経理の転職活動

【銀行から経理の転職】がおすすめ理由3つ【志望動機と自己PRの例文も紹介】

銀行から一般企業の経理に転職をしている人は多いのではないでしょうか。

実際に勤め先でも銀行から経理に転職をした方や、面接や書類選考で銀行出身の方々とお会いすることは多々あります。

銀行から経理に転職をした方々とは個人的には相性が良く話す機会が多いので銀行から経理に転職をして良かったことを聞いてみました。

この記事では、銀行から経理に転職を検討をしている方に向けて、一般企業の経理がおすすめ理由を紹介します。また、実際に経理の採用担当をしていた経験から、印象が良かった志望動機と自己PRの例文も解説をしますので転職を検討している方のお役に立てると思います。

では、纏めていきますね。

スポンサーリンク

【前提】銀行から経理に転職したい理由を考えてみる

銀行から経理に転職をする前にまずは本心で銀行から経理に転職をしたい理由を考えてみるのがおすすめです。

銀行から経理に転職したい理由を明確にすることで、自分が転職先の企業に何を求めているかがはっきりとします。

例えば、銀行から経理に転職する理由が下記の理由であれば銀行から経理に転職することによって目的は達成できますよ

  1. ワークライフバランスを整えたい
  2. 過度なストレスから解放されたい
  3. 転勤の可能性を少なくしたい
  4. 顧客対応をしたくない
  5. 専門的な知識を身につけたい

しかし、下記の理由であれば経理に転職をしても目的を達成することは難しいです。

  1. 転職でいきなり高年収を確保したい
  2. 一人で黙々と仕事をしたい
  3. 仕事関連の勉強を一切したくない

銀行から経理に転職をするときに気を付けたいポイントは転職で高年収は得られないことです。

経理の転職で高年収を得るには高度な実務経験(例:連結決算など)を有している必要があり、未経験で転職をする場合には高年収は確保することは難しいでしょう。

経理で高年収を得るには市場価値が高い業務をコツコツと経験する必要がありますよ。

【宣伝】経理のキャリア相談を承ります

経理のキャリアは多種多様なプランがありどの道を目指すかで優先して経験・勉強すべきことは異なります。

例えば、

  1. 年齢
  2. 将来経理以外の職種につきたいか
  3. マネジメントをしたいか
  4. 制度会計、税務、管理会計、財務、原価計算のどれを武器とするか
  5. 未経験から経理になるには何をしたら良いか

貴方が置かれている状況をヒアリングして、貴方に最適なキャリアプランをアドバイスさせていただきます。

また、キャリアに関する質問にも回答させていただきますよ。

ココナラで体験談をもとにキャリア相談を承っていますので良かったらご利用ください。→経理のキャリアアップ 経理の転職相談を承ります

【結論】銀行から経理への転職がおすすめの理由3つ

では、銀行から経理に転職におすすめな理由を解説していきます。

まずは、箇条書きで紹介しますね。

  1. 銀行から経理の転職は未経験でも採用されやすい
  2. 銀行で勉強したことは経理で役立つ
  3. 銀行出身の経理は出世をしやすい

では、一つ一つ解説していきますね。

①銀行から経理の転職は未経験でも採用されやすい

銀行出身者と他の業界の出身者が同じ程度の評価(甲乙つけがたい)ときは、銀行出身者を採用9割型採用をします。

経理は銀行出身者と接する機会も多く銀行員の実力をある程度は理解しており、役員・部長クラスには銀行出身者もいます。また、銀行で厳しいマナーや基礎的な経理知識を学び、銀行の厳しい選考をフローをくぐり抜けて採用されたので、【何となく】活躍してくれる安心感があります。

【何となく】の安心感はとても大事で、転職をするときの最後の決め手は【何となく】活躍してくれそうと面接官の全員が思えることです。

銀行出身者は【何となく】の安心感を無条件で得られことは、他の候補者よりも圧倒的に有利です。

銀行出身者で落ちるパーターンは大く分けて3つです。

  1. 採用枠が1名で他に圧倒的に優秀な候補者がいる
  2. 銀行出身者が書類選考や面接で大きなミスをする
  3. 社風に合わないと判断される

上記に当てはまらなければ、銀行出身者は内定を得られますので銀行出身者は経理に採用されやすいですよ。

銀行から経理への転職が不安であれば、経理の転職に強い転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

経理に強い転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

②銀行で勉強したことは経理で役立つ

銀行は様々な資格を取ることが事実上義務付けられているため、銀行の業務に関連する知識が身につきます。

例えば、

  1. 財務諸表に関する基礎知識
  2. 簿記に関する基礎知識
  3. 融資(企業に関する貸付)に関する知識

上記の知識は経理で業務をする上でも役立つ知識です。

特に銀行員は企業の財務諸表を読む機会が多いので、財務諸表の読み方や分析の仕方を理解しているのが強みとなります。

経理で活躍するための必須知識は【財務諸表を読めること】と言っても過言ではない程、財務諸表に関連した知識は重要です。

また、銀行出身者は勉強癖がある程度ついているので、経理関連の知識も自主的に勉強する方が多く直ぐに戦力になります。

銀行出身者は経理業務に早く馴染めるので未経験者からの転職でもおすすめできます。

③銀行出身の経理は出世をしやすい

出向でなくても若手で銀行から経理に転職をした方が、社内で出世して部長や役員クラスとなることは多々あります。

銀行出身者が社内で出生が有利になる理由は主に3つです。

  1. 管理部門の役員クラスに銀行出身者が多い
  2. 銀行出身者は経理以外の経験に強みがある(例:調整業務やプレゼン)
  3. 銀行での勉強習慣を継続すれば経理の専門知識が身に付く

