経理におすすめな本

【連結決算の実務の勉強におすすめな本5冊】連結会計の解説がわかりやすい書籍を紹介

連結決算は経理の実務のうち難易度が高い業務の1つであり、連結決算業務をマスターすると経理としての市場価値が上がります。

私は連結決算業務の実務を担当しましたが、子会社との取引を考慮する必要があり、前提知識がないとスムーズに処理ができませんでした。

なので、連結決算業務の実務を担当する場合には、基本的な事項は最初に本で体系的に学ぶことをおすすめします。

この記事では、連結決算業務を学びたい方向けに、初心者向けの本を紹介しています。実際に連結決算業務を経験したときに利用した書籍なので、経理で連結決算業務を担当する方にもおすすめですよ。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【前提】連結決算業務を学ぶには単体決算業務の理解があると良い

連結決算業務の本は単体決算業務を理解していることを前提に記載されていることがほとんどです。

何故なら経理の実務も基本的には、単体決算業務を経験した後に連結決算業務を経験することが多いためです。

簿記2級レベルの知識があれば、連結決算に関する本は十分に読んで理解できますよ。

単体決算業務の勉強方法→【経理の実務の勉強方法】初学者が決算業務までを学ぶ手順【現役経理が解説】

【最低限】財務諸表が読める必要がある

業務などで緊急で連結決算の勉強をする必要がある場合もありますよね。

その場合には、財務諸表(P/L・B/S)の繋がりだけは理解してから読むことをおすすめします。

財務諸表の概念を理解していないと、連結決算の本を読んでも理解が難しく消化不良になってしまう恐れがあります。

財務諸表が理解できる本→【経理がおすすめする会計の本】初心者にも分かりやすい

【おすすめ】連結決算の解説が分かりやすい書籍5選

では、早速ですがおすすめ書籍を纏めていきます。

まずは、箇条書きで紹介します。

  1. 連結会計のしくみ
  2. 図解 連結決算のしくみと読み方
  3. 図解&設例 連結決算の業務マニュアル 
  4. これならわかる連結会計<IFRS・日本基準両対応版>
  5. 国際会計基準 連結会計の実務 

では、一つ一つ解説していきますね。

【図解・初学者向け】連結会計のしくみ

<内容>

EY新日本有限責任監査法人が発行したもので、図解を用いて連結決算の初学者にも分かりやすく記載されています。連結決算の入門書と言っても過言ではありません。

<実際に読んでみて>

図解で基本的な事項を入念に解説しているので、初心者が連結決算とは何かを理解するにはおすすめの本です。私が連結決算の担当になった時に最初に購入しましたが、連結決算の概要は掴めました。

【図解・初学者向け】図解 連結決算のしくみと読み方

<内容>

仕訳の知識がなくても連結決算を理解ができるように設計された本です。図解を中心に解説しているので、イメージで連結決算を捉えれます。

<実際に読んでみて>

仕訳の知識が0でも連結決算が理解できるとの売り込みに惹かれて、購入をしてみました。連結決算を一通り経験した後に読んだ感想は、内容は実務レベルではありません。しかし、連結経決算を全く知らない方が読む場合には、連結決算のイメージが掴めるのでおすすめです。

【図解・経理実務者向け】図解&設例 連結決算の業務マニュアル 

<内容>

連結会計システム「DivaSystem」の製造元で働いた経験がある著者が、システム開発の経験を基に連結決算の実務を解説している本です。連結決算の実務で悩む箇所を重点的に解説していますよ。

<実際に読んでみて>

素晴らしいの一言です。連結決算の実務で困るポイントについて、事例を交えて解説をしているので実務で役に立ちます。実務で参考になる書籍としては、文句なしでNo.1です。

