経理の転職活動

【中途の最終面接の落ちる確率は?】最終面接の通過率(合格率)を転職体験談から解説

最終面接は形式的な面接で、落とされることはほぼ無いと思う方がいますが、近年は最終面接でも落とされることはあります。

実際に私も最終面接まで進んで不採用となった例があります。また、勤め先でも最終面接で不採用となった例はありますので、最終面接も選考の一環であることは間違いありません。

転職エージェントの会社が纏めたものはありますが、個人のブログで最終面接の通過率を纏めた情報が少なかったので、自分の結果を公開しますので参考にしてくださいね。

この記事では、最終面接の通過率を知りたい方に向けて、2回転職をした私の最終面接の通過率とスペックを開示します。最終面接の通過率を上げるコツも併せて紹介しますので、転職に興味がある方の参考になると思います。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【前提】2回の転職の結果とスペック

私は20代で2回の転職をしています。

転職の結果は下記の通りです。2回とも転職は成功することができました。

  1. 上場企業の営業→中小企業の経理
  2. 中小企業の経理→上場企業の経理

上記の転職活動を基に最終面接の通過率を解説していきます。

【転職1回目】上場企業の営業→中小企業の経理の時のスペック

まずは、私が初めて転職を開始した時のスペックをお伝えしたいと思います。

  • 年齢 20代中盤(営業経験約4年 経理経験0)
  • TOEIC 800~900
  • 税理士科目合格(簿記論・財務諸表論)
  • 転職市場の状況(やや求人が少なかった)

最大の反省は、転職活動をもっと早く実施すれば良かったことです。新卒から3年は勤めるべきという風潮がありましたが、営業のキャリアを諦めた以上1日も早く経理のキャリアをスタートすべきでした。

新卒から3年以内に転職をするか迷った場合→【とりあえず3年説は古い?意味がない?】新卒4年目で転職した経験から解説

【転職2回目】中小企業の経理→上場企業の経理の時のスペック

2回目の転職は、1回目の転職をした時から1年程度しか経過していませんでした。

スペックは下記の通りです。

  • 年齢 20代後半(営業経験約4年 経理経験1年)
  • TOEIC 800~900
  • 税理士科目合格(簿記論・財務諸表論)
  • 転職市場の状況(普通)

短期離職ではありましたが、経理経験が1年でも、決算業務を月次、年次で経験したので、経理経験者として転職活動を行えました。企業が経験者に求める経験年数は3年が多いですが、あくまでも目安なので、資格や業務内容で補えることもありますよ。

私は経理経験が1年でしたが、応募要件3年以上の会社から内定を貰ったので、経理経験は目安でOKです。

短期離職で不利にならないコツ→【転職後1年で再転職は可能】経験者が不利にならないコツを解説

【体験談】中途の最終面接の通過率【落ちる可能性有り】

最終面接通過率

転職の最終面接の通過率は一般的には50%程度と言われています。

しかし、私は実際に転職をした友人の転職活動や勤め先の状況を考えると少し低すぎると思います。なぜなら、書類選考でスペックを確認しており、課長クラスが現場で必要と判断した貴重な人材の半分を落とすとは考えられないからです。

経理の転職では70%程度は内定を獲得している印象です。

通過率は リクルートエージェントDODA の転職エージェントに聞くと大まかな数値を教えてくれます。

では、実際に私の2回の最終面接の通過率を見ていきましょう。

最終面接通過率の前に書類選考と一次面接の通過率を確認したいと思った方は、下記の記事をご確認ください。

書類選考の通過率→【中途の書類選考の通過率は?】事務職に2回転職した結果と成功のコツを解説

一次面接の通過率→【中途の一次面接の通過率は?】事務職に2回転職した結果と成功のコツを解説

【転職1回目】上場企業の営業→中小企業の経理の時の最終面接の通過率

最終面接は合格の可能性が高いと見込んで、志望度合いの低い2社は最終面接の前に辞退をしました。

働きながらの転職はスケジュールを応募先と合わせるのが難しいので、最終面接は多くても5社程度持ち駒があれば十分です。

分類1次面接通過内定
上場企業 (超大手より、隠れた優良企業を狙っていました)2社0社 (0%)
中小企業 (ベンチャー企業含む)5社→3社(2社辞退)3社 (100%)

