経理キャリアUP

【経理になりたい】と思ったらやるべきこと5つ【新卒・未経験の転職向け】

経理になりたい!と思ったときに【何をすべきか】迷うことはありませんか。

私は新卒から経理になりたいと思っていましたが、新卒では経理になれず未経験からの転職で経理になりました。

新卒と未経験からの転職での違いは、経理になるためにやるべきことを明確にして確実に一つ一つ達成できたかでした。

この記事では、経理になりたい人に向けてやるべきことを5つ紹介します。経理に【確実】になるには、戦略的に準備をする必要があります。実際に経理に未経験から転職をして現時点でも経理で働いているので経理になりたい方のお役に立てるかと思います。

では、纏めていきますね。

スポンサーリンク

【前提】経理で求められる人材とは

何をすべきか考えたときに、経理で求められる人材のタイプを考えると分かりやすいですよ。

経理は多くの会社で似たような業務を行うため、求められる人材の要件も似ています。

<経理で求められる人材の要件>

  1. 簿記の基本的な知識
  2. PCスキル(Excelなど)
  3. 経理の仕事を本質的に理解しているか
  4. コミュニケーション能力
  5. 英語力

新卒や未経験者の採用の場合にはポテンシャル採用となりますので、【経理のスキル】ではなく【経理への適正】が重要となります。

なので、経理のスキルを入社後に素早く身につけるために必要な簿記やPCスキルを持っているかが採用のポイントとなりますよ。

未経験からの経理への転職を希望する場合には、経理に強い転職エージェントに面接対策や自分にあった求人情報の紹介を受けることをおすすめします。

経理に強い転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

【参考】新卒も経理になるにはプロのサポートを受けるのがおすすめ

就職活動は時間がなくて、情報収集をするだけでも大変ですよね。

なので、経理の職種採用や、新卒で経理への配属の実績がある企業の情報を効率的に収集できるサービスがあります。

  • 企業の人事と個別に話せる
  • 経理採用や有名企業からスカウトが来る
  • 貴方の価値観分析を基に、価値観があった企業からスカウトが来る

無料で利用できるアプリなので、隙間時間に試してみてはいかがでしょうか。公式ダウンロード先→キャリアチケットスカウト【スマホ専用】

キャリアチケットのメリットとデメリット→【キャリアチケットスカウト】のスカウト機能が優秀【メリットとデメリットも解説】

【結論】経理になりたいと思ったらやるべきこと5つ

経理になりたい

では、経理で求められる人材の要件を基に、具体的に何をすべきかを解説します。

まずは、箇条書きで紹介します。

  1. 日商簿記2級の取得
  2. MOSの取得
  3. 経理のキャリアプランを考える
  4. チームで【何か】を成し遂げたエピソードを準備する
  5. TOEIC800点の取得

では、一つ一つ解説していきますね。

①日商簿記2級の取得

経理に関する資格と言えば簿記と言われるほど、経理の仕事は簿記の知識を使います。

特に日商簿記2級は単体決算に必要な経理知識が一通り学べるので、上場企業でも有利になることが多いですよ。また、日商簿記3級だけでなく、日商簿記2級まで取得をすると経理への志望度の高さを表せるので一石二鳥です。

簿記1級を取得すれば更に有利にはなりますが、簿記2級と比較すると難易度が非常に高く取得まで半年以上かかるので無理に狙う必要はありません。

経理になることだけを考えれば簿記2級の取得で十分です。

【参考】簿記2級の独学におすすめな参考書

簿記2級は通信講座に通った方が効率的なのは間違いありません。

通信講座を検討している方は、まずは大手予備校に資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

大原公式資料請求サイト→高い合格実績で選ぶなら資格の大原 簿記1・2級講座

予備校にいきなり通うのではなく、試しにテキストで独学で勉強をしてみたいという方は多数の合格実績がある予備校の参考書を利用することをお勧めします。

簿記2級の参考書は多数発行されていますが、中でも経理メンバーから高評価だったテキストを紹介しておきますね。

<おすすめの参考書>

②MOSの取得

経理は大量のデータを短時間で正確に集計や加工する作業が発生します。

また、上位の役職になれば他部署への説明資料の作成や、システム導入など常にPCと関わりがありますよ。

なので、経理の採用をする時にExcelが使えるかなどPCスキルを重視します。

Excelを筆頭にPowerPointなどPCスキルを有していることを証明するにはMOSの取得がおすすめです。MOSは基本的PCスキルの証明として経理では認知されており、履歴書の資格欄に記載すればアピールになりますよ。【公式サイト:MOS

簿記よりも取得がしやすく独学で60時間程度の勉強で取得することができるので、初めての資格勉強の目標としてもおすすめです。

<MOSおすすめテキスト>


MOSの取得を目指さない方でもExcelの知識は必須なので勉強をおすすめします。

経理で使うExcelが学べる本→【経理で使うExcelが学べる本5選】エクセルで業務効率化を狙える書籍を紹介

③経理のキャリアプランを考える

経理になりたいと思ったら、経理になって何をしたいかを考えることが大事です。

例えば、

  1. CFOになって会社の参謀役になりたい
  2. 専門的な知識を身につけて専門職になりたい
  3. 海外子会社の社長や部門長になりたい
  4. 経営企画も経験したい
  5. 本社の課長、部長になりたい

経理はキャリアプランが多彩にあるので、キャリアプランを真剣に考えることにより経理への仕事の理解が深まります。

例えば、CFOを目指すには経理で管理会計の実務経験は積みたい!など経理の仕事内容を具体的にイメージすることができます。

経理の面接官からもキャリアプランは頻出で聞かれるので、事前に準備をして好印象を与えましょう。キャリアプランを明確に答えられる人は少ないので、他の候補者と大きな差をつけられますよ。

