経理におすすめな本

【フォロワーシップが学べるおすすめ本5選】解説が分かりやすい書籍を紹介

近年はリーダーシップと並んでフォロワーシップの重要性に企業が着目してフォロワーシップに関する研修を取り入れる企業も増えています。

実際に私の会社でもフォロワーシップに関する研修を取り入れて全ての従業員が受講していますよ。

フォロワーシップに関する知識はリーダーを補佐するために欠かせないので組織で働く人は学んで損はありません。

この記事では、フォロワーシップを学びたい人に向けて、フォロワーシップが学べる本を紹介します。実際に自分が読んで役にったもののみを紹介しますのでお役に立てると思います。

では、纏めていきますね。

スポンサーリンク

【前提】フォロワーシップとは

そもそもフォロワーシップとは何か簡単に解説をしていきますね。

フォロワーシップは一言で言えば、リーダーの補佐をしてリーダーが推進したい事項や課の目標を達成するためにリーダーやメンバーをサポートすることです。

具体例を上げると

  1. リーダーが売上100円を月の目標とする
  2. フォロワーが目標達成が達成できるように見込み顧客のリストを作る
  3. メンバーが顧客リストに従い実際に訪問販売する

簡単な事例ですがリーダーと他のメンバーを繋ぐのもフォロワーの役割となります。

組織として成果を出すにはフォロワーだけでなく、リーダーもフォローアップの大切さを知ることが大切となります。

管理職におすすめな本→【管理職の勉強におすすな本】課長になったら読んで欲しい書籍を紹介【1年目の管理職必見】

プレイングマネージャーや係長におすすめな本→【プレイングマネージャーにおすすめの本5選】係長にも読んで欲しい書籍を紹介

【結論】フォロワーシップが学べるおすすめ本5選

では、早速ですフォロワーシップが学べるおすすめ本を紹介します。

まずは、箇条書きで纏めていきますね。

  1. 謙虚なリーダーシップ――1人のリーダーに依存しない組織をつくる
  2. トップ3%の人は、「これ」を必ずやっている 上司と組織を動かす「フォロワーシップ」
  3. リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは
  4. 成果が出るチームをつくる方法 チームをつくれば指示なく人は動く
  5. ザ・フォロワーシップ―上司を動かす賢い部下の教科書

では、一つ一つ解説していきます。

【リーダー向け】 謙虚なリーダーシップ――1人のリーダーに依存しない組織をつくる

<内容>

弱さを受け容れ、本音を伝えあう関係が、組織を変える。人と組織の研究に多大な影響を与えてきた研究者が、半世紀にわたる探究の末にたどり着いたリーダーのあり方とは?『人を助けるとはどういうことか』『問いかける技術』など、数々の名著を生み出した著者の集大成。Strategy+Business誌ベスト経営書選出!

<実際に読んでみて>

謙虚なリーダーシップとは何かを事例を用いて実践可能となるように手法を説明しています。リーダーとして組織全体で成果を出したい方におすすめな本です。

【フォロワー向け】 トップ3%の人は、「これ」を必ずやっている 上司と組織を動かす「フォロワーシップ」

<内容>

数多くのビジネスパーソンのなかで、フォロワーシップをしっかりと発揮できている人は、ごくわずか。だからこそ、そのわずかな人が「上司からの信頼を勝ち得て、チャンスが集中する」という法則が世の中にはある。理想のキャリアを手に入れるために不可欠となる、フォロワーシップの高め方と具体的な実践手法を紹介している本です。

<実際に読んでみて>

上司の良き参謀役になるには具体的には、何をすべきかを解説しているので明日からでも実践が可能です。係長や主任クラスの方におすすめな本です。

【リーダー向け】リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは 

<内容>

部下が自ら考え、成果を挙げる「強い組織」のつくり方。命令や指示をしなくても、メンバーみんなが動いてくれるこれからの時代のマネジメントを解説している本です。

<実際に読んでみて>

早稲田大学のラグビー部での監督で2連覇をした経験をもとにメンバーの動かし方を解説しています。ラグビーの話もあるので読み物としても単純に面白いですよ。スポーツ好きな人にはおすすめの本です。

