経理キャリアUP

【簿記3級は役立つ?】簿記3級が活かせる仕事も紹介【現役経理が解説】

簿記3級を取得を考えている方は、簿記3級が実際に役立つのか気になりますよね。

簿記3級は意味がないと言わることがありますが、簿記を活かせる仕事は多くありコスパ抜群の資格です。

実際に求人では簿記3級を応募要件としている会社(リクナビNEXTで検索できますよ)もあるので、社会的に認められている資格です。

この記事では、簿記3級を活かして働いてみたい方に向けて、簿記3級が活かせる仕事を紹介します。私は上場企業の経理で働いており簿記3級も取得しているので、簿記3級が役立つポイントを体験談から解説できますよ。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【前提】簿記3級の勉強で得られるスキル

まずは簿記3級の勉強によって得られた知識やスキルを明確にしておきましょう。

身についた知識やスキルを明確にすることで、簿記3級を活かせる仕事について理解しやすくなりますよ。

簿記3級の取得者は下記のスキルが身についています。

  1. 日常的な仕訳を起票できる
  2. 取引→仕訳→総勘定元帳の流れが理解できる
  3. 精算表の基本的な事項が理解できる
  4. 簡単な決算整理事項が理解できる
  5. 勉強を継続して結果を出す能力がある

上記を一言で纏めると、日商簿記3級の取得者は中小企業や会計事務所の経理業務は理解できます。

実際に私は前職では中小企業の経理を経験していましたが、簿記3級レベルの知識で処理できる業務がほとんどでした。

簿記と同程度に大事なのがExcelの技能なので、時間があったら本を1冊買って基本的な関数はマスターしましょう。

Excelが学べる本→【経理で使うExcelが学べる本5選】エクセルで業務効率化を狙える書籍を紹介

【疑問点】簿記3級は転職で有利になるのか

簿記3級が仕事に役立つことに併せて、転職で有利になるかも気になりますよね。

上場企業の経理ではアピールにならないが、中小企業や会計事務所ではアピールになる。有利にならない場合でも、履歴書に記載して不利に扱われることはありません。なので、日商簿記3級を取得している場合には堂々と記載しましょう。

上場企業の経理は経理レベルが高いので、アピールできるのは日商簿記2級が最低ラインとなります。

しかし、日商簿記3級でも英語(TOEIC800点以上)と組み合わせることによって有利になりますよ。

【結論】簿記3級は社会人の基礎スキルとして役立つ

簿記3級だけでは転職で他の候補者と差別化できるほど有利になることは稀でしょう。

しかし、簿記3級で得られる会計や簿記の知識は、社会人の教養として経理以外の全ての職種で役立つ知識なので学んでおいて損はありません。

会社がお金を扱う限りは簿記の知識が不要となることは将来もないので、簿記3級の知識を活かせる仕事も無くなりません。

なので、簿記3級は取得難易度と実用性の観点からコスパ抜群の資格と言えますよ。

簿記3級は独学でも参考書選びを間違えなければ、100~200H取得できるので勉強をしてみてはいかがでしょうか。

<簿記3級の勉強におすすめな参考書>


【転職先候補】簿記3級が活かせる仕事4つ

簿記3級活かせる仕事

では、簿記3級が活かせる仕事を紹介していきますね。

まずは、箇条書きで纏めていきます。

  1. 経理(中小企業やベンチャー企業)
  2. 会計事務所、税理士事務所
  3. 中小企業やベンチャー企業向けのコンサルタント
  4. 経理事務、営業事務、一般事務

では、一つ一つ解説をしていきますね。

簿記3級を活かすために、経理に強い転職エージェントにキャリア無料相談してみてはいかがでしょうか。

経理に強い転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

①経理(中小企業やベンチャー企業)

簿記3級が活かせる仕事の代表と言えば経理ではないでしょうか。

中小企業やベンチャー企業は経理業務を専門とする方が少なく、総務や人事と経理を兼務するケースが多いです。なので、会計も複雑な業務は少なく経理業務の基本的な事項を中心に担当することになります。

