合格(簿記論 or 財務諸表論)
  9. 日商簿記2級【日商簿記2級のみでは弱いので、英語と組み合わせてアピールしたい】

上記の資格+実務経験があれば、書類選考の通過率が上がりますよ。

私は上場企業の経理に転職をしたときは、税理士科目合格(簿記論・財務諸表論)を武器に転職をしました。

書類選考通過率→ 【中途の書類選考の通過率は?】事務職に2回転職した結果と成功のコツを解説

【マネジメント】30代後半からは重視される理由

30代後半になると実務を知った前提で、メンバーを管理する能力を求めれます。

なので30代後半からは管理職やリーダークラスでのマネジメントが市場価値を上げるためには必要となります。

マネジメント×経理実務経験があれば、経理の管理職だけでなく経営企画など経理以外の職種の管理職にもチャレンジできますよ。

経理からのキャリアチェンジの→【経理からキャリアチェンジ】高年収を狙える職種を5つ紹介

【具体例】経理のおすすめのキャリアプラン

経理キャリアアップ

必要な業務は分かったけどいつまでにどの業務を経験したら良いの?と思う方もいらっしゃるかと思いますので、年齢別に纏めていきますね。

新卒~25歳経理基礎業務(仕訳入力・請求書発行等)
★決算業務【重要】
最初は経理の基礎業務から単体決算までの一通りの流れを把握できることを意識して業務に取り組みましょう。
26歳~28歳★連結決算【重要)
開示・有価証券報告書
監査法人対応
IFRS
次は連結決算から開示までの流れをしっかり把握しましょう。その過程で監査法人とのやり取りも積極的にこなせば、この年代ではまずまずのキャリアです。(この経験を積むために転職を検討は有です)
29歳~32歳 ★リーダー経験 【重要】
システム導入経験
特殊論点
何としても決算取り纏めの地位を手に入れましょう。上場企業レベルでこの地位があれば、転職市場で少なくとも年収600~700万前後を狙っていけます。
30歳~40歳 海外駐在経験チャンスがあれば、海外駐在員に行きたいですね。この年齢で赴任出来れば、帰国後転職市場でも年収1000万円を目指すのは簡単です。駐在員にはそれだけの価値があります。
33歳~35歳管理会計、税務
財務
連結決算のリーダーを経験出来たら制度会計のキャリアは万全なので、他の業務のリーダーも経験して業務の幅を広げたいですね。
36歳~40歳 ★マネジメント経験 【重要】管理職に絶対になりたいですね。30代後半に成れる見込みがなければ、転職しましょう。企業規模は1ランク下げてでも転職で管理職を狙いましょう。ここで、管理職になることが出来たら、年収1000万円は直ぐそこです。
40歳以降CFOマネジメント経験があると、転職市場で求人を選び放題です。ベンチャー企業でCFO目指すも良し、大手企業の平均年収が高い企業を選ぶも良し。努力の結果が実を結びます。

★が付いている業務は経理で年収を上げる為に必須の経験となります。

何としても経験できるように意識してキャリアを構築していきましょう。

この年表通り業務経験を積んでいけば、最終的に年収1000万円は無理せずに狙えます。

【タイプ別に紹介】市場価値の相談におすすめな転職エージェント【無料相談可能】

市場価値は転職エージェントを利用して図ることができますよ。

転職エージェントに相談をすることで、年齢と経験した業務を基に目安の年収を教えてくれます。

実際に転職をしないくても求人は紹介して貰えるので、市場価値の把握に転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

キャリアアップを検討の方におすすめな転職エージェント

キャリアアップを目指したい方には、特化型転職エージェントの利用をおすすめします。

MS-Japanは管理部門全般に強みがあり、経理の専門性が高い業務を理解したキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。 しかし、求人数が少ないので、非公開求人が多い リクルートエージェントdoda で弱点をカバーしましょう。

私は中小企業の経理から上場企業の経理への転職をしたときは、下記の組み合わせをメインで転職活動を行ってました。

エージェント種類オススメなポイント体験談
リクルートエージェントリクルートエージェントは求人数No.1
非公開求人の紹介、転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。
【リクルートエージェントの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説します
dodadodaが取り扱っている求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。
自分では見つけられなかった求人もエージェントサービスに登録することで見つけることができます。
【dodaの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説します
MS-Japan「管理部門特化型エージェントNo.1」として多くの実績と評価あり。
経理の知見があるキャリアアドバイザーが付くため、経理の転職には強い。
【MS-Japanの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説します

