経理の転職活動

【転職の面接で受かるサイン5つ】現役人事責任者が合格フラグを解説【対策も紹介】

転職の面接を受けた後に面接官の質問内容や行動の意味を考えて合格のサインだったか気になることがありますよね。

私は海外子会社で人事責任者を兼務しており、日本にいたときは経理部門として採用を担当しており面接も何度も担当しました。

合否の結果は面接中に悟られないように気を付けますが、正直に言えば無意識で質問内容や行動に差がつきます。

この記事では、転職の面接での合格サインを知りたい方に向けて、面接官が受かるときにするサインを紹介します。実際に面接官として採用面接の経験、また2回の転職の経験もあるのでお役に立てると思います。

では、纏めていきますね。

スポンサーリンク

【前提】転職の面接で面接官からの脈ありサインは無意識に出る

面接は客観的に人物評価をするため複数の人間で担当しますが、面接中に他の面接官が採用に前向きかは直ぐに分かります。

面接前に採用と不採用で質問を分けるなど明確な決まりはないですが、人間なので無意識に態度に出ますよ。面接時間の長さはその日のスケジュールにより依存するので長ければ合格ではないですよ。

好意がある異性と話すと普段と違う行動や言動をするのと同じ感覚です。

なので、多かれ少なかれ合格と不合格とで面接官の態度や質問内容は異なります。

面接で緊張する方におすすめな本→【緊張を取るのにおすすめな本5選】緊張を緩和する方法を解説した書籍を紹介【あがり症でも大丈夫】

【結論】転職の面接で面接官が出す受かるサイン5つ

早速ですが転職の面接で受かるサイン5つを紹介します。

まずは、箇条書きで纏めていきます。

  1. 職務経歴書の内容を深掘りをする
  2. 会社の良い所をアピールする
  3. 逆質問への回答が具体的で丁寧となる
  4. 入社後に関する質問が多い
  5. 貴方のキャリアに肯定的な意見をする

では、一つ一つ解説していきますね。

①職務経歴書の内容を深堀るする

候補者に興味があれば職務経歴書に記載してある内容を深堀りしていきます。

深掘り=貴方のことを良く知りたい!なので、職務経歴書の内容について具体的な説明を求められたら面接官が貴方に興味を持っている証拠です。

具体的には、職務経歴書の1つの項目につき数回の質問があると良い雰囲気で面接が進んでいると考えて差し支えないですよ。

面接官が興味を失った場合には同じ項目に複数質問することはなく、作業的に単発の質問をするので会話が盛り上がりません。

職務経歴書には面接官に質問をして貰えるための餌(エピソード)を、記載しておくと面接でも有利になりますよ。

職務経歴書対策におすすめサービス→【職務経歴書・履歴書の添削サービス】有料・無料ごとにおすすめを紹介

②会社の良い所をアピールする

最も分かりやすい合格のサインは、面接官が会社の良い所のアピールを開始したときです。

面接の後半になると面接官が質問ではなく、自社の良い所を語ることがありますよ。

例えば、下記のことを言い始めたら合格の可能性が高いです。

  1. 前職では残業が多かったとのことですが、弊社では残業は0に近い状態です
  2. ×××さんが希望する仕事は弊社でも担当することができます
  3. 給与はご希望の年収を満たせます。その他の福利厚生で家賃補助などがあるので、前職の年収からUPしますよ。

面接官は欲しい人材を見つけたときは、絶対に逃したくないという心理が働くので必死に会社の良い所をアピールします。

③逆質問への回答が具体的で丁寧となる

面接の最後に候補者から面接官に質問(逆質問)をする機会が与えらます。

逆質問は全ての候補者に与えられますが、合格者と不合格者では企業側の回答内容が異なりますよ。

合格者からの質問には具体的に丁寧に回答をしますが、不合格者には一般的な内容しか回答をしません。

例えば、今回の募集の背景を教えてください。と逆質問を受けた場合には

  • 合格者の場合:理由→欲しい人材の人物像→入社後に担当して貰いたい仕事
  • 不合格者の場合:理由のみ回答

合格者の場合には理由だけでなく、入社後に期待していること・入社後に担当する仕事がイメージできるように回答をします。しかし、不合格者の場合には入社する予定がないので、入社後のことは回答せず質問にだけ答えます。

逆質問をしたときに企業が質問に対する回答だけでなく、補足説明もしてきたら合格の可能性が高いですよ。

なお、逆質問の段階で99%合否は決まっており、逆質問で逆転することは基本的にないです。

④入社後に関する質問が多い

面接官の質問内容に【入社したとしたら×××】という質問が増えたら、合格の可能性が高いです。

例えば、

  1. 入社したとしたら×××の業務を担当して貰いますが大丈夫ですか
  2. 入社して数年たったら海外駐在の可能性もありますが大丈夫ですか
  3. 入社後は管理職を目指してもらいたいと考えていますが、マネジメントに興味はありますか

面接官はスキルや人柄が合格だった場合には、応募要件を満たしているかの再確認をします。優秀な人材なので採用に前向きだが、念のためお互いに認識に誤解がないかを確かめるのが目的です。