簿記3級の取得者は仕訳と総勘定元帳の仕組みを理解しているので、基本的な経理業務であれば直ぐに慣れることができますよ。

具体的には下記の業務で簿記の知識を活かせます。

  • システムに仕訳を入力
  • 簡単な決算処理
  • BS・PLの作成

中小企業やベンチャー企業は、会社の規模が小さいので決算処理業務も少なく、経理未経験であっても簿記3級の知識があれば対応できますよ。

中小企業やベンチャー企業の経理経験を武器に上場企業の経理に転職することができるので、経理は実務経験を積むことを最優先で考えるのがおすすめです。実際に私は中小企業の経理を1年担当した後に、上場企業の経理に転職しています。

簿記の知識を活かすには経理全体の流れも併せて理解をするとスムーズに業務に馴染めますよ。

経理の実務が学べる本→【中小企業の経理実務の勉強におすすめな本5冊】分かりやすい書籍を紹介

②会計事務所・税理士事務所

会計事務所や税理士事務所は、顧問先の決算業務や税務申告を代理で行うのが主な業務となります。

未経験での入社の場合には、最初は税理士補助で社内での仕訳入力作業が中心となります。仕訳の入力作業では簿記3級の知識が非常に役立ちます。

入力作業を早期に取得すれば、経験業務や税務申告も担当できるので、スキルアップに繋がります。

会計事務所と一般企業の経理は、簿記の知識をフル活用する点では似ていますが、仕事内容は異なっていますのでご注意くださいね。

会計事務所や税理士事務所の仕事が分かる本→【会計事務所の仕事を勉強できるおすすめ本5選】税理士事務所の仕事も理解できる書籍を紹介

③中小企業やベンチャー企業向けのコンサルタント

簿記3級を活かせるコンサルタントの仕事は大きく分けて2つあります。

  • 会計システムの導入支援
  • 財務コンサルタント

会計システムを導入する場合には、顧客が経理であるため、会計を理解した方が担当する必要があります。

また、中小企業やベンチャー企業は経理機能が弱い企業も多いので、財務コンサルタントの支援を受けて業務を行っていることがありますよ。

上記業務は簿記の基本的な知識が必要不可欠なので、簿記3級を活かせます。

しかし、上場企業など大規模な顧客を相手とするコンサルを実施する企業は、簿記3級レベルでは対応できません。

未経験の場合には、中小企業やベンチャー企業を相手とするコンサル企業からキャリアアップすることをお勧めします。

④経理事務・営業事務・一般事務

事務系統の仕事には、請求書の発行や経費精算が含まれます。

請求書の発行や経費精算は経理業務と密接に関係があり、処理を誤ると正しく経理業務を行えません。

例えば、経費精算で処理する勘定科目を選択するときは、簿記3級の知識が必要となります。

なので、簿記3級レベルの簿記知識を持った方は、事務系統の仕事でも活かせますよ。

事務系統に派遣社員で入社して正社員の経理になる方も多く、事務系統の経験は経理へのステップアップとして有用です。

派遣社員から正社員になる方法→【経理未経験】で派遣社員から正社員を目指す方法を現役経理が解説【20代限定】

【参考】自分の適職を科学的に調べてみる

自分の適職が何か気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるコンピテンシー診断をミイダスが提供しています。

自分の適職や上司との相性が分かって面白いですよ。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

適職診断については下記の記事でも纏めていますので良かったら見てくださいね。

【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

日商簿記3級が活かせる仕事の纏め

簿記3級は100~200時間で取得できるにもかかわらず、転職で役立つ資格です。

また、日商簿記3級と併せて実務経験を積むことで、将来高年収を得ることもできます。

取得難易度と実用性を考えたら、簿記3級はコスパ抜群の資格と言っても過言ではありません。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に役立つ本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理キャリアUP