CFOを目指す人に読んで欲しい本→【CFOを目指す人におすすめな本5選】経理のキャリアが学べる書籍を紹介

④チームで【何か】を成し遂げたエピソードを準備する

経理は1つの財務諸表を複数で作り上げるのでチームプレーが大事となります。

面接官も候補者が経理部に溶け込んでチームプレーができる人材なのかを気にします。

優秀な人材であってもチームプレーができないと思われたら面接で落ちてしまいます。

なので、面接においてチームで【何か】を成し遂げたエピソードがあるとチームプレーが得意な人間とアピールできます。

例えば新卒であれば、

  • スポーツ大会で優勝したエピソード
  • バイトリーダーを務めて褒められたエピソード

未経験からの転職だとチームで成し遂げたエピソードを話すのは社会人としての経験が浅いので難しいかもしれません。

チームで成し遂げたエピソードが思いつかなかったら、【経理の仕事はチームプレーが大切なので、現在はチームで結果を出せるような人材になるために本でチームプレーを学んでいます】と言えば大丈夫ですよ。

経理はチームプレーが大事なこと理解してチームプレーを尊重する姿勢があることをアピールするだけでも効果がありますよ。

交渉力や折衝力が学べる本→【交渉力が身につくおすすめの本】折衝力を高めるのに役立つ書籍を紹介

【参考】新卒はキャリアチケットスカウトで面接対策がおすすめ

チームプレーのエピソードに困ったら科学的に自分の強みを調べてみてはいかがでしょうか。

キャリアチケットスカウト【スマホ専用】が運営するキャリタス自分研究&適職診断では、無料で11種類の『価値観』の中から自分が優先する『価値観』と、9種類の『能力(強み)』の中から自分が発揮できる『能力(強み)』がわかりますよ。

価値観の診断は自己PRを作成する上でも役立つので、隙間時間でやってみましょう。

キャリアチケットスカウトのメリットとデメリット→【キャリアチケットスカウト】のスカウト機能が優秀【メリットとデメリットも解説】

⑤TOEIC800点の取得

高年収を狙うのであれば、大企業(グローバル企業)の経理を狙うのがおすすめです。

グローバル企業は海外進出をしており、海外に子会社を多く保有しているため語学力を重視します。

なので、英語力があり経理適正が高い人材を非常に好みますよ。

具体的に言えば、簿記2級×TOEIC800を取得することでグローバル企業でも内定を簡単に取れます。実際に私は簿記2級×TOEIC800超でプライム市場のグローバル企業に転職をしました。

入社後に経理応募で英語力があると良い意味で目立つと上司が言っていたので、英語力があると有利になることは間違いありません。

簿記2級と並行してTOEICの勉強をしてみてはいかがでしょうか。

単語力はTOEICや英会話でも必要不可欠なので、英語の学習は単語の学習から始めるのがおすすめです。

<おすすめ単語帳>

【転職希望者向け】経理に向いているか科学的に調べてみる

経理に向いているか気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるプログラムがあります。

コンピテンシー診断は、ミイダスが提供する無料の自己分析プログラムです。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

仕事の価値観診断の纏め→【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

経理になりたいと思ったらやるべきこと5つの纏め

経理は戦略的に行動をすれば内定を得られる可能性が高いです。

企業が経理として欲しい人材は共通していますので、1つ内定を貰えれば複数から内定を得られます。

需要が高い人材になれば企業を選べるので、少しずつ勉強をしてみてはいかがでしょうか。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に関するオススメな本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

スポンサーリンク

【経理に強み】履歴書・職務経歴書の添削サービス開始

経理や管理部門の経験を伝えたいと思いブログを開始して約1年が経過しました。

ブログも月3万PV超になり、転職に関する問い合わせを受ける機会も多くなりブログを開始して本当に良かった思っています。

お問い合わせを頂く項目で件数が多かった履歴書と職務経歴書の添削をココナラでサービスを開始しましたので良かったらご利用ください。

サービス提供を開始した背景

経理の採用活動を担当している時は、職務経歴書の完成度により書類選考の通過率に大きな影響を与えていることを感じました。

私が注意深く職務経歴書を3回程度読むと良い経験をしていると推定されるので面接をしたいと考えても、人事や他のメンバーに反対され泣く泣く不採用にしたケースもあります。

同じ経験をしていても書き方により、経理だけでなく経理経験がない人事や役員にも魅力が伝わる職務経歴書の書き方があり、書類選考の通過率を上げることができると考えます。

良いキャリアアップへのお手伝いできればと考えサービス提供を開始しました。

購入のメリット

1)利便性 今回の転職だけでなく、長く使える形式で職務経歴書を作成しますのでキャリアを考えた際には効果的な投資効果を得られると思います。

2)他サービスとの比較 通常のエージェントと違うのは、経理や管理部門で実際に勤務をしているので、経理や管理部門が欲しがる人材を熟知しているとこです。

また、キャリアカウンセラーとして優秀な方は多いと思いますが、経理や管理部門の専門性が高い業務内容を熟知した上でアドバイスできるキャリアカウンセラーは少ないです。

私自身は経理や管理部門を担当からTOPまで経験しているので、各ポジションに合わせた魅力ある職務経歴書の作成をお手伝いできます。

想定対象者

・経理や管理部門の書類選考に通らない方

・志望業界(企業)に合わせて職務経歴書を準備したい方

・職務経歴書に自信がない方

・企業側の面接官の視点を知りたい方

履歴書・職務経歴書併せて添削・作成します 【内定率UP】経理に強みがある人事責任者が企業目線で支援

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理キャリアUP