経理におすすめな本

【出世したい人におすすめの本】社内の役員と部長に役立つ書籍を聞いてみた

出世したいと思ったら、既に出世をしている人の行動を真似るのが1番効率的です。

出世する人の共通点としては、本を読んで自己研鑽をしている人がとても多いことです。

仕事で成果を出すためには、仕事を闇雲に頑張るのではなく、本を読んで【正しい】仕事のやり方を覚えることが大切ですよ。

この記事では、出世したい方に向けて出世に役立つ知識が詰まった本を紹介します。上場企業の役員や部長に勧められて読んでみた本なので、仕事に役立つ知識が詰まっていますよ。私も実際に本を読んで勉強した成果もあり海外駐在が決定したので、本を読むメリットはありました。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【前提】出世には運もあるが出世のための勉強は転職で活かせる

本を読んだり勉強して資格を取得しても、必ずしも出世するとは限りません。

仮に同期の全員がとても優秀な人材が集まっていたら、ポストは限られているので、出世競争は非常に厳しくなります。

出世には運が伴いますが、出世のために貴方が身につけた知識やスキルは転職でも活かせます。

なので、将来年収を上げたいと思っている方は、出世のために本を読むことは決して無駄になりませんよ。

【参考】出世が遅れたら原因を考えてみる

仕事を頑張っているのに評価されないと悩んでいたら、一度立ち止まって原因を考えてみてはいかがでしょうか。

具体的には評価されない原因は【自責】と【他責】に区分されます。

【自責】の場合には改善が可能ですが、【他責】の場合には会社に原因があるので自分では改善ができません。

なので、【他責】の場合には転職を検討するのがおすすめです。

【自責】と【他責】の分析方法は下記の記事を参考にしてみてください。タイトルは経理向けですが、全部門に共通して使える考え方ですよ。

仕事が評価されない場合の改善方法→【経理の仕事が評価されない?出世できない?】原因と改善方法を提案します

【おすすめ】出世したい人に読んで欲しいおすすめの書籍5選

では、おすすめ書籍を纏めていきます。

まずは箇条書きで紹介します。

  1. 失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織
  2. AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
  3. 異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養
  4. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  5. 悪いヤツほど出世する (日経ビジネス人文庫)

では、一つ一つ解説していきますね。

失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織 

<内容>

あらゆる業界を横断し、失敗の構造を解き明かして解説しています。本書を読めば失敗の構造を理解して再発の防止ができますよ。

<実際に読んでみて>

ミスを分析して再発防止するのは仕事の基本ですが、1番難しいことでもあります。失敗の事例を沢山取り上げていて面白いです。失敗を糧に成長したい方にはおすすめ本です。

AI分析でわかった トップ5%社員の習慣 

<内容>

「できる社員は何をしているのか」が 具体的に解説されています。本書を読めば明日から真似できる仕事術が身につきますよ。

<実際に読んでみて>

トップ5%に入るのは難しいと思いますが、本書に記載されている小さなことの積み重ねを忘れずに実践するだけです。本を読んで理解するだけでなく、しっかりと本の内容に基づいて行動することで周りの目が変わっていきます。若手サラリーマンの仕事術としておすすめの本です。

異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養 

<内容>

ビジネス現場で実践できる異文化理解ツール「カルチャーマップ」の極意をわかりやすく解説しています。本書を読めば文化が違う相手との接し方が理解できます。

<実際に読んでみて>

実際に現地の人と仕事をしてみて思うのは、言語よりも文化の違いが問題となります。本書は文化が違うもの同士のコミュニケーションを促進する方法が述べられています。グローバル企業で働いている方にはおすすめの本です。

苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」

<内容>

USJ復活の立役者が教える「自分をマーケティングする方法」を解説しています。本書を読めば自分のブランドの作り方が理解できます。

<実際に読んでみて>

終身雇用の時代も終わり、個人としてのブランド作りが重要になった近年の働き方の本質を解説しています。会社に頼らずに自分でキャリアを開拓したい方にはおすすめの本です。