銀行出身者は銀行でやっていたことを継続すれば、自然と出生できることが多いですよ。

勿論、出世を狙わずにまったりと働くことも可能ですが、銀行ほど努力しなくてもCFOや子会社社長を狙えますよ。メガバンクの支店長クラスと比較すれば給与は低いことが多いですが、プライム上場企業の管理職になれば800万円前後には到達します。

ワークライフバランスを整えながら出世を狙いたい方には経理はおすすめです。

CFOを目指す人におすすめな本→【CFOを目指す人におすすめな本5選】経理のキャリアが学べる書籍を紹介

【対策】銀行から経理に転職の志望動機と自己PRの例文

銀行から経理に転職をするときにおすすめな志望動機と自己PRの例文を紹介します。

銀行出身者は奇抜(他人と無理矢理差別化したような)な志望動機と自己PRを作る必要はなく、面接官に【成程ね】と納得感を与える程度で十分ですよ。

奇抜な志望動機や自己PRは経理では好まれませんので、失点が少ない志望動機と自己PRを作成することをおすすめします。

【例文】銀行から経理に転職の志望動機

銀行から経理に転職の志望動機は、自分の業務から経理に転職にしたい理由を述べるのが納得感が高いです。

例えば、

銀行では融資業務の過程で多数の財務諸表を確認・分析をする業務を担当していました。財務諸表の読み方や分析の仕方を学んでいるうちに、財務諸表がどのように企業で作成されているかに興味を持ちったのが経理に転職をしたいと思ったのがきっかけです。銀行で学んだ知識を活かして、一般企業の経理で実際に手を動かしながら財務諸表を作成してみたいと思い転職活動を開始しました。

【銀行ではできない業務がある→だから経理に転職する】という流れにすると経理の志望動機が自然に作成できますよ。

有料・無料のおすすめの職務経歴書の添削サービス→【職務経歴書・履歴書の添削サービス】有料・無料ごとにおすすめを紹介

【例文】銀行から経理に転職の自己PR

銀行から経理に転職の自己PRは、銀行で勉強を頑張った結果を踏まえて作成すると面接官にアピールできますよ。

例えば、

継続的に勉強をすることが得意です。銀行では業務に関連した資格の取得を義務付けられており入社後に×××個の資格を取りました。また、社内で義務付けられている資格だけでなく、×××に関連する事項も自主的に勉強をして×××に役立てました。御社に入社した後も継続的に勉強をしたいと考えており、入社後は×××の資格を取得したいと思います。

経理は勉強が好きな努力家を好むことが多いので、勉強好きは経理の転職の際にはアピールになります。

【参考】自分の適職を科学的に調べてみる

自分の強みや適職が気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるプログラムがあります。

コンピテンシー診断は、ミイダスが提供する無料の自己分析プログラムです。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

仕事の価値観診断の纏め→【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

銀行から経理がおすすめな理由の纏め

銀行から経理に転職をする人は近年増えてきています。

銀行で得た知識は経理でも活かすことができますので、銀行でのキャリアも無駄にはなりません。

経理はワークライフバランスを整えながら、ある程度は稼げますのでおすすめですよ。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に関するオススメな本は下記に纏めていますので良かったら見て下さいね。

【転職に役立つおすすめな本と漫画】20代・30代に読んで欲しい

スポンサーリンク

【経理に強み】履歴書・職務経歴書の添削サービス開始

経理や管理部門の経験を伝えたいと思いブログを開始して約1年が経過しました。

ブログも月3万PV超になり、転職に関する問い合わせを受ける機会も多くなりブログを開始して本当に良かった思っています。

お問い合わせを頂く項目で件数が多かった履歴書と職務経歴書の添削をココナラでサービスを開始しましたので良かったらご利用ください。

サービス提供を開始した背景

経理の採用活動を担当している時は、職務経歴書の完成度により書類選考の通過率に大きな影響を与えていることを感じました。

私が注意深く職務経歴書を3回程度読むと良い経験をしていると推定されるので面接をしたいと考えても、人事や他のメンバーに反対され泣く泣く不採用にしたケースもあります。

同じ経験をしていても書き方により、経理だけでなく経理経験がない人事や役員にも魅力が伝わる職務経歴書の書き方があり、書類選考の通過率を上げることができると考えます。

良いキャリアアップへのお手伝いできればと考えサービス提供を開始しました。

購入のメリット

1)利便性 今回の転職だけでなく、長く使える形式で職務経歴書を作成しますのでキャリアを考えた際には効果的な投資効果を得られると思います。

2)他サービスとの比較 通常のエージェントと違うのは、経理や管理部門で実際に勤務をしているので、経理や管理部門が欲しがる人材を熟知しているとこです。

また、キャリアカウンセラーとして優秀な方は多いと思いますが、経理や管理部門の専門性が高い業務内容を熟知した上でアドバイスできるキャリアカウンセラーは少ないです。

私自身は経理や管理部門を担当からTOPまで経験しているので、各ポジションに合わせた魅力ある職務経歴書の作成をお手伝いできます。

想定対象者

・経理や管理部門の書類選考に通らない方

・志望業界(企業)に合わせて職務経歴書を準備したい方

・職務経歴書に自信がない方

・企業側の面接官の視点を知りたい方

履歴書・職務経歴書併せて添削・作成します 【内定率UP】経理に強みがある人事責任者が企業目線で支援

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理の転職活動