社会人の勉強方法

【運動用ワイヤレスイヤホン】価格別におすすめのイヤホンを紹介【2022年度版】

サイクリングやジョギングでお気に入りの曲を聴きながら運動をしたいと思う方は多いのではないでしょうか。

私はジョギングやウオーキングが好きですが、運動するときはロックを聴きながらノリノリで動いています。

そして、イヤフォンに嵌りコスパ抜群のワイヤレスイヤホンから、高級ワイヤレスイヤフォンまで色々と試してみました。

この記事では、運動用のワイヤレスイヤホンの購入を検討している方に向けて、価額別に運動に合うイヤホンを紹介します。実際に私が試して率直に音や運動時の機能が良いと思ったものを私的ランキング形式でお伝えします。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【前提】運動用のワイヤレスイヤホンの選び方

まずは運動用のワイヤレスイヤホンの選び方を紹介します。

私は運動用のワイヤレスイヤホンは下記のポイントをチェックをしてました。

  • ワイヤレスイヤホンが運動中に外れないか
  • 汗や小雨などに備えて防水機能はあるか
  • 連続再生時間

上記を重視をして、なるべく音質が良いワイヤレスイヤホンの名機を探し求めていました。

ご紹介するワイヤレスイヤホンは運動用なので全て防水機能が付いているものを選んでいます。

良かったら運動用のイヤホンの参考にしてみてくださいね。

【参考】音楽は運動を楽に感じる効果がある

運動と音楽は実は非常に相性が良いので、ジョギングやウオーキングを音楽を聴きながらやるのはおすすめです。

自分が好きな音楽を聴くと脳に下記の効果が発生します。

  1. 自分の好きな音楽を聴く
  2. 脳が心地よいと感じてドーパミンが発生する
  3. ランキングやウォーキングの辛さをドーパミンによって緩和される

ランニングは最初は息が上がって苦しいと感じる方は多いと思いますが、自分のお気に入りの音楽を聴くことで辛さが緩和されます。

また、運動の開始時は同じ曲を毎回聴く習慣にすると、その曲が運動する合図になるので運動をスムーズに開始できますよ。

【5000円以下】コスパ抜群の運動用ワイヤレスイヤホン

では、早速ですが価額別にワイヤレスイヤホンの紹介をしていきます。

まずは、コスパ抜群の5000円以下のワイヤレスイヤホンです。

<ランキング>

  1. Anker Soundcore Liberty Neo 2
  2. JVC HA-A5T-Z
  3. SOUNDPEATS Truefree 2

では、一つ一つ解説をしていきますね。

コスパ抜群部門 1位 Anker Soundcore Liberty Neo 2

<おすすめポイント>

イヤホンにワンタッチで音量などを操作できる便利なワイヤレスイヤホンです。しかし、1番のポイントは5000円以下にも関わらず音質が1万円前後のワイヤレスイヤホンに匹敵することです。コスパを重視しつつ音楽を楽しみたい方におすすめですよ。

コスパ抜群部門 2位 JVC HA-A5T-Z

<おすすめポイント>

本体の充電時間が5Hとやや短めですが、重さが軽いので耳に負担がかからない為におすすめできます。3000円代なのでコスパを重視したい方にはおすすめのです。

コスパ抜群部門 3位 SOUNDPEATS Truefree 2

<おすすめポイント>

最大級オーディオビジュアルアワードVGPの完全ワイヤレスイヤホン5千円未満部門に入賞した実力の持ち主です。特性のイヤーフックが素晴らしくて、激しい運動をしても落ちにくいのがおすすめです。装着感を重視したい方におすすめです。

【1万5000円以下】音質も重視をした運動用ワイヤレスイヤホン

運動用のイヤホンおすすめ

次は、1万円前後で音質も重視しているワイヤレスイヤホンを紹介します。

1万円前後から音質が格段に良くなり、明確に音質の差が分かりやすくなります。

<ランキング>

  1. Jabra Elite Active 75t
  2. JBL ENDURANCE PEAK2
  3. ソニー WF-XB700

では、一つ一つ解説をしていきますね。

1万5000円以下の部門 1位 Jabra Elite Active 75t

<おすすめポイント>

グリップ力を高めるドライ加工を施し、汗をかいてもしっかりと固定するので、スポーツをしながらの使用に適しています。しかも音質も諦めてなく、イコライザーで音質のカスタマイズも自在にできます。1万5000円前後の名機です。

