経理の転職活動

【簿記2級×TOEIC800点】未経験で経理を目指すならコスパ抜群な理由【新卒も有効】

未経験や新卒で経理を目指したい方におすすめなのが、簿記2級とTOEIC800点を取得することです。

会計×英語のスキルを持った人材は少ないので、両方の資格を持っていると他の候補者と差別化を図れます。

実際に私が営業から経理へ未経験で転職をしたときは、営業力と簿記のスキルを評価され採用して貰えました。

この記事では、新卒や経理未経験で簿記2級とTOEIC800点を目指すのがコスパ抜群の理由を解説します。実際に両方の資格を持っており、経理に未経験で転職した私の経験に基づいて記載しますので現状に即した内容になってますよ。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【前提】簿記2級とTOEIC800点どちらを優先すべきか

経理を目指すのであれば、簿記2級を優先すべきです。

TOEIC800点は海外に積極的に展開している企業にはアピールとなりますが、国内事業中心の企業にはアピールにはなりません。

しかし、簿記2級は経理ならば全ての企業で必要な資格なので、TOEICより先に取得することをおすすめします。

経理の面接官としてもTOEICだけだと、英語力は他の職種で活かせるのでは?と思ってしまいます。

なので、簿記2級をまずは最優先で目指しましょう。

簿記2級の有用性→【簿記2級は意味がない?】経理の実務を踏まえて本音を回答します

【参考】簿記1級とTOEIC800点のどちらを優先すべきか

簿記2級を取得した後に、簿記1級も取得した方が良いのでは?と思う方も多いと思います。

しかし、簿記1級は難易度が2級と桁違いなので、取得するのに最低700Hかかります。また、グローバル企業であれば簿記1級よりも、簿記2級×TOEIC800点を評価するので、TOEICを優先すべきです。

勿論、簿記1級は取得すれば有利になりますが、順番としては簿記2級→TOEIC800点→簿記1級がおすすめです。

TOEICの有用性→【経理の転職でTOEICは有利?】グローバル経理が解説【600点は欲しい】

【結論】簿記2級×TOEIC800点がコスパ抜群な理由5つ

では、簿記2級×TOEIC800点が他の資格と比較してコスパ抜群な理由を解説します。

まずは、箇条書きで理由を纏めていきます。

  1. 簿記2級×TOEIC800点は取得難易度と費用が少ない
  2. TOEIC800点は高年収の企業から評価が高い
  3. 簿記2級×TOEIC800点保有者はライバルが少ない
  4. 簿記2級×TOEIC800点の勉強は面接対策に繋がる
  5. 簿記2級×TOEIC800点のスキルの汎用性が高い

