経理キャリアUP

【経理に向いていない人の特徴5つ】経理は仕事のミスは改善できる

経理に挑戦してみたいけど経理に向いてないかも、経理で仕事をミスして経理に向いてないと思うことはありますよね。

私は経理に未経験で転職をして、経理で働いているので経理向いてないか不安になる気持ちが良くわかります。

実際に経理で働いてみると、経理向いてない(直ぐ辞める)人には共通した特徴がありますので少しでも不安を解消するために紹介をしますね。

この記事では、経理の適正について知りたい方に、経理に向いていない人の性格や特徴を具体的に紹介します。実際に経理部で楽しく働いている方と、辛くて辞めてしまった方を分析して傾向を掴んだ傾向をお伝えします。転職を検討している方のお役にもたてるかと思います。

では、纏めていきますね。

スポンサーリンク

【前提】経理の仕事でミス=経理向いてないではない

経理の仕事でミスをすると、経理向いてないと落ち込むことがありますよね。

しかし、経理に向いている人でも経理の仕事でミスはしますので、ミスするか経理に向いてないとは言えません。

重要なのは同じミスを繰り返さないように対策をすることができるかです。

なので、ミスをしても次にミスを減らす仕組みを考えたり、努力が出来ればミスは徐々に減っていきます。

ミスを減らすにはExcelの知識が必要不可欠なので、経理としてキャリアアップを考えるならExcelの勉強をすることをおすすめします。

経理で使うExcelが学べる本→【経理で使うExcelが学べる本5選】エクセルで業務効率化を狙える書籍を紹介

【結論】 経理の仕事に向いていない人の性格と特徴5つ

経理の仕事に向いていない人の性格と特徴

まずは、経理に向いていない人の性格と特徴の共通点を箇条書きで上げていきますね。

  1. 経理の仕事でミスを迅速に報告できない
  2. 期限を守れない人
  3. チームプレーが苦手な人
  4. 勉強に嫌悪感がある人
  5. PCの操作が苦手な人

上記のうち3~4つ程度当てはまると経理として働いていても面白くないと感じることが多いです。

1、2つ程度ならば、改善することができますが、改善すべき事項が沢山あると改善するよりも他の職種に挑戦した方が将来性があります。

経理のキャリアや最新の求人情報が知りたい場合には経理に強い転職エージェントに相談してみるのもおすすめですよ。

経理に強い転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

では、一つ一つ解説していきますね。

①経理の仕事でミスを迅速に報告できない

ミスは人間誰でもあるので、ミスすること事態は問題はありません。

しかし、ミスを隠蔽して報告するのは、誤った数値を世に発表することになります。所謂、粉飾決算に繋がる恐れがありますので、絶対にミスは隠蔽してはいけません。

ミスをしたら必ず上司や監査法人の判断を仰いで、修正が必要であるかの確認を取る必要があります。

②期限を守れない

決算などはチームで分担して行うのが一般的です。

一人が期限を遅れると後工程の作業が全て遅れることを意味します。なので、決められた期限を軽々しく破ると周りからの信頼を失うことになりますよ。

時には業務が重なって期限が間に合わすのが難しいこともあります。

この場合には事前に上司に相談してリカバリープランを建てましょう。

③チームプレーが苦手な人

経理は一人でPCに向かって作業しているイメージがあるかもしれませんが、ほとんどの仕事をチームで行います。

例えば、決算業務であれば1つの財務諸表を数人が分担をして作成をするので、情報共有や全体の進捗管理が重要となりますよ。

また、監査法人や他部署との調整業務も沢山ありますので、コミュニケーション能力は必要不可欠となります。

なので、一人で黙々と作業をしたい方には経理は向いてないですよ。

交渉力や折衝力が学べる本→【交渉力が身につくおすすめの本】折衝力を高めるのに役立つ書籍を紹介

④勉強に嫌悪感がある人

経理は専門的な知識に基づいて仕事をするので、基本的な経理知識は身につける必要があります。

また、会計基準や税法に毎年改正が入るので、新しい基準や改正の内容も勉強をしなければいけません。

税理士や会計士を目指すレベルで勉強をする必要はないですが、出世するには簿記2級レベルの知識が欲しいです。

なので、勉強が嫌いな方は経理知識が不足した状態なので、作業者の役割が中心となり経理が面白くないと思います。

経理初学者向けにおすすめな本→【経理の初心者におすすめの本5選】始めての方が勉強になる書籍を現役経理が紹介

⑤PC操作が苦手な人

経理は大量のデータを迅速かつ正確に処理する必要があるので、PC操作は必須となります。

マクロを組むなど高度な技術は必要ありませんが、Excelの基本的な関数やシステムに入力作業は求められますよ。

PC操作が全くできないと仕事のスピードについていけなかったり、ミスを多発して経理の仕事が嫌になってしまいます。

しかし、PCスキルは慣れることで大幅に改善できるので、改善する気持ちがあれば時間が解決してくれますよ。

経理の仕事が分かる本→【中小企業の経理実務の勉強におすすめな本5冊】分かりやすい書籍を紹介

【科学的に診断】経理に向いているか客観的に判断してみる

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて適職を診断してくれるプログラムがあります。

コンピテンシー診断は、ミイダスが提供する無料の自己分析プログラムです。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えてますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

【参考】コンピテンシー診断の信頼性について

コンピテンシー診断が便利なのは理解したが信頼できるか?とう疑問はあるかもしれません。

まず、コンピテンシー診断の定義は下記の通りです。

あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、 ビジネスマンとしてのあなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できます。

ミイダスのコンピテンシー診断は下記の通り賞も受賞しており十分に診断結果に信頼性があります。

「日本の人事部 HRアワード2019 プロフェッショナル人材採用・雇用部門」の最優秀賞を受賞

経理に向いているかに困っていたらミイダスのコンピテンシー診断を利用してみて下さいね。

仕事の価値観も貴方に合った仕事を探すには役立つので、下記記事を参考にしてみてください。

【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

経理の仕事に向いている人の纏め

経理の仕事は向いていない人には辛い仕事だと思います。

経理向いてないと確信があれば他の職種への変更も検討してみてはいかがでしょうか。

向いてない仕事を継続するとストレスが貯まり体調不良の原因となりますので無理する必要はないですよ。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に関するオススメな本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理キャリアUP