最終面接は役員と部長の組み合わせが多いです。

大企業は実務的な質問は少なかったですが、中小企業では再確認の意味で説明を再度求められました。

最終面接は、相性が合うかどうかの確認要素が強いです。従って、ホームページやエージェントで、社風や求める人物像を注意深く確認しましょう。役員や部長はその会社で成功された方々なので会社が好きなのです。だから、自分の会社のことが好きな人に入社して欲しいのが本音です。※私は社風が合わないと思ったら無理に合わせる必要がないと思います。入社後が辛いので。

本命である大企業には落ちましたが、経理経験を積めば上場企業の経理に再度チャレンジできると考えて中小企業に入社をしました。

【転職2回目】中小企業の経理→上場企業の経理の時の最終面接の通過率

上場企業(大きければ大きいほど)の最終面接は、現場の意向を反映することが多いです。現場が必要という人材を落とすには、それなりの理由があります。

1次面接の情報は共有しているので、最終面接で1次面接と似たような質問をして回答が同じか確かめることがあります。ここで、1次面接と異なる回答をすると、落ちる可能性が非常に高いので要注意です。

分類1次面接通過内定
上場企業(メーカーのみ)2社2社 (100%)

私が受けた最終面接の2社は実務の内容に関してはほとんど聞かれませんでした。

何故資格を取ったか、何故経理を目指したかなど、本人の考え方を聞く質問や、転勤の可否など形式的な質問が多かったです。

上場企業の役員は、実務の能力は一次面接の課長クラスが判断していると考えて、応募者の人柄が会社の社風とあっているかの確認が中心でした。

【結果連絡の時期】最終面接の結果の連絡はいつ?遅い?

最終面接の合否の連絡がいつ来るかも気になりますよね。

合格の場合と不合格の場合で大きな差がありました。

  • 合格:3日以内
  • 不合格:一週間前後

年収などの正式なオファーレターは一週間程度はかかりましたが、内定の速報は合格の場合には3日以内に来ていました。

貴方が補欠合格の場合には評価が高い候補者の内定受諾の連絡を待ってから合否の連絡がきますので、合格の場合でも連絡が遅くなります。

【内定受諾の期限】内定の受諾の可否の返事はいつすべき?

内定が出たら貴方が条件を受諾するか決める必要があります。

目安はオファー面談で条件を正式に書面で提示されてから3日~5日程度です。

条件が正式に書面で提示されていない場合には、貴方が内定受諾の判断をする情報が提供されていないので回答する必要はありません。

転職エージェントの意見だけでなく、貴方が入社後に活躍できるかを最優先に尊重して決めましょう。

私が内定に迷っていたときに確認すべきポイント→【転職で内定に迷う】やめたほうがいい?決断できない時の確認事項8つ

【合格のコツ】転職で最終面接に不合格を避ける3つの対策

最終面接の通過率を上げるには、3つのポイントを意識する必要があります。

書類選考と一次面接を通過しているという事は、企業が求めるスペックと職務経験は満たしています。

なので、会社との相性が良いと役員に思って貰えば内定は基本的に確認できます。

では、箇条書きで纏めていきます。

  1. 一次面接で回答した内容の整理
  2. 企業のホームページで先輩社員の紹介と役員の経歴を確認
  3. 直近の企業の業績と重視している項目を確認

では、個別に解説をしていきますね。

①一次面接で回答した内容を整理

一次面接で受けた質問と貴方の回答を整理しておきましょう。

最終面接の面接官は一次面接の面接官からの情報を踏まえて面接を実施します。

例えば、一次面接でチームプレーが得意なことが評価されて通過したとすれば、最終面接でもチームプレーが得意か確かめる質問がされることが想定されます。

なので、一次面接での貴方の回答をベースに、最終面接でも回答する必要があります。

逆質問の対策→【経理の逆質問はこれでOK】転職の面接で最後の質問におすすめな具体例8個

②先輩社員の紹介と役員の経歴を確認

最終面接の前に先輩社員と役員の経歴を企業のホームページで確認しておきましょう。

先輩社員の紹介で掲載されている人は、当然企業で採用された人なので企業が好む人材の把握に役立ちます。また、役員の経歴はその企業で出世した人材の特徴を掴むのに役立ちます。