では、一つ一つ解説をしていきますね。

簿記2級×TOEIC800点は取得難易度と費用が少ない

簿記2級とTOEIC800点は、取得に要する時間とコストは低いです。

例えば、英語×会計のスキルの代表であるUSCPAでは、勉強時間は1200H前後、費用は100万円前後します。

対して、簿記2級とTOEIC800点は

  • 簿記2級:勉強時間・400H前後 費用・ 3万円前後
  • TOEIC800点:勉強時間・600H前後 費用・3万円前後

勉強時間に大差がないと思われますが、簿記2級とTOEIC800点は初学者からでも勉強すれば合格できるレベルです。

しかし、USCPAは簿記2級×TOEIC800点レベルの方が勉強をして、1200H程度はかかりますよ。

評価はUSCPAの方が高いですが、簿記2級×TOEIC800点であれば面接対策で十分に逆転できます。

また、USCPA保有者は少ないので、事実上簿記2級×TOEIC800点所有者が選考で1番有利になるケースが多々発生します。

<簿記2級の独学でおすすめなテキスト>

TOEIC800点は高年収の企業から評価が高い

英語力を必要とする企業は年収水準が高いです。

海外進出を積極的に行っているのは、メーカーや商社など給与が高い企業が中心です。

なので、英語力があると年収水準が高い企業が狙えますよ。

また、経理は高年収の企業ほどシステム導入を積極的に行っており、単純作業の自動化が進んでいます。

なので、経理はワークライフバランスが確保しやすいメリットもあります。

経理のワークライフバランス→【経理は楽なの?】現役経理が特に楽な業界と仕事の特徴を語る

簿記2級×TOEIC800点保有者はライバルが少ない

資格面だけを考えると、簿記2級×TOEIC800点に匹敵する経理系統の資格は少ないです。

簿記2級×TOEIC800点より確実に評価される資格は3つのみです。

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. USCPA

なので、上記資格保有者が選考に応募していなければ、常に1歩リードして選考に望めるので有利になりますよ。

30代前半までならば、経理が未経験でもコツを掴めば転職は難しくないでしょう。

20代経理未経験のコツ→【20代限定】未経験で経理への転職に成功するコツを解説します【体験談】

30代経理未経験のコツ→【経理未経験で30代は転職できる?】現役経理が成功のコツを解説

簿記2級×TOEIC800点の勉強は面接対策に繋がる

経理は基準の改正があった場合には、改正内容について勉強する必要があります。

なので、経理は真面目にコツコツと努力した人間を好む傾向が非常に強いです。

簿記2級やTOEIC800点を勉強していれば、勉強している旨を伝えるだけでも好印象に繋がります。

経理の自己PR対策→【経理自己PRの簡単作成方法】転職と新卒で使える【ステップごとに説明】

新卒の面接対策→【キャリアチケット】は新卒の面接対策に強み【メリットとデメリットも解説】

簿記2級×TOEIC800点のスキルは汎用性が高い

会計×英語力は様々な職種に活かすことができるので、経理以外の職種になっても使えるスキルですよ。

経理以外で活躍できる職種の代表例は

  1. 経営企画
  2. コンサルタント
  3. 経理系統システムを取り扱うIT会社(例:SAP・オラクルなど)

上記職種は実際に経理から転職する人も多く、会計×英語力を活かして高年収を確保できる職種となります。

上記以外でも活躍の場は沢山あるので、簿記2級×TOEIC800点は履歴書に記載すれば高評価を得られる可能性が高いですよ。

【宣伝】経理のキャリア相談を承ります

経理のキャリアは多種多様なプランがありどの道を目指すかで優先して経験・勉強すべきことは異なります。

例えば、

  1. 年齢
  2. 将来経理以外の職種につきたいか
  3. マネジメントをしたいか
  4. 制度会計、税務、管理会計、財務、原価計算のどれを武器とするか
  5. 未経験から経理になるには何をしたら良いか

貴方が置かれている状況をヒアリングして、貴方に最適なキャリアプランをアドバイスさせていただきます。

また、キャリアに関する質問にも回答させていただきますよ。

ココナラで体験談をもとにキャリア相談を承っていますので良かったらご利用ください。→経理のキャリアアップ 経理の転職相談を承ります

【新卒限定】簿記2級×TOEIC800点があれば経理に配属されやすい

簿記2級×TOEIC800

新卒から経理に配属されるには、経理に配属されるための【理由】を作るのが大事です。

例えば、経理に配属を希望しても、資格なしでは会社側が多くの新人の中から貴方を経理に配属する理由を見い出せません。

なので、簿記2級で経理の熱意を伝え、TOEIC800点により実務で英語を使えることをアピールしてみましょう。そうすれば、経理部門が欲しがる人材となり、経理に配属される可能性も上がりますよ。

新卒から経理を狙うのは難しいですが、少しでも可能性を上げるためにできることはやってみましょう。

新卒から経理を目指すコツ→【新卒で経理は難しい?】大学生が経理を目指す方法2つ【現役経理が解説】

【転職活動限定】経理の転職は簿記2級を取得した後にすべき?

結論から言えば、簿記2級と転職活動を並行することをお勧めします。

理由は下記の通りです。

  • 日商簿記2級の勉強中なら面接でアピールにはなる
  • 希望条件にあった求人が無くなる可能性がある
  • 転職活動をすることで企業の求めるレベルを肌で感じることができる

基本的に転職活動は資格を取得した後に行うよりも、転職したいと思った時に行うのがおすすめです。景気の動向により求人数は変わりますので、求人がある間に転職活動をするのも大事です。

