経理におすすめな本

【消費税法の実務の勉強におすすめな本5冊】解説が分かりやすい書籍を紹介【2022年版】

消費税は実際に私たちが支払うので身近な税金であり、多くの企業が納税義務を負う税法です。

消費税法は企業が任意に選択できる規定があり、工夫により納税する税金を安くできる可能性を秘めています。

消費税法の知識を正しく身につけることで、税務調査の指摘を防ぎながら節税対策を行いましょう。

この記事では、消費税法を学ぶためにおすすめな本を紹介します。消費税法の申告書の実務経験がある経理の立場から、実際に読んで本当に分かりやすく解説しているものをピックアップしました。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【注意点】消費税法は改正が頻繫にあるので書籍は最新版の購入がおすすめ

消費税法は1989年(平成元年)に初めて導入されたので、主要な税法と比較すると歴史が浅いです。

例えば、法人税法の施行が1965年(昭和40年)と比べると、約25年も遅く導入されています。

なので、消費税法は税制の仕組みが確立されておらず、頻繫に大きな改正が導入されます。

消費税法を勉強する場合には、改正点を加味して解説している書籍をおすすめします。

【ここだけは押さえたい】2022年以降の消費税法関連の主要な改正内容

消費税法関連は近年も大きな改正が予定されています。

経理の実務において絶対に抑える必要がある改正内容は下記の2点です。

  • 電子帳簿保存法の改正:一定の帳簿は紙での保存が認められなくなる
  • インボイス制度の導入:免税事業者から課税仕入につき仕入税額控除が認められなくなる

電子帳票簿保存法は国税の帳簿の保存要件を定めた法律なので、消費税法と密接な関係にありますよ。

なので、電子帳簿保存法の改正は消費税法と合わせて勉強することをおすすめします。

<電子帳票簿保存法を学ぶのにおすすめな本>

<インボイス制度を学ぶのにおすすめな本>

【おすすめ】消費税法の実務の解説が分かりやすい書籍5選

では、おすすめ書籍を纏めていきます。

まずは、箇条書きで紹介します。

  1. 図解 消費税法「超」入門〔令和3年度改正〕 (超入門)
  2. 消費税の実務と申告 令和4年版
  3. 消費税法の実務詳解
  4. 否認事例・裁判例からみた 消費税 仕入税額控除の実務
  5. 消費税の誤りやすい届出・申請手続の実務対応 (第3版)

では、一つ一つ解説していきますね。

【図解:初学者向け】図解 消費税法「超」入門〔令和3年度改正〕 (超入門)

<内容>

消費税の仕組みから経理処理まで、図表や計算例を交えて丁寧に解説しています。本書を読めば消費税法に関連する基本的な知識をマスターできますよ。

<実際に読んでみて>

税法初心者でも理解できるように、専門用語を嚙み砕いて解説しています。消費税法を何から勉強すべきか迷っている方の入門書としておすすめです。

【初学者向け】消費税の実務と申告 令和4年版

<内容>

仕入税額控除を中心に消費税の実務で重要な部分を初学者向けに解説しています。消費税の実務に初めて携わる方にはおすすめの本です。

<実際に読んでみて>

消費税の実務で必要な知識が一通り学べるように設計されています。申告書を作成する場合に注意すべき事項も記載されているので、実際に申告書の作成に携わる方におすすめです。

【実務者向け】消費税法の実務詳解

<内容>

消費税法に関する過去の判例を用いて、消費税法を体系的に解説しています。本書を読めば消費税法に関しては税務担当者として十分に理解できる力が身につきますよ。

<実際に読んでみて>

消費税法で過去に論点となった項目を重点的に解説しています。税務調査対策として税務担当者は手元に1冊持っておくのにおすすめな本です。※基本的な消費税法の知識がある方向けに記載されています。

【実務者向け】否認事例・裁判例からみた 消費税 仕入税額控除の実務

<内容>

Big4の一翼を担うデロイト・トーマツ税理士法人が仕入税額控除を重点的に解説をしています。本書を読めば仕入税額控除を合法的に取る方法を理解できます。

<実際に読んでみて>

多くの顧問先を持つトーマツ税理士法人が実務経験に基づいて、仕入税額控除について解説をしています。仕入税額控除の仕組みを理解したい方にはおすすめの本です。

【実務者向け】消費税の誤りやすい届出・申請手続の実務対応 (第3版)