【IFRS・経理実務者向け】これならわかる連結会計〈IFRS・日本基準両対応版〉

<内容>

日本基準とIFRSの連絡決算の概要が学べる1冊です。事例ベースで解説をしていますので、取引のイメージがつきやすいように設計されています。

<実際に読んでみて>

仕訳ベースで記載されているので、取引のイメージがつきやすいです。実務では連結仕訳はシステムで自動で起票されることが多いので、改めて勉強すると理解が深まりますよ。

【IFRS・経理実務者向け】国際会計基準 連結会計の実務

<内容>

IFRSの連結を図表と事例を中心に体系的に解説しています。難易度が高いIFRSの連結を平易な言葉で解説していますよ。

<実際に読んでみて>

IFRSの連結決算の解説としては1番分かりやすかったです。随所に図解が用いられており、イメージが掴みやすいです。IFRSの連結決算を学びたいなら、まずは本書を読んでみてくださいね。

その他のIFRS向けの書籍のおすすめ→【IFRSを学ぶのにおすすめな本5冊】解説が分かりやすい書籍を紹介

【参考】連結決算は簿記2級と簿記1級でも勉強できる

連結決算 おすすめの本

連結決算を学ぶならば、本だけでなく検定で勉強をする選択肢もありますよ。

簿記2級で連結決算の基礎、簿記1級で連結決算の実務で重要な部分は理解できますよ。まずは、簿記2級から勉強をしてみてはいかがでしょうか。

簿記のおすすめポイント3つ

  • 転職で年収UPに繋がる
  • 問題を解くことにより知識が定着する
  • 簿記2級は絶対評価なので合格しやすい

<簿記2級の独学でおすすめなテキスト>

経理で年収UPする方法→【経理は年収が低い?】給料が低い場合の改善策は1つだけ【現役経理が解説】

連結決算を学ぶのにおすすめな本の纏め

連結決算は取引が複雑なので最初は難しく感じると思います。

しかし、連結決算をマスターすれば経理としての市場価値は間違いなく上がりますよ。

なので、連結決算を体系的に学ぶことは、将来の年収UPに繋がります。

一番のおすすめは、図解&設例 連結決算の業務マニュアル です。本書は連結決算の実務で使う知識が網羅されているので、連結決算を担当する全ての方に自信をもっておすすめできます。

スポンサーリンク

【経理に強み】履歴書・職務経歴書の添削サービス開始

経理や管理部門の経験を伝えたいと思いブログを開始して約1年が経過しました。

ブログも月3万PV超になり、転職に関する問い合わせを受ける機会も多くなりブログを開始して本当に良かった思っています。

お問い合わせを頂く項目で件数が多かった履歴書と職務経歴書の添削をココナラでサービスを開始しましたので良かったらご利用ください。

サービス提供を開始した背景

経理の採用活動を担当している時は、職務経歴書の完成度により書類選考の通過率に大きな影響を与えていることを感じました。

私が注意深く職務経歴書を3回程度読むと良い経験をしていると推定されるので面接をしたいと考えても、人事や他のメンバーに反対され泣く泣く不採用にしたケースもあります。

同じ経験をしていても書き方により、経理だけでなく経理経験がない人事や役員にも魅力が伝わる職務経歴書の書き方があり、書類選考の通過率を上げることができると考えます。

良いキャリアアップへのお手伝いできればと考えサービス提供を開始しました。

購入のメリット

1)利便性 今回の転職だけでなく、長く使える形式で職務経歴書を作成しますのでキャリアを考えた際には効果的な投資効果を得られると思います。

2)他サービスとの比較 通常のエージェントと違うのは、経理や管理部門で実際に勤務をしているので、経理や管理部門が欲しがる人材を熟知しているとこです。

また、キャリアカウンセラーとして優秀な方は多いと思いますが、経理や管理部門の専門性が高い業務内容を熟知した上でアドバイスできるキャリアカウンセラーは少ないです。

私自身は経理や管理部門を担当からTOPまで経験しているので、各ポジションに合わせた魅力ある職務経歴書の作成をお手伝いできます。

想定対象者

・経理や管理部門の書類選考に通らない方

・志望業界(企業)に合わせて職務経歴書を準備したい方

・職務経歴書に自信がない方

・企業側の面接官の視点を知りたい方

履歴書・職務経歴書併せて添削・作成します 【内定率UP】経理に強みがある人事責任者が企業目線で支援

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理におすすめな本