1万5000円以下の部門 2位 JBL ENDURANCE PEAK2

<おすすめポイント>

耳へのフィット感が売りのイヤホンです。激しい運動をしても落ちにくく、更には耳が痛くならない工夫がされています。イヤホンの装着感に拘る方にはおすすめです。

1万5000円以下の部門 3位 ソニー WF-XB700 

<おすすめポイント>

日本が誇る名門ソニーが音質に拘ったワイヤレスイヤホンです。特に低音を意識していますが、わざとらしい強調でないので聴きやすかったです。音質に拘りたい方におすすめです。

【3万円以下】最高級の運動用ワイヤレスイヤホン

次は、3万円以下で一般人が違いが分かるレベルで最高級のワイヤレスイヤホンを紹介します。

5万円を超えるワイヤレスイヤホンを利用をしたこともありますが、私には3万円前後のイヤホンとイマイチ差が分かりませんでした。

しかし、1万5000円以下とは機能や音質に差がありますので、最高級を求めたい場合には試してみてくださいね。

<ランキング>

  1. TREBLAB XR800
  2. Bose SoundSport wireless headphones
  3. Phaiser BHS-530

では、一つ一つ解説をしていきますね。

3万円以下の部門 1位 TREBLAB XR800

<おすすめポイント>

ノイズキャンセリング機能を搭載しつつ、低音に強みを持つイヤホンです。価額は2万を切っているので、海外で人気でお得なハイスペックイヤホンです。ハイスペックを試してみたい方におすすめです。

3万円以下の部門 2位 Bose SoundSport wireless headphones 

<おすすめポイント>

オーディオ機器の名門BOSEのワイヤレスイヤホンです。BOSEの音質の拘りと耳へのフィット感を重視したイヤホンです。BOSEを試してみたい方におすすめです。

3万円以下の部門 3位 Phaiser BHS-530

<おすすめポイント>

Memory-Wire を搭載しており、自分の頭にピッタリに調整できるので激しい運動にも耐えられます。また、イヤホンが汗が原因で故障した場合には無条件で交換可能なのも品質への自信の現れです。激しい運動のために耐久力があるイヤホンを探している方におすすめです。

【落ちない】ジョギングに最適なイヤホンの紹介

ジョギングの最中にイヤホンを使いたい人は多いのではないでしょうか。

ジョギングは振動が伝わるので、ジョギング用に最適なものを買わないと落下してしまう恐れがありますよね。

私はジョギングに使用したなかで、耐久性と着け心地が素晴らしいイヤホンを紹介しますね。

Bose SoundSport wireless headphonesは激しく走っても落ちなかったので、ジョギングの邪魔になりませんせでした。

ジョギングと音楽の両方を楽しみにたい方は是非試してみてくださいね。

【参考】安全を重視するなら運動用の骨伝導イヤホンがおすすめ

人通りが多い道をジョギングするときなどは、周囲の音が聞こえないと危険ですよね。

そんな時は耳を塞がない骨伝導イヤホンがおすすめです。

骨伝導イヤホン・ヘッドホンは、頭のこめかみなどに音の出る部分を当て、その振動によって骨を震わせて聴覚神経に伝導させる仕組みです。

音質は正直言えば耳から聴くよりは劣りますので、音質を楽しむよりもBGMの代わりに使いたい方におすすめです。

<骨伝導イヤホンがおすすめ>

運動用のイヤホンのまとめ

運動を楽しむためにお気に入りのイヤホンを見つけてみてはいかがでしょうか。

私は1万円前後のイヤホンが音質と値段が1番釣り合っていると感じました。

1番のおすすめはJabra Elite Active 75tです。間違いなく名機なので是非とも試してみてくださいね。

ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-社会人の勉強方法