基本的にはYES or NOで回答できる質問をして、企業として譲れない条件を満たしているか確認をしますよ。

求人票に記載してある応募要件の再確認なので、YESと回答をすれば問題ありません。

⑤貴方のキャリアに肯定的な意見をする

職務経歴書に関する内容に肯定的な意見だと合格の可能性が高いです。

例えば、下記のようなコメントを面接官がしたら貴方のスキルを高く評価しています。

  1. 職務経歴書に記載されている×××の経験は弊社の業務でも活かせると思います。
  2. 職務経歴書に記載されている×××の経験がある方を弊社は探しています
  3. 職務経歴書に記載されている×××の経験をした人材は貴重ですよね

キャリアに肯定的=欲しいスキルを持った人材となりますので、合格の可能性が高くなります。

【参考】面接に合格するためにすべきこと

面接の結果が気になるとは思いますが、次の面接のために準備をしておくことをおすすめします。

面接に合格するためには、下記の3つのポイントを意識して対策しましょう。

  1. 場慣れをして緊張を緩和すること
  2. 職務経歴書の内容と面接での回答に一貫性を持つこと
  3. 志望企業のHPや担当の転職エージェントからの情報に基づき志望動機を作成すること

志望動機の作成は苦手とする方が多いですが、転職エージェントに聞くと一緒に志望動機を作成してくれますよ。

また、面接は場数に慣れることも大切なので、模擬面接で場慣れして本来の実力を出せるようにしておきましょう。

【サポートが手厚い】面接対策におすすめな転職エージェント

転職エージェントは得意とする年齢や性別が異なりますので、迷ったら下記の区分に従ってサポートを依頼しましょう。

<初めての転職におすすめな転職エージェント>

エージェント種類オススメなポイント体験談
リクルートエージェントリクルートエージェントは求人数No.1
非公開求人の紹介、転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。
【リクルートエージェントの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説します
パソナキャリアはじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートします。
創業40周年を迎えるパソナグループでは、創業時から女性の就労支援をおこなってきたノウハウを基にした女性への転職支援が得意。
【パソナキャリアの特徴】体験談と評判からメリットとデメリットを解説
マイナビジョブ20's人材サービスを幅広く扱うマイナビの中でも、20代を専門としているのは『マイナビジョブ20's』のみです。
マイナビの情報網を活かしつつも、20代という若年層に特化しているからこその強みがあります。
通常の転職サイトでは掲載されていないような"非公開求人"が80〜90%を占めています。
※マイナビエージェントの体験談を参照

有料・無料のおすすめの転職面接対策サービス→【転職の模擬面接】面接対策サービスを有料・無料ごとにおすすめを紹介

【参考】自分の適職を科学的に調べてみる

自分の強みや適職が気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるプログラムがあります。

コンピテンシー診断は、ミイダスが提供する無料の自己分析プログラムです。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

仕事の価値観診断の纏め→【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

転職の面接で受かるサインの纏め

転職の面接で受かるサインは人間である限り共通していますよ。

私が面接に合格したときは、入社したときのメリットを面接官に熱く語られることが多かったです。

面接の結果が気になるとは思いますが、面接対策も行い内定率を上げていきましょう。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に関するオススメな本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

スポンサーリンク

【経理に強み】履歴書・職務経歴書の添削サービス開始

経理や管理部門の経験を伝えたいと思いブログを開始して約1年が経過しました。

ブログも月3万PV超になり、転職に関する問い合わせを受ける機会も多くなりブログを開始して本当に良かった思っています。

お問い合わせを頂く項目で件数が多かった履歴書と職務経歴書の添削をココナラでサービスを開始しましたので良かったらご利用ください。

サービス提供を開始した背景

経理の採用活動を担当している時は、職務経歴書の完成度により書類選考の通過率に大きな影響を与えていることを感じました。

私が注意深く職務経歴書を3回程度読むと良い経験をしていると推定されるので面接をしたいと考えても、人事や他のメンバーに反対され泣く泣く不採用にしたケースもあります。

同じ経験をしていても書き方により、経理だけでなく経理経験がない人事や役員にも魅力が伝わる職務経歴書の書き方があり、書類選考の通過率を上げることができると考えます。

良いキャリアアップへのお手伝いできればと考えサービス提供を開始しました。

購入のメリット

1)利便性 今回の転職だけでなく、長く使える形式で職務経歴書を作成しますのでキャリアを考えた際には効果的な投資効果を得られると思います。

2)他サービスとの比較 通常のエージェントと違うのは、経理や管理部門で実際に勤務をしているので、経理や管理部門が欲しがる人材を熟知しているとこです。

また、キャリアカウンセラーとして優秀な方は多いと思いますが、経理や管理部門の専門性が高い業務内容を熟知した上でアドバイスできるキャリアカウンセラーは少ないです。

私自身は経理や管理部門を担当からTOPまで経験しているので、各ポジションに合わせた魅力ある職務経歴書の作成をお手伝いできます。

想定対象者

・経理や管理部門の書類選考に通らない方

・志望業界(企業)に合わせて職務経歴書を準備したい方

・職務経歴書に自信がない方

・企業側の面接官の視点を知りたい方

履歴書・職務経歴書併せて添削・作成します 【内定率UP】経理に強みがある人事責任者が企業目線で支援

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理の転職活動