<内容>

消費税法の届出・申請手続の実務の解説を重点的に行っています。本書を読めば消費税法の届出・申請関係の手続きをマスターできますよ。

<実際に読んでみて>

消費税法は届出・申請関係が複雑な税法なので、【いつ】までに、【何】を出すか理解することが重要です。1日届出が遅れただけで、納税する税金額が増加することもあります。届出関係の実務に携わる方にははおすすめ本です。

【参考】消費税法の実務は資格勉強でも学べる

消費者法 おすすめの本

経理と兼務ではなく税務専属の仕事をしたい方は、体系的に学習ができる資格の勉強をするのもおすすめです。

本を読むことでも税法は学べますが、実際に問題を解くことでより深い理解に繋がります。

<おすすめ検定>

1級でも優しめの基本的な問題で構成されており、勉強すれば確実に合格できるレベルです。

しかし、1級~3級を学べは税務担当として必要な知識を体系的に勉強できるのでおすすめですよ。1級まで勉強すれば、基本的な申告業務は一人で作業できるレベルになります。

勉強方法は公式テキストを利用すれば、独学でも全く問題なく合格できます。

消費税法能力検定の公式テキスト

税法の勉強方法→【税務の勉強法】現役経理が初心者でも学べる方法を解説【苦手を克服できる】

消費税法の実務を学ぶのにおすすめな本の纏め

消費者税法は法人税法と並んで企業税務で重要な税法の1つです。

税法は最初は専門用語が多いので、取り込みにくい印象がありますが、徐々に理解できるようになりますよ。

税法関係は一度身につけると市場価値が上がり、将来の高年収を狙えるようになります。

一番のおすすめは消費税の実務と申告 令和4年版です。本書は初学者が申告の実務を行えるレベルになるまでに、必須の項目を解説しているので消費者法を体系的に学ぶにはおすすめの本です。

スポンサーリンク

【経理に強み】履歴書・職務経歴書の添削サービス開始

経理や管理部門の経験を伝えたいと思いブログを開始して約1年が経過しました。

ブログも月3万PV超になり、転職に関する問い合わせを受ける機会も多くなりブログを開始して本当に良かった思っています。

お問い合わせを頂く項目で件数が多かった履歴書と職務経歴書の添削をココナラでサービスを開始しましたので良かったらご利用ください。

サービス提供を開始した背景

経理の採用活動を担当している時は、職務経歴書の完成度により書類選考の通過率に大きな影響を与えていることを感じました。

私が注意深く職務経歴書を3回程度読むと良い経験をしていると推定されるので面接をしたいと考えても、人事や他のメンバーに反対され泣く泣く不採用にしたケースもあります。

同じ経験をしていても書き方により、経理だけでなく経理経験がない人事や役員にも魅力が伝わる職務経歴書の書き方があり、書類選考の通過率を上げることができると考えます。

良いキャリアアップへのお手伝いできればと考えサービス提供を開始しました。

購入のメリット

1)利便性 今回の転職だけでなく、長く使える形式で職務経歴書を作成しますのでキャリアを考えた際には効果的な投資効果を得られると思います。

2)他サービスとの比較 通常のエージェントと違うのは、経理や管理部門で実際に勤務をしているので、経理や管理部門が欲しがる人材を熟知しているとこです。

また、キャリアカウンセラーとして優秀な方は多いと思いますが、経理や管理部門の専門性が高い業務内容を熟知した上でアドバイスできるキャリアカウンセラーは少ないです。

私自身は経理や管理部門を担当からTOPまで経験しているので、各ポジションに合わせた魅力ある職務経歴書の作成をお手伝いできます。

想定対象者

・経理や管理部門の書類選考に通らない方

・志望業界(企業)に合わせて職務経歴書を準備したい方

・職務経歴書に自信がない方

・企業側の面接官の視点を知りたい方

履歴書・職務経歴書併せて添削・作成します 【内定率UP】経理に強みがある人事責任者が企業目線で支援

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理におすすめな本