英語力×会計の転職におすすめな転職エージェント

英語力を活かして外資企業や日系グローバル企業への転職を目指した方は、外資企業に強い転職エージェントをおすすめします。

ロバートウォルターズ エンワールドジャパン は高年収の外資企業への強みがあります。 しかし、外資企業以外の求人数が少ないので、非公開求人が多い リクルートエージェントdoda で弱点をカバーしましょう。

私が30代で外資企業の転職を検討したときは、下記の組み合わせをメインで転職活動を行ってました。

エージェント種類オススメなポイント体験談
リクルートエージェントリクルートエージェントは求人数No.1
非公開求人の紹介、転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。
【リクルートエージェントの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説します
dodadodaが取り扱っている求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。
自分では見つけられなかった求人もエージェントサービスに登録することで見つけることができます。
【dodaの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説します
ロバートウォルターズ 世界31か国、主要都市にオフィスを構え、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。
世界的に有名な外資企業の高年収求人を豊富に保有。
【ロバートウォルターズの評判は?】体験談から解説【外資経理に強み】
エンワールドジャパン 外資系・日系グローバル企業に特化をしており高年収レンジの案件に強みがあります。
年収800万円以上の大手外資系・日系グローバル企業の求人を常時10,000件以上保持しています。
【エンワールド・ジャパンの評判は?】体験談からエージェントの質を解説

経理で市場価値が高い人材の特徴の纏め

経理は市場価値が高い業務を戦略的に経験することで、転職で年収を上げれます。

なので、市場価値が高い業務は何かを把握することは非常に重要ですよ。

市場価値が高ければ企業は選び放題なので、自分で働く企業を選べますよ。

経理のキャリアでおすすめなな本は、CFOを目指すキャリア戦略です。仕事でのキャリアの目標が明確になるので、モチベーションが上がります。気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めてますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

他にも経理のキャリアアップに関する本は下記の記事に纏めますので良かったら見て下さいね。

経理のキャリアアップに役立つおすすめな本【CFOを目指したい方必見】

スポンサーリンク

【経理に強み】履歴書・職務経歴書の添削サービス開始

経理や管理部門の経験を伝えたいと思いブログを開始して約1年が経過しました。

ブログも月3万PV超になり、転職に関する問い合わせを受ける機会も多くなりブログを開始して本当に良かった思っています。

お問い合わせを頂く項目で件数が多かった履歴書と職務経歴書の添削をココナラでサービスを開始しましたので良かったらご利用ください。

サービス提供を開始した背景

経理の採用活動を担当している時は、職務経歴書の完成度により書類選考の通過率に大きな影響を与えていることを感じました。

私が注意深く職務経歴書を3回程度読むと良い経験をしていると推定されるので面接をしたいと考えても、人事や他のメンバーに反対され泣く泣く不採用にしたケースもあります。

同じ経験をしていても書き方により、経理だけでなく経理経験がない人事や役員にも魅力が伝わる職務経歴書の書き方があり、書類選考の通過率を上げることができると考えます。

良いキャリアアップへのお手伝いできればと考えサービス提供を開始しました。

購入のメリット

1)利便性 今回の転職だけでなく、長く使える形式で職務経歴書を作成しますのでキャリアを考えた際には効果的な投資効果を得られると思います。

2)他サービスとの比較 通常のエージェントと違うのは、経理や管理部門で実際に勤務をしているので、経理や管理部門が欲しがる人材を熟知しているとこです。

また、キャリアカウンセラーとして優秀な方は多いと思いますが、経理や管理部門の専門性が高い業務内容を熟知した上でアドバイスできるキャリアカウンセラーは少ないです。

私自身は経理や管理部門を担当からTOPまで経験しているので、各ポジションに合わせた魅力ある職務経歴書の作成をお手伝いできます。

想定対象者

・経理や管理部門の書類選考に通らない方

・志望業界(企業)に合わせて職務経歴書を準備したい方

・職務経歴書に自信がない方

・企業側の面接官の視点を知りたい方

履歴書・職務経歴書併せて添削・作成します 【内定率UP】経理に強みがある人事責任者が企業目線で支援

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理キャリアUP