経理の転職活動

【簿記2級持ち30代経理未経験】が経理に転職するコツ7つ【現役経理が解説】

30代は未経験での経理の転職は難しいと思われていますが、企業の求めていることを理解して対策すれば経理への転職は成功します。

しかし、対策なくして闇雲に応募数だけ増やしても転職は成功しません。

なぜなら、応募する候補者に対して求人数が少ないので、対策した他の候補者に競り負けるためです。

この記事は、未経験で経理に転職したい方向けに、30代でも転職を成功させるコツ7個を解説します。実際に私が未経験で経理に転職した時の体験談に基づいて解説していますので、全て実行して効果があったことなので、経理への転職を検討している方のお役に立てるかと思います。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【前提】30代未経験での経理への転職は30代前半と後半で大きな差がある

まずは、30代の転職においては30代前半と後半では大き差ががあることを認識する必要があります。

具体的には30代未経験での経験への転職は、30代前半と後半で成功の確率が大きく異なります。 35歳以下は一般企業の経理も可能、35歳超は会計事務所、中小企業を狙いに切り替えるのがおすすめです。

30代後半は管理職登用が始まる年齢なので、未経験者採用よりも経験者採用が主流となりますの一般企業への転職は難しくなります。

30代前半でも年齢が1歳でも若い方が有利となるので、早期に転職活動を実施する必要ありますよ。

狙う企業を間違えないで、戦略的に転職活動を行えば30代経理未経験でも内定は得られます。

会計事務所の仕事が分かる本→【会計事務所の仕事を勉強できるおすすめ本5選】税理士事務所の仕事も理解できる書籍を紹介

【参考】30代経理未経験の転職が難しいと言われる理由2つ

転職を成功させるには何故30代で未経験の転職が難しいと言われるか理解をする必要があります。

30代の経理未経験の転職が難しい理由は大きく分けて2つあります。

  1. 経理の30代の転職は経験者採用が主流
  2. 未経験者の採用は倍率が高く他企業のやり方に染まっていない20代が好まれる

会社は即戦力を採用して既存のメンバー負荷を下げたい。又は、経理適性がある未経験者の若手を採用して、幹部候補として育てたいと考えてます。

しかし、逆に言えばポテンシャル採用で20代の若手より採用するメリットがあることを証明すれば30代でも転職に成功しますよ。

例えば、30代は20代よりも社会人経験が長いので、後輩指導の経験などビジネスマンに共通して役立つ経験をアピールすると効果的です。

なので、選考では若手との違いを全面に出して未経験でも業務に早く馴染めることを証明する必要があります。

経理の仕事が分かる本→【中小企業の経理実務の勉強におすすめな本5冊】分かりやすい書籍を紹介

【実例】30代未経験で経理に転職した2名の体験談を紹介

実際に私が勤めている上場企業の経理でも採用の実績は複数あります。

また、友人の会社でも採用実績があるのでしっかりと、対策をして転職活動をすれば30代未経験でも採用の可能性は十分にあります。

30代未経験で採用さる人材は、英語・資格・前職の経験で何かしらの強みがあります。

具体例があると分かりやすいので、事例を2つ紹介します。

事例① 前職の経験を活かして30代未経験で転職した男性

スペックは下記の通りです。

  • 日商簿記2級
  • 前職は営業関連の職種

前職の営業で社内が得意なことをアピールして採用されました。

経理部で社内調整が得意な人材が欲しいと思った所に、コミュニケーションの高い候補者がきたので採用に至ったケースです。

また、日商簿記2級も保有していたので、簿記の基礎知識と経理に対する意欲は問題ないと判断できます。

交渉力が学べる本→【交渉力が身につくおすすめの本】折衝力を高めるのに役立つ書籍を紹介

事例② 英語力と資格を活かして30代未経験で転職した男性

スペックは下記の通りです。

  • USCPA(米国公認会計士)
  • 日商簿記2級保有

USCPAは英語と会計のスキルを高レベルである証明となります。

なので、30代未経験でも20代の他の候補者よりも経理適正の高さを証明でき上場企業の経理に高確率で転職できます。

【結論】30代未経験で経理へ転職するコツ7つ

経理の転職 難しい

では、30代経理未経験で採用されるコツはなんでしょうか。

まずは、箇条書きで纏めていきますね。

  1. 働きながら転職活動をする
  2. 転職を決意したら直ぐに転職活動を始める
  3. 大企業でなく隠れ優良企業を狙う
  4. 日商簿記1級を勉強してアピールする
  5. マネジメント経験をアピールする
  6. 面接対策は事前に準備する
  7. 複数の転職エージェントを利用する

