社会人の勉強方法

【税理士試験の財務諸表論の勉強方法】コツを掴めば理論も難しくない【合格体験記】

税理士試験の財務諸表論は初回で簿記論と同時に受験する方が多い科目ではないでしょうか。

私は働きながら簿記論と財務諸表論を同時に受験して合格をしましたが、初めは理論の勉強方法に戸惑いました。

財務諸表論の計算は簡単なので、理論対策をしっかりと行えば合格は難しくありませんよ。

この記事では、税理士試験の財務諸表論を受験する方に向けて、合格するための勉強方法のコツをお伝えします。実際に働きながら簿記論と財務諸表論を1年で合格した私と友人の合格体験談ベースなので、勉強方法に迷っている方のお役に立てると思います。正しい努力をして合格を勝ち取りましょう。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【大前提】税理士試験の財務諸表論の合格に必要な勉強時間を把握する

まずは合格するために必要な勉強時間を把握することが大切です。

合格レベルに達するまでの目安の時間が分からなければ、勉強計画を立案できません。

友人と私の予備校の模試の成績と勉強時間を参考にした合格確率は、下記のラインになります。

  • 勉強時間300H未満 :合格確率0%~10%
  • 勉強時間400H~500H:合格確率10%~30%
  • 勉強時間500H~600H:合格確率30%~50%
  • 勉強時間600H~700H:合格確率50%~70%
  • 勉強時間700H~800H:合格確率70%~80%
  • 勉強時間800H~1000H:合格確率80%~90%

私と友人は700H~900H 程度で合格しました。

予備校には本番環境を想定した模試があります。そして、模試の得点により上位何%と表示されますので、模試時点の大まかな合格確率が分かります。

友人は勉強時間が700H を超えた辺りから上位20%を下回ることはほとんどなかったので、勉強時間700Hが消費税法の勉強を網羅できるラインとなります。

合格確実を目指したい方は勉強時間700Hを目安とすると良いかと思います。

私は簿記論と財務諸表論を同時に受験して1200Hで簿財の両方に合格でした。財務諸表論の計算は簿記論で8割程度は学習できるので、理論と計算の表示方法を中心に500H程度の勉強時間でした。簿記論を同時に学習していなければ200H程度は追加で必要になったと思います。

友人は財務諸表論のみを受験して900H程度の勉強時間で合格をしていました。

【参考】税理士試験におすすめなボールペン

税理士試験は時間との戦いです。

本試験は勿論ですが、模試や答練でも素早く解答用紙に文字や数値を記入する必要があります。

なので、ボールペンは自分にあったものを見つけておくことをおすすめします。

税理士試験におすすめなボールペン→【社会人の勉強におすすめなボールペン】税理士試験で10年間試しました

【結論】税理士試験の財務諸表論の合格のコツ8つ

税理士試験 消費税法 勉強方法

では、早速ですが税理士試験の財務諸表論の合格のコツを8つ紹介します。

まずは、箇条書きで紹介をしますね。

  1. 財務諸表論の受験前に日商簿記2級の学習をすべき
  2. 簿記論と財務諸表論は同時に受験がおすすめ
  3. 税理士試験の財務諸表論の予備校はTACがおすすめ
  4. 財務諸表論の計算は最低40点を目指す
  5. 財務諸表論の計算は総合問題を繰り返し解く
  6. 財務諸表論の理論は重要語句から覚える
  7. 財務諸表論の理論対策に専門書は不要
  8. 過去問は12月に1度は解いてみる

では、一つ一つ解説していきますね。

①財務諸表論の受験前に日商簿記2級の学習をすべき

税理士試験の簿記論と財務諸表論を受験する前に日商簿記2級を学習することをおすすめします。

税理士試験の簿記論と財務諸表論は少なくとも日商簿記2級の3倍程度は難しいです。

日商簿記2級を学習して簿記が難しいと感じた場合には、税理士試験の簿記論と財務諸表論を合格するのに非常に苦労します。

税理士試験の簿記論と財務諸表論を予備校で学習すると20万円以上の費用が掛かるので、自分の適性を考える上でも日商簿記2級の受験をお勧めします。

また、日商簿記2級で学習することの60%は簿記論と財務諸表論の学習で役立つので、勉強して損はありませんよ。

日商簿記1級は難易度も高く簿記論と財務諸表論を合格するのと同程度の労力が必要なので、特別な事情が無ければ事前に学習する必要はありません。

<日商簿記2級のおすすめテキスト&問題集>

<日商簿記3級のおすすめテキスト&問題集>

②簿記論と財務諸表論は同時に受験がおすすめ

簿記論を合格済みの方はこの項目は無視をしてください。

簿記論と財務諸表論は学習内容が被る部分が多いので、同時に受験することをおすすめします。簿記論の学習が完了していれば、財務諸表論の計算は予備校の授業を聞いて総合問題集を繰り返し解けば合格します。