私のおすすめは、先輩社員の仕事で意識しているポイントのコメントを参考として面接の回答に応用することです。

例えば、面接で自己紹介をするときに、私は×××(先輩社員のコメント)を意識して業務をしてますと最後に付け加えると、社風にあった人間になります。

小技ですが冒頭の自己紹介は注目されますので、貴方の印象が良くなり面接が和やかに進みます。

③直近の企業の業績と重視している項目の確認

役員は全体を見ていますので、業績や直近の企業が力を入れている項目を話題にします。

例えば、私が聞かれた質問は、【弊社の直近の業績が落ち込んだ主な理由は投資家の観点から考えると何だと思いますか?】です。

私は初めての転職の時に決算短信や企業のIRを事前に確認しておらず、苦笑いしかできずに落ちました。

なので、最低限度企業がホームページで発表しているIR情報には目を通しておきましょう。

【参考】自分の適職や相性が良い会社を科学的に調べてみる

自分の適職が何か気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるコンピテンシー診断をミイダスが提供しています。

自分の適職や上司との相性が分かって面白いですよ。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

適職診断については下記の記事でも纏めていますので良かったら見てくださいね。

【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

中途の最終面接の通過率の纏め

最終面接まで行けば、内定は目前です。

内定のオファーが出たら、貴方が企業を選ぶ立場に変わります。

なので、最終面接の対策をしっかりと行って多くの企業から内定を獲得しましょう。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に関するオススメな本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

スポンサーリンク

【経理に強み】履歴書・職務経歴書の添削サービス開始

経理や管理部門の経験を伝えたいと思いブログを開始して約1年が経過しました。

ブログも月3万PV超になり、転職に関する問い合わせを受ける機会も多くなりブログを開始して本当に良かった思っています。

お問い合わせを頂く項目で件数が多かった履歴書と職務経歴書の添削をココナラでサービスを開始しましたので良かったらご利用ください。

サービス提供を開始した背景

経理の採用活動を担当している時は、職務経歴書の完成度により書類選考の通過率に大きな影響を与えていることを感じました。

私が注意深く職務経歴書を3回程度読むと良い経験をしていると推定されるので面接をしたいと考えても、人事や他のメンバーに反対され泣く泣く不採用にしたケースもあります。

同じ経験をしていても書き方により、経理だけでなく経理経験がない人事や役員にも魅力が伝わる職務経歴書の書き方があり、書類選考の通過率を上げることができると考えます。

良いキャリアアップへのお手伝いできればと考えサービス提供を開始しました。

購入のメリット

1)利便性 今回の転職だけでなく、長く使える形式で職務経歴書を作成しますのでキャリアを考えた際には効果的な投資効果を得られると思います。

2)他サービスとの比較 通常のエージェントと違うのは、経理や管理部門で実際に勤務をしているので、経理や管理部門が欲しがる人材を熟知しているとこです。

また、キャリアカウンセラーとして優秀な方は多いと思いますが、経理や管理部門の専門性が高い業務内容を熟知した上でアドバイスできるキャリアカウンセラーは少ないです。

私自身は経理や管理部門を担当からTOPまで経験しているので、各ポジションに合わせた魅力ある職務経歴書の作成をお手伝いできます。

想定対象者

・経理や管理部門の書類選考に通らない方

・志望業界(企業)に合わせて職務経歴書を準備したい方

・職務経歴書に自信がない方

・企業側の面接官の視点を知りたい方

履歴書・職務経歴書併せて添削・作成します 【内定率UP】経理に強みがある人事責任者が企業目線で支援

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理の転職活動