では、一つ一つ解説をしていきますね。

①働きながら転職活動する

30代の転職活動は働きながら転職活動することをお勧めします。

転職の面接においては、働きながらでも転職活動したかも評価の対象となります。

30代で無職で転職活動をしている人間には、企業は何か問題があるのではないかと考えます。そして少しでも疑念があると採用は見送られます。なぜなら、採用した人間がすぐに退職した場合には、採用を決定した人間が役員などに責任を追及されるためです。

本当に貴方に問題があるかは関係なく、他の候補者と悪い意味で差があると著しく不利になります。

選考は限られた時間で優秀な人材かどうかを判断する必要があるため、人柄よりも先に資格や経歴で判断されます。

資格・経歴が企業の求める基準をクリアして初めて人柄がみられる段階となります。

なので、他の候補者と比較して不利にならないためにも働きながら転職活動することをお勧めします。

②転職を決意したら直ぐに転職活動を始める

未経験での転職は年齢が若ければ若いほど有利です。

30代でも年齢によって難易度は変わります。

  • 30歳~32歳【日商簿記2級の資格があれば、職務経歴書や面接次第では20代と戦えるライン】
  • 33歳~35歳【日商簿記1級・TOEIC800点など他の候補者より秀でているものがあれば、20代と戦えるライン】
  • 36歳~39歳【20代・30代前半と比較すると圧倒的に不利だが、応募の数をこなせば低確率で会計事務所や中小企業に転職に成功するライン】
  • 40歳~【正直に言えば経理未経験での転職はおすすめしないライン】

なので、30代であれば資格などの準備が整っていなくても、並行で転職活動を実施する必要があります。

極端な例ですが、日商簿記1級を取得した未経験の40代の候補者と日商簿記2級を取得した未経験の30代の候補者なら、多くの企業は30代の候補者を選びます。日商簿記2級は必須の資格ですが、まだ取得していない場合でも並行して転職活動はスタートしましょう。日商簿記2級勉強中でも採用する企業もあるので、チャンスは逃してはいけません。

未経験は入社後に育てる必要があるので、企業としては若い人材を採用して長期的に育てたいという狙いがあります。

日商簿記1級は未経験の経理の転職にとても有利ですが、それよりも一刻も早く転職活動を開始することが大事です。

③30代未経験で経理への転職は大企業でなく隠れ優良企業を狙う

30代未経験での経理の転職では、上場企業など大企業への転職を目指したら成功の確立は下がります。

なぜなら、大企業の未経験の経理の求人には20代で日商簿記1級取得者など優秀な候補者が競合相手となる可能性が高いです。

正直に言うと、20代で日商簿記1級持ちと争っても、30代は勝ち目がありません。面接で高評価を残せば逆転勝ちの可能性もあるとアドバイスする方もいますが、逆転と言っている時点で不利な立場であることが明確です。

隠れ優良企業とは、知名度が低いけどホワイトな働き方ができる企業です。

なので、大企業への転職は狙わずに東証二部やマザーズ上場を筆頭に中小企業の経理を狙ってみて下さい。それも知名度が低いBtoBの企業がおすすめです。これらの企業の中からホワイトな企業を選んでいきましょう。

また、大企業への転職も諦める必要はありません。経理の経験者となった後に、もう一度転職活動を実施して、大企業への転職を狙いましょう。

大企業へ転職するために私が推奨するルートは下記のパターンです。

  • 経理未経験の転職では中小企業に転職する
  • 中小企業で数年間働いた後で大企業への転職

中小企業で経理を経験すれば、経理経験者として転職活動ができます。経理経験者になれば年齢制限が緩くなり40代でも転職活動はできます。またその際に、資格や英語、実務経験をしっかりと積んでいれば、大企業への転職も可能性があります。

