経理の転職活動

【経営企画部は嫌われる?】大企業の経営企画で嫌われる人の特徴5つを解説【体験談】

経営企画部は全ての部門に指示する立場なので、少なからず嫌われる可能性が高い部門です。

私は大企業で経理をした後海外駐在で経営企画も担当しておりますが、経営企画のなかでも特に嫌われる人には明確な共通点があります。

嫌われる人の特徴を理解して特徴に当てはまらないように努力をするだけで、他部署からの評判もあがりますよ。

この記事では、経営企画部が嫌われるか気になる方に向けて、経営企画部が嫌わる理由と嫌われる人の特徴を紹介します。実際に大企業で経営企画と働き、海外駐在で経営企画の役割を担っているの実情に即した情報が提供できると思います。

では、纏めていきますね。

スポンサーリンク

【前提】経営企画部が嫌われる理由

まずは経営企画部が嫌われやすい部門である理由を解説します。

経営企画の役割は、簡単に言えば経営層の意見をもとに全部署に作戦を指示をする部門です。

他部署から見れば経営企画は口だけで現場も知らない部門が、役員クラスをバックに偉そうなことを言っているように聞こえます。また、指示された仕事やデータを提出しないので、単純に無駄な仕事を押し付けられたと思っていることが多いです。

なので、経営企画部は嫌いと考えている人は大企業の管理職クラスでも多々います。

経営企画でも好かれている人は、依頼の仕方や目的や背景の説明など嫌われない仕事の進め方を徹底していますよ。

まずは、他部署に嫌われる人の特徴を理解して、自分が嫌われる行動をしないように意識をしていきましょう。

経営企画のメリットとデメリット→【経営企画部は花形?エリート?】同期にメリットとデメリットも聞いてみた

【結論】経営企画部で嫌われる人の特徴5つ

経営企画部 嫌われる

では、早速ですが経営企画部で嫌われる人の特徴を纏めていきます。

まずは、箇条書きで紹介しますね。

  1. 他部署の業務を勉強をしない
  2. 現場を見に来ない
  3. 文句を言わせない(聞かない)
  4. フォーマットを工夫しない
  5. 口だけで何もしない

では、一つ一つ解説していきますね。

①他部署の業務を勉強をしない

経営企画は様々な部署と一緒に仕事をする機会が多い部署です。

もし経営企画の担当者が、経理知識やIT知識、社内の技術用語を全く理解していない場合には、その担当者だけのために毎回説明が必要となります。

他部署も経営企画が他部署の仕事につき深い知識まで持っているとは思っていませんが、基礎的な知識は持っていて欲しいと考えていますよ。

基礎的な知識がないと業務の会話にならないので、他部署から面倒くさい人と思われ嫌われます。

他部署の業務まで勉強している人は少ないので基本的な知識を知っているだけで、貴方が努力している印象を与えて好印象を獲得できます。

経営企画の勉強におすすめ本→【経営企画の勉強におすすめの本5選】勉強方法に迷ったら読んで欲しい書籍を紹介

②現場を見に来ない

メーカーや小売り業界に言えることですが、収益を生み出す現場を直接見ないと現場出身の人とは仲良くなれません。

現場には現場なりの苦労があり、本社の机上の空論では通用しないことが沢山ありますよ。実際に現場を見て、現場で働く人の困りごとをヒアリングした結果がない提案資料は説得力がありません。

現場のことを分かっていないと言われるなら、一緒にいきましょうと誘えば仲良くなれますよ。

私が海外駐在で経営企画関連の仕事をしていますが、施策を考えるときは必ず担当者と現物を工場に確認をした写真を資料に入れてます。

実際に現場に確認に行くだけで、現場出身の方々とは仲良くなれるので時間があれば現場を見に行きましょう。

資料の作り方の参考となる本→【資料作成が上手くなるおすすめの本5選】パワポやグラフも学べる書籍を紹介

③文句を言わせない(聞かない)

経営企画は他部署に依頼をする機会が多いので、何かを頼むと文句を言われることが多々あります。

文句を言われて不快になる気持ちは分かりますが、話を聞いたあげることをおすすめします。頼まれた側は単純に仕事が増えて面倒くさいと考えていることが大半なので、貴方に文句を言っているのではありません。誰かに愚痴を聞いて貰いたいだけです。