しかし、簿記論と財務諸表論を同時に学習して両科目とも中途半端な学習状態では両方とも不合格となってしまいます。

簿記論と財務諸表論を同時に受験する人の目安は、受験日迄に1000~1200H程度の勉強時間を確保することができる人です。

もし、1000H未満の勉強時間しか確保できない場合には、簿記論から学習することをおすすめします。

平日のおすすめ勉強方法→【毎日2時間の勉強は社会人でもできる】平日に勉強する5つのコツを紹介

③税理士試験の財務諸表論の予備校はTACがおすすめ

税理士試験の財務諸表論を独学で勉強することは、著しく不効率です。

予備校は大手ではTACと大原がありますが、私は確実に合格したい場合にはTACをおすすめします。

TACは学習範囲は大原より広い上に、条文に忠実なので会計基準の理論暗記が難しく最初は苦労します。

しかし、TACベースで学習すれば試験範囲をほぼマスターできます。

比較のために大手予備校の1つである大原に無料資料請求をしてみるのもおすすめです→高い合格実績で選ぶなら資格の大原 税理士講座

TAC受験生も大原の直前対策の模試は受ける

財務諸表論を確実に合格したいならTAC受験生は5月になったら、大原の直前対策で模試を受けましょう。

大原が重点的にマークしている論点も、大原の直前対策を受験すれば対策できます。

TACと大原で対策していない問題が本試験で出題されても、ほとんどの受験生が得点できません。

なので、その問題は没門になり合否に大きな影響を与えません。

TACと大原で扱う論点を完璧にマークすれば、絶対に合格できます。

④財務諸表論の計算は最低40点を目指す

財務諸表論の計算は簿記論と異なり平易な問題が多いので安定的に点数が取りやすいです。

財務諸表論を合格するための基本戦略は計算で高得点(最低40点、目標45点)を確保して、理論でミスをしても逃げ切れる体制を作ることです。

計算は簿記論が合格レベルに達している受験生であれば、40点を取ることは難しくありません。

財務諸表論の計算は同じ形式の問題が繰り返し出題されるので、パターンを覚えればGW前には本試験の問題も解けるようになります。

実は財務諸表論は理論で勝負ではなく、計算の出来で勝負がつきます。

なので、細かい理論を覚えるのではなく、最優先事項は計算でミスなく安定的に点数を確保することを意識しましょう。

⑤財務諸表論の計算は総合問題を繰り返し解く

財務諸表論の計算を40点以上とる方法はシンプルです。

総合問題を繰り返し解いて分からない部分を潰すだけです。

おすすめ勉強方法は、1月1日から下記の総合問題を1日1題解くことです。

  • TACの模試
  • 大原の模試
  • TACの市販問題集
  • 大原の市販問題集
  • 過去問

初めは基礎的な総合問題集から開始をしてGW前には過去問を解けるレベルに達していれば、GW明けに始まる予備校の模試で計算は上位20%を確実に確保できます。

財務諸表論に合格できるかは、計算をGW前に本試験レベルに到達させて、理論暗記の時間を直前に確保することが重要です。

なので、早めに総合問題を解いて本試験の問題形式に慣れていきましょう。総合問題で分からない部分があれば、テキストを参照してその都度潰していけば、徐々に弱点は減っていきますよ。

<総合問題 基礎編>

⑥財務諸表論の理論は重要語句から覚える

財務諸表論の理論は、最終的には会計基準を暗記する必要がありますが、最初から全てを覚えようとすると挫折します。

なので、最初は財務諸表論の重要語句と意味を理解するようにしましょう。

理論暗記の大まかなスケジュールは下記の通りです。

  • 年内:重要語句の暗記
  • GW前:会計基準の結論を暗記
  • 直前期:模試で出題された理論を暗記

TACと大原で出題された理論は、合格レベルの受験生は必ず本試験迄に覚えて来るので暗記が必須となります。

なので、直前期に予備校の模試が始まる前までには、理論の基礎的な部分は完成させることをおすすめします。

<重要語句&会計基準の結論を暗記>

⑦財務諸表論の理論対策に専門書は不要

財務諸表論の理論対策に税理士試験以外の専門書は不要です。

財務諸表論の理論対策はTACと大原のテキスト&市販問題集を完璧にすれば必ず受かる実力が付くように設計されています。

専門書は税理士試験には出題されない無駄な箇所が多く記載されており、税理士試験対策の観点からは効率が悪いです。

もし専門書を利用するとすれば予備校のテキストだけで会計基準の意味が理解できないときに、専門書で該当項目を参照する程度で十分です。

私が辞書の代わりに使用をしていた専門書を紹介しますが、時間が溶けるので深入りは禁物です。

<会計専門書>

⑧過去問は12月に1度は解いてみる

過去問は基礎論点の勉強が終わった後に、1度は解いてみることをおすすめします。

12月に解く段階では全く解けなくても問題ありません。本試験の形式や難易度を把握することが大事です。5月には過去問レベルが解けるようになっていると理想的です。

過去問を解くことで、最終的なゴールが明確になるので勉強計画の見直しを行いやすくなります。

【適職診断】税理士に向いているか科学的に調べてみる

税理士に向いているか気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるプログラムがあります。

コンピテンシー診断は、ミイダスが提供する無料の自己分析プログラムです。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

適職診断について→【自分の価値観の見つけ方】仕事の価値観診断で働きやすい会社も分かる

税理士試験の財務諸表論の勉強方法のコツの纏め

税理士試験の財務諸表論は計算が平易なので取り組みやすい科目です。

また、理論も税法科目ほどのボリュームはないので、直前期までに大方は暗記することができます。

財務諸表論は運よりも努力が確実に反映される科目なので、勉強した分だけ合格に近づきますよ。

効率的な勉強方法を探している方におすすめな本があります。様々な観点から100の効率的な勉強方法を紹介しているので、自分にピッタリな勉強方法を見つけることができます。真似できる箇所から実践して自分のオリジナル勉強方法を編み出してみませんか。気になる方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

Amazonの本が無料で読めるサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間無料で本を読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

効率的な勉強方法のヒントとなる本→【社会人が勉強のやる気UPに繋がる本5選】勉強方法を工夫してモチベーションを上げよう

ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-社会人の勉強方法