なので、簿記2級の取得を待つのは得策ではありません。

【無料相談】転職エージェントに求人があるか聞いてみる

転職をいきなり開始するのはハードルが高い場合には、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

現在の自分の経歴で紹介される求人の内容やキャリアプランを無料で教えてくれます。

無料相談をした後でも転職活動を辞めることはできるので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

<経理の未経験者におすすめな転職エージェント纏め>

私が営業から経理に未経験で転職したときは、下記の5社を中心に転職活動を進めていました。

転職エージェントに迷ったら、非公開求人の量が多く業界最大手のリクルートエージェントがおすすめです。

エージェント種類オススメなポイント体験談
リクルートエージェントリクルートエージェントは求人数No.1
非公開求人の紹介、転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。
【リクルートエージェントの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説します
dodadodaが取り扱っている求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。
自分では見つけられなかった求人もエージェントサービスに登録することで見つけることができます。
【dodaの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説します
マイナビエージェント マイナビエージェントでは、各企業の人事担当者と直接会って、求人票だけでは分からない詳細な情報を入手しています。
できるだけその企業や業界について深く理解した上で、応募先企業を決めることができるので安心です。
【マイナビエージェントの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説します
パソナキャリアはじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートします。
創業40周年を迎えるパソナグループでは、創業時から女性の就労支援をおこなってきたノウハウを基にした女性への転職支援を得意としています。
【パソナキャリアの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説
マイナビジョブ20's 人材サービスを幅広く扱うマイナビの中でも、20代を専門としているのは『マイナビジョブ20's』のみです。
マイナビの情報網を活かしつつも、20代という若年層に特化しているからこその強みがあります。
通常の転職サイトでは掲載されていないような"非公開求人"が80〜90%を占めています。
※マイナビエージェントの体験談を参照

経理に強い転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

簿記2級×TOEIC800点の纏め

簿記2級×TOEIC800点は、就職活動や転職活動で他の候補者に差をつけるのにおすすめな資格です。

経理に限らず多くの職種で有利になるので、1年間頑張って勉強してみてはいかがでしょうか。

実際に働き始めてからも役立つ知識なので、使い勝手がよい資格ですよ。

正しい転職エージェントの使い方を始めとして、貴方が納得する転職をするために必要な知識が詰まった本です。ストーリー形式なので読みやすく、転職を初めてする方にも分かりやすく記載されています。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に関するオススメな本は下記に纏めていますので良かったら見て下さいね。

転職を成功させるために読んで欲しいおすすめの本と漫画5選【未経験での経理志望なら特に】

スポンサーリンク

【経理に強み】履歴書・職務経歴書の添削サービス開始

経理や管理部門の経験を伝えたいと思いブログを開始して約1年が経過しました。

ブログも月3万PV超になり、転職に関する問い合わせを受ける機会も多くなりブログを開始して本当に良かった思っています。

お問い合わせを頂く項目で件数が多かった履歴書と職務経歴書の添削をココナラでサービスを開始しましたので良かったらご利用ください。

サービス提供を開始した背景

経理の採用活動を担当している時は、職務経歴書の完成度により書類選考の通過率に大きな影響を与えていることを感じました。

私が注意深く職務経歴書を3回程度読むと良い経験をしていると推定されるので面接をしたいと考えても、人事や他のメンバーに反対され泣く泣く不採用にしたケースもあります。

同じ経験をしていても書き方により、経理だけでなく経理経験がない人事や役員にも魅力が伝わる職務経歴書の書き方があり、書類選考の通過率を上げることができると考えます。

良いキャリアアップへのお手伝いできればと考えサービス提供を開始しました。

購入のメリット

1)利便性 今回の転職だけでなく、長く使える形式で職務経歴書を作成しますのでキャリアを考えた際には効果的な投資効果を得られると思います。

2)他サービスとの比較 通常のエージェントと違うのは、経理や管理部門で実際に勤務をしているので、経理や管理部門が欲しがる人材を熟知しているとこです。

また、キャリアカウンセラーとして優秀な方は多いと思いますが、経理や管理部門の専門性が高い業務内容を熟知した上でアドバイスできるキャリアカウンセラーは少ないです。

私自身は経理や管理部門を担当からTOPまで経験しているので、各ポジションに合わせた魅力ある職務経歴書の作成をお手伝いできます。

想定対象者

・経理や管理部門の書類選考に通らない方

・志望業界(企業)に合わせて職務経歴書を準備したい方

・職務経歴書に自信がない方

・企業側の面接官の視点を知りたい方

履歴書・職務経歴書併せて添削・作成します 【内定率UP】経理に強みがある人事責任者が企業目線で支援

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理の転職活動