売り言葉に買い言葉で文句に対して正論や反論をすると、話が長くなり悪印象を与えだけです。

相手も文句を言っているうちに、最後は【分かった貴方の頼みならやるよ】と言ってくれることが大半ですよ。

相手の話を聞くことも交渉や折衝においては大切なスキルです。

交渉力や折衝力が学べる本→【交渉力が身につくおすすめの本】折衝力を高めるのに役立つ書籍を紹介

④フォーマットを工夫しない

経営企画はデータを提出を求めるために、提出用のフォーマットをExcelで作成することが多々あります。

提出用のフォーマットの入力箇所が分かりにくかったり、何を入れるべきか不明な場合には他部署の担当者はストレスを感じます。

提出用のExcelは下記のことを意識して作成することをおすすめします。

  1. 同じ情報は2回入力させない(自動で転記・計算されるようにする)
  2. チェックポイントがあれば提出前に、OK・NGを自動で判定できるようにする
  3. Excelの関数は複雑なものでなく簡単な関数を使う(相手が解読しやすいように)
  4. 入力箇所は色を変えておく
  5. 不要な情報は載せない

上記を意識して作成をした後に、必ず自分で1度作成をして不備がないか確認してから配信をしましょう。

提出用フォーマットの入力が簡単だと、情報も早く集まるのでお互いにメリットがありますよ。

Excelが学べる本→【経理で使うExcelが学べる本5選】エクセルで業務効率化を狙える書籍を紹介

⑤口だけで何もしない

経営企画は他部署と接する機会が多い分、他部署から依頼を受けることも多々あります。

例えば

  1. 情報の提供依頼
  2. 他部署との調整
  3. 会議日程の調整

など、雑務も含めて多種多様な依頼を受けます。

正直に言えば経営企画の仕事ではないこともありますが、小さな仕事であれば引き受けておくことをおすすめします。

毎回他部署に依頼をして経営企画に頼みごとをしたら、何もしてくれないと思われると嫌われてしまいます。

Give and Takeの精神で業務をすれば、嫌われることは少ないですよ。

【参考】経営企画に向いているか科学的に調べてみる

自分が経営企画に向いているか気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるコンピテンシー診断をミイダスが提供しています。

自分の適職や上司との相性が分かって面白いですよ。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

適職診断については下記の記事でも纏めていますので良かったら見てくださいね。

【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

経営企画部は嫌われるかの纏め

経営企画は自分で実務を行う機会が少ないので、歯痒い思いをすることが多々あります。

文句を言われることも多いので、精神的にストレスを感じることもあるでしょう。

全社を動かす中枢の部署で働くことを経験できるので、キャリアにプラスなりますよ。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に関するオススメな本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

スポンサーリンク

【経理に強み】履歴書・職務経歴書の添削サービス開始

経理や管理部門の経験を伝えたいと思いブログを開始して約1年が経過しました。

ブログも月3万PV超になり、転職に関する問い合わせを受ける機会も多くなりブログを開始して本当に良かった思っています。

お問い合わせを頂く項目で件数が多かった履歴書と職務経歴書の添削をココナラでサービスを開始しましたので良かったらご利用ください。

サービス提供を開始した背景

経理の採用活動を担当している時は、職務経歴書の完成度により書類選考の通過率に大きな影響を与えていることを感じました。

私が注意深く職務経歴書を3回程度読むと良い経験をしていると推定されるので面接をしたいと考えても、人事や他のメンバーに反対され泣く泣く不採用にしたケースもあります。

同じ経験をしていても書き方により、経理だけでなく経理経験がない人事や役員にも魅力が伝わる職務経歴書の書き方があり、書類選考の通過率を上げることができると考えます。

良いキャリアアップへのお手伝いできればと考えサービス提供を開始しました。

購入のメリット

1)利便性 今回の転職だけでなく、長く使える形式で職務経歴書を作成しますのでキャリアを考えた際には効果的な投資効果を得られると思います。

2)他サービスとの比較 通常のエージェントと違うのは、経理や管理部門で実際に勤務をしているので、経理や管理部門が欲しがる人材を熟知しているとこです。

また、キャリアカウンセラーとして優秀な方は多いと思いますが、経理や管理部門の専門性が高い業務内容を熟知した上でアドバイスできるキャリアカウンセラーは少ないです。

私自身は経理や管理部門を担当からTOPまで経験しているので、各ポジションに合わせた魅力ある職務経歴書の作成をお手伝いできます。

想定対象者

・経理や管理部門の書類選考に通らない方

・志望業界(企業)に合わせて職務経歴書を準備したい方

・職務経歴書に自信がない方

・企業側の面接官の視点を知りたい方

履歴書・職務経歴書併せて添削・作成します 【内定率UP】経理に強みがある人事責任者が企業目線で支援

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理の転職活動