なので、1番重要なのは、なるべく早く経理の実務経験を積むことです。

経理経験者となれば、即戦力候補として採用する企業も多くなりますので転職先の選択肢が広がります。

私は中小企業で一年決算業務を経験した後に上場企業の経理に転職をしたましたので決算経験があれば上場企業も狙えますよ。

④日商簿記1級を勉強してアピールする

日商簿記2級が取得済ならば、必ず日商簿記1級の取得を目指しましょう。

日商簿記1級が取得できていなくても、勉強していることがアピールできます。日商簿記2級で勉強が終わりでなく、更に伸びしろがあることを伝えることが大事です。

更に入社後の実務を考えると、日商簿記1級の知識があると連結決算業務までスムーズに実務を学べますので、学んで損になることはありません。

面接で効果的な言い方は、勉強している旨と併せて期限を伝えることです。

例えば、【日商簿記1級を勉強中で、今年の6月に受験予定です】のようなイメージです。

自分で期限を明確にすることで、本気で勉強している感じが伝わります。例え、入社後に落ちても日商簿記1級の合格が前提となっていない限り何も問題ありません。日商簿記1級は落ちるのが通常の試験なので、本気で勉強しても落ちる可能性があることは企業側も理解しています。

これだけで、他の日商簿記2級の取得者と差別化できますので勉強だけはしておきましょう。

簿記1級は独学では不可能に近いので通信講座をおすすめします。まずは、パンフレットを無料で取り寄せてみてはいかがでしょうか。

大原公式資料請求サイト→高い合格実績で選ぶなら資格の大原 簿記1・2級講座

⑤マネジメント経験をアピールする

30代であれば管理職でなくても、リーダーや後輩指導などのマネジメントの経験があると思います。

マネジメント経験は未経験での経理の転職においても十分にアピールできます。

経理は専門的な知識はあってもマネジメントが苦手な方が多いです。

なので、マネジメント経験がある人材は多少経理知識が不足していても将来の管理職候補で採用する企業は多いです。

30代であれば数年で業務に慣れた後に若手数人のチームを取り纏めることを求められます。

そして、上手くチームを纏められたら管理職として登用されます。

マネジメント経験は20代など若手にはアピールできない強みなので、職務経歴書に記載して積極的にアピールしていきましょう。

マネジメントが学べる本→【プレイングマネージャーにおすすめの本5選】係長にも読んで欲しい書籍を紹介

⑥面接対策は事前に準備する

未経験の経理での転職で聞かれる質問は決まっています。

なので、質問事項を事前に準備して対策すれば、面接官から好印象を得られます。

面接まで進んだということは、企業が求めるスペックは問題なかった証拠です。

なので、面接で落ちるのは非常に勿体ないので、定番の内容は事前に準備をして望みましょう。

経理未経験の自己PRの作成方法→【経理の自己PRは未経験でも簡単に作れる】転職で内定を得た具体例も紹介

⑦転職エージェントは複数使う

30代の未経験の求人は数が限られています。

なので、3~4社程度の転職エージェントを利用することをお勧めします。

転職エージェントは非公開求人を保有していますが、会社ごとに保有する求人は異なります。

なので、転職エージェントに1社しか登録していないと他の転職エージェントが保有する非公開求人に応募できないので、その分だけ機会損失となります。

経理に強い転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

【参考】経理に向いているか科学的に調べてみる

経理に向いているか気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるプログラムがあります。

コンピテンシー診断は、ミイダスが提供する無料の自己分析プログラムです。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

仕事の価値観診断の纏め→【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

30代未経験の経理へ転職のコツ 纏め

30代未経験の経理への転職は確かに難易度は高いです。

しかし、コツを掴んでしっかりと対策すれば転職することは可能です。

皆様が転職に成功することを微力ながら応援しています。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めてますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に役立つ本の纏め→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理の転職活動