経理キャリアUP

【経理は年収が低い?】給料が低い時に直ぐに上げる方法は1つだけ【現役経理が解説】

経理は専門職なので年収が高いと思われることもありますが、実際には経理の平均年収は500万円前後です。

経理の年収は、個人のスキルよりも会社に大きく依存するため、同じ能力でも会社によって年収に大きな差が生じます。

なので、経理は社内と社外で評価が大きく異なり、市場価値に対して年収が低く抑えられていることがよくあります。

この記事では、経理の平均年収に興味がある方に向けて、経理の給与が低い理由と改善策を解説します。私は実際に経理で転職をして年収を上げたので、年収が低くて悩んでいる方の参考になるかと思います。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【前提】経理は大企業と中小企業で年収に大きな差がある【スキルは関係ない】

経理は管理会計や財務と異なり全ての会社で必要な職種ですが、勤め先によって年収に大きな差が生じます。

極端な話ですが年齢や役職に大差がないと仮定すると、中小企業で英語が話せて公認会計士を取得している人材と、大企業で経理に異動した1年目の経験が浅い人材では大企業の方が間違いなく年収は高くなります。

私は中小企業と大企業(上場企業)のいずれにも勤務したので、両方の経理の給与相場の目安が分かります。

<年代別の平均年収>

項目20代30代40代50代
大企業 経理450~500万550~750万750~850万850~950万
中小企業 経理300~400万400~500万500~600万600~650万
平均年収341万437万502万613万

私は中小企業の経理から大企業の経理に転職をしましたが、30代前半で海外駐在となり年収1000万円に到達する見込みです。

中小企業の経理のまま勤務をしていれば、500万円に到達すれば良いラインだったと思います。

なので、経理で年収を直ぐに上げる方法は、市場価値を高めて年収が高い会社に転職をするしかありません。

経理の転職に強い転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

【結論】経理の年収はいくら?低いの?→平均年収(400万)+100万円

結論から言えば、経理は平均年収403万円と比較すると100万円高いので、年収は低くはありません。

では、経理関係の仕事の平均年収と世代の年収をまずは見てみましょう。

<経理関係の平均年収>

項目平均年収
財務569万
管理会計563万
経理503万
平均年収403万
出典:doda

<年代別の平均年収>

項目20代30代40代50代
財務409万560万716万878万
管理会計430万588万645万773万
経理380万494万595万682万
平均年収341万437万502万613万
出典:doda

財務と管理会計が高いのは、大企業に必要なスキルなので、自然と平均年収が上がるためです。

勤務先では、等級が同じであれば経理も財務も管理会計も同じ給与なので、経理が不当に低く扱われることはありません。

経理は中小企業にも大企業にもあるので、財務と管理会計と比較して平均年収が低めになります。

なので、平均年収400万円前後から年収UPを狙う場合には、未経験で経理への転職を検討するのも選択肢の一つです。

経理の仕事内容が分かる本→【中小企業の経理実務の勉強におすすめな本5冊】分かりやすい書籍を紹介

【注意】社内で経理が早期に年収上げることが難しい理由3つ

経理 低年収

あくまでも平均年収なので、社内で経理の仕事を頑張ったら年収UPができると思いませんか?

経理が社内で他の職種と比較して特別に早く給与が上がる可能性は低いです。

具体的には3つの理由があります。

  1. 経理にはインセンティブがない
  2. 資格取得と英語力の向上は社内の年収UPに繋がらない
  3. 給与体系に従って年収UPの上限が決まっている

では、一つ一つ解説をしていきますね。

①経理にはインセンティブがない

経理は営業のように何かを売ったり、開発をするわけではありません。

決算を期日通りに正確に閉めるのが基本的なお仕事になります。

なので、ノルマ達成のインセンティブなどは一切生じないため、インセンティブで年収を上げるのは不可能です。

②資格取得と英語力の向上は社内の年収UPに繋がらない

経理の業務に関連する簿記の資格を取得したり、英語力を上げるためにTOEICで高得点を取っても、年収が大きく上がることはありません。

大企業の経理であれば資格手当で数千円上がることもありますが、中小企業では高度な会計スキルや英語力を必要としていないので、資格手当がないこともありますよ。

簿記の資格や英語力は、転職では市場価値が上がり年収UPに繋がりますが、社内では年収UPには貢献しません。

社内と社外で評価が異なる典型的な例です。

③給与体系に従って年収UPの上限が決まっている

経理に限らず、会社には給与体系があって年間の昇給額が決められています。

例えば、A評価なら1万円、B評価なら5千円など年間の昇給額が決められているので、1人だけ10万円上がることはありません。

なので、頑張って連結決算業務をマスターしても給与の昇給額は決まっているので、社内で飛躍的に給与が上がることはありません。それどころか、社内の年齢が高い経理のダメリーマンにも年収では負けてしまいます。

また、経理事務系統の仕事(請求書発行やデータ入力)は、システムの自動化により仕事がなくなってしまう可能性がありますよ。

経理の将来性→【経理の仕事はなくなる?】AIが進化しても経理に将来性はある理由

【年収UPの方法】経理で年収を上げるには働く場所を変える

経理の年収は、繰り返しになりますが【どの】会社で働くかで決まります。

同じ会社で年齢が同じならば、公認会計士でも税理士でも大きな差が生じませんよ。(多少昇給で差がありますが、30代前半までは基本横一線です)

なので、平均年収が高い会社に転職して経理として経理として働くのが、年収UPへの最短コースです。

おすすめの業界→【経理でおすすめな業界はIT?】ホワイトな製造業も紹介

経理で年収UPの転職を実現させる方法

経理で年収UPを実現させるには、下記の3要素が大事です。

  1. 年齢(経理経験が浅い場合は若い方が有利)
  2. 経理経験(決算経験が欲しい)
  3. 英語力&資格(TOEIC600超&簿記2級以上は欲しい)

上記の努力と並行して、経理の転職に強い転職エージェント(MS-Japan)と無料の相談をしてみることをお勧めします。

多少スキルが足りなくても、企業が経理の人材を緊急で欲しい場合には採用基準が緩くなります。なので、転職エージェントと繋がりを持って、いつでも求人を貰える状態にしておきましょう。

紹介可能な求人や市場価値、最新の市場動向など経理の転職活動に必要な情報は全て提供してくれますよ。

特に、簿記2級は転職でも実務でも役立つ資格なので直ぐに取得をすることをおすすめします。

【参考】簿記2級の独学におすすめな参考書

簿記2級は通信講座に通った方が効率的なのは間違いありません。

通信講座を検討している方は、まずは大手予備校に資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

大原公式資料請求サイト→高い合格実績で選ぶなら資格の大原 簿記1・2級講座

予備校にいきなり通うのではなく、試しにテキストで独学で勉強をしてみたいと方は多数の合格実績がある予備校の参考書を利用することをお勧めします。

簿記2級の参考書は多数発行されていますが、中でも経理メンバーから高評価だったテキストを紹介しておきますね。

<おすすめの参考書>

【適職診断】経理に向いているか科学的に調べてみる

経理に向いているか気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるプログラムがあります。

コンピテンシー診断は、ミイダスが提供する無料の自己分析プログラムです。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

適職診断について→【自分の価値観の見つけ方】仕事の価値観診断で働きやすい会社も分かる

経理は年収が低いかの纏め

経理の平均年収は500万円ですが、努力次第でもっと稼げる職種です。

転職が他の職種よりも盛んなので、業務経験をしっかりと積んでいれば高年収の企業にも転職できますよ。

経理の市場価値を高める方法をコツコツと実践するのが大事になります。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に関するオススメな本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理キャリアUP