悪いヤツほど出世する

<内容>

スタンフォード大学の著名研究者が、豊富なデータ、経営学や心理学などの知見から「理想のリーダー論」を論じています。本書を読めば組織で生き抜くための仕事術を理解できます。

<実際に読んでみて>

仕事においては優し過ぎる人は損をします。その理由が本書を読めば明らかになりますよ。組織は綺麗事ばかりではないので、実際に出世した人のリアルな特徴を知りたい方にはおすすめです。

【参考】自分と相性が良い上司のタイプを調べてみる

出世 本

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて相性が良いタイプの上司を判定してくれるプログラムがあります。

コンピテンシー診断は、ミイダスが提供する無料の自己分析プログラムです。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、相性が良い上司のタイプ、性格や職務適性を詳細に分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【上下関係適性】です。

私は部下の立場であれば自主判断型なので、権限移譲型の上司と相性が良いとの判定です。実際に自分のペースで業務を進めるのが好きなので、診断は当てはまりましたよ。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

コンピテンシー診断の信頼性について

コンピテンシー診断が便利なのは理解したが、信頼できるか?という疑問はあるかもしれません。

まず、コンピテンシー診断の定義は下記の通りです。

あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、 ビジネスマンとしてのあなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できます。

ミイダスのコンピテンシー診断は下記の通り賞も受賞しており十分に診断結果に信頼性があります。

「日本の人事部 HRアワード2019 プロフェッショナル人材採用・雇用部門」の最優秀賞を受賞

今の仕事に向いているかに困っていたらミイダスのコンピテンシー診断を利用してみて下さいね。

仕事の価値観診断→【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

出世したい人におすすめな本の纏め

出世するには業務に関連する知識だけでなく、マネジメント能力など業務以外の知識も必要となってきます。

管理職になった後に学習しようとすると、大事な管理職1年目に失敗をしてしまうかもしれません。

なので、出世したい人は管理職になる前に、出世に必要な知識を蓄えておきましょう。

一番のおすすめは失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織です。本書は失敗を分析をして学ぶ手法を解説しているので、万人に役立つ知識が学べますよ。

スポンサーリンク

【経理に強み】履歴書・職務経歴書の添削サービス開始

経理や管理部門の経験を伝えたいと思いブログを開始して約1年が経過しました。

ブログも月3万PV超になり、転職に関する問い合わせを受ける機会も多くなりブログを開始して本当に良かった思っています。

お問い合わせを頂く項目で件数が多かった履歴書と職務経歴書の添削をココナラでサービスを開始しましたので良かったらご利用ください。

サービス提供を開始した背景

経理の採用活動を担当している時は、職務経歴書の完成度により書類選考の通過率に大きな影響を与えていることを感じました。

私が注意深く職務経歴書を3回程度読むと良い経験をしていると推定されるので面接をしたいと考えても、人事や他のメンバーに反対され泣く泣く不採用にしたケースもあります。

同じ経験をしていても書き方により、経理だけでなく経理経験がない人事や役員にも魅力が伝わる職務経歴書の書き方があり、書類選考の通過率を上げることができると考えます。

良いキャリアアップへのお手伝いできればと考えサービス提供を開始しました。

購入のメリット

1)利便性 今回の転職だけでなく、長く使える形式で職務経歴書を作成しますのでキャリアを考えた際には効果的な投資効果を得られると思います。

2)他サービスとの比較 通常のエージェントと違うのは、経理や管理部門で実際に勤務をしているので、経理や管理部門が欲しがる人材を熟知しているとこです。

また、キャリアカウンセラーとして優秀な方は多いと思いますが、経理や管理部門の専門性が高い業務内容を熟知した上でアドバイスできるキャリアカウンセラーは少ないです。

私自身は経理や管理部門を担当からTOPまで経験しているので、各ポジションに合わせた魅力ある職務経歴書の作成をお手伝いできます。

想定対象者

・経理や管理部門の書類選考に通らない方

・志望業界(企業)に合わせて職務経歴書を準備したい方

・職務経歴書に自信がない方

・企業側の面接官の視点を知りたい方

履歴書・職務経歴書併せて添削・作成します 【内定率UP】経理に強みがある人事責任者が企業目線で支援

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理におすすめな本