【全員向け】成果が出るチームをつくる方法 チームをつくれば指示なく人は動く

<内容>

チーム型組織の考え方を元に成功するチームのつくりかたをプロセスに沿って解説しています。

<実際に読んでみて>

筆者の体験談をもとに解説しており専門用語も少ないので読みやすい内容となっています。また中小企業が実践すべきチーム型組織は中小企業の強みを活かしており参考となります。中小企業に勤務している方にはおすすめ本です。

【フォロワー向け】ザ・フォロワーシップ―上司を動かす賢い部下の教科書

<内容>

リーダーと信頼しあえる関係を築き、真っ当で、充実した仕事人生を送るための実践方法を解説した本です。

<実際に読んでみて>

上司をどのように教育するかに焦点を当ており、フォロワーとしての理想の役割像がイメージできます。上司と対等に付き合うにはどうすべきか悩んでいる方にはおすすめ本です。

【参考】フォロワーシップには怒らない技術も必要不可欠

フォロワーシップを実践しようと考えても、思い通りに周りが動いてくれずイライラすることもあると思います。

私もフォローアップシップをチームで実践していますが、中々自発的に動いて貰えずイラッとすることは多々ありますよ。しかし、そこで感情的に怒ってはフォロワーシップは成し遂げれませんので、冷静になってから自分の要望を話すようにしています。

感情のコントロールにはアンガーマネジメントが役立ちますので、良かったら一度試してみてくださいね。

アンガーマネジメントのおすすめ本→【アンガーマネジメントのおすすめ本5選】仕事や育児に役立つ書籍を紹介

フォロワーシップが学べるおすすめ本の纏め

フォロワーシップは企業・従業員双方にメリットがある考え方になります。

企業もメンバーが自発的に行動すれば業績も上がりますし、メンバーも自発的に仕事が出来ればモチベーションが上がります。

フォロワーシップは社会人として必須の知識になりますので勉強をしてみてはいかがでしょうか。

一番のおすすめは謙虚なリーダーシップ――1人のリーダーに依存しない組織をつくるです。解説が丁寧なので始めてフォロワーシップを学ぶ人にもおすすめな本です。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

スポンサーリンク

【経理に強み】履歴書・職務経歴書の添削サービス開始

経理や管理部門の経験を伝えたいと思いブログを開始して約1年が経過しました。

ブログも月3万PV超になり、転職に関する問い合わせを受ける機会も多くなりブログを開始して本当に良かった思っています。

お問い合わせを頂く項目で件数が多かった履歴書と職務経歴書の添削をココナラでサービスを開始しましたので良かったらご利用ください。

サービス提供を開始した背景

経理の採用活動を担当している時は、職務経歴書の完成度により書類選考の通過率に大きな影響を与えていることを感じました。

私が注意深く職務経歴書を3回程度読むと良い経験をしていると推定されるので面接をしたいと考えても、人事や他のメンバーに反対され泣く泣く不採用にしたケースもあります。

同じ経験をしていても書き方により、経理だけでなく経理経験がない人事や役員にも魅力が伝わる職務経歴書の書き方があり、書類選考の通過率を上げることができると考えます。

良いキャリアアップへのお手伝いできればと考えサービス提供を開始しました。

購入のメリット

1)利便性 今回の転職だけでなく、長く使える形式で職務経歴書を作成しますのでキャリアを考えた際には効果的な投資効果を得られると思います。

2)他サービスとの比較 通常のエージェントと違うのは、経理や管理部門で実際に勤務をしているので、経理や管理部門が欲しがる人材を熟知しているとこです。

また、キャリアカウンセラーとして優秀な方は多いと思いますが、経理や管理部門の専門性が高い業務内容を熟知した上でアドバイスできるキャリアカウンセラーは少ないです。

私自身は経理や管理部門を担当からTOPまで経験しているので、各ポジションに合わせた魅力ある職務経歴書の作成をお手伝いできます。

想定対象者

・経理や管理部門の書類選考に通らない方

・志望業界(企業)に合わせて職務経歴書を準備したい方

・職務経歴書に自信がない方

・企業側の面接官の視点を知りたい方

履歴書・職務経歴書併せて添削・作成します 【内定率UP】経理に強みがある人事責任者が企業目線で支援

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理におすすめな本