経理の転職活動

【とりあえず3年説は古い?意味がない?】新卒4年目で転職した経験から解説

新卒で入社してから3年間は辞めないで続けるべき=【とりあえず3年説】は、頻繫に聞きますよね。

結論から言えば【とりあえず3年説】は、何となく辞めてはダメと言う意味と捉えると分かりやすいです。

人によって悩みや置かれている環境が違いますので、貴方の状況を分析して続けるか辞めるか選択する必要があります。

この記事では、入社してから3年以内で会社を辞めるか迷っている方に向けて、続けるべきか辞めるべきかのヒントとなる情報を提供しています。私の実体験談ベースに記載していますので、同じ悩みを持っている方には参考になるかと思います。良かったら見て下さいね。

では、纏めていきます。

スポンサーリンク

【前提】新卒のとりあえず3年の意味

とりあえず3年は冒頭に記載をしましたが、何となく辞めるべきではないと言う意味です。

逆に言えば、辞める理由が明確であれば3年以内に辞めても全く問題ありません。

なので、この記事では下記の2つの項目に分けて解説をしていきたいと思います。

  1. 入社3年間は会社を辞めるべきでないタイプ
  2. 入社3年以内に会社を辞めても問題がないタイプ

では、一つ一つ解説していきますね。

①入社3年間は会社を辞めるべきでないタイプ【とりあえず3年説推奨】

とりあえず3年

辞めるか迷っていても入社3年間は辞めない方が良い事例を上げますね。

友人達の事例を基に解説していきます。

貴方も同じ事例に当てはまったら、もう一度ゆっくりと考えてみてくださいね。

事例① 難関資格に専念するために会社を辞めて後悔するパターン

公認会計士や弁護士、税理士など難関資格の合格を目指すために会社を辞めて勉強に専念するのは後悔することが多いです。

勿論、勉強に専念して合格すれば、専門家としての道が開けるので、希望通りの進路となります。

しかし、1番の問題は合格しなかったリスクの大きさです。会社を辞めて合格した美談ばかりがクローズアップされますが、その陰で何倍もの方が不合格となり人生の窮地に立たされていることを忘れてはいけません。

私の友人も弁護士や公認会計士を目指して会社を辞めた方がいますが、結局は不合格となり働いています。しかも、新卒で入社した会社よりも低い平均年収の会社で働くことがほとんどです。

なので難関資格を目指す場合には、最低でも働きながら2年間は勉強した後に専念しましょう。

働きながらでも、2年本気でやれば3000Hは確保できます。私も働きながら税理士試験を3科目突破しました。3年は長いと感じても、2年間は絶対に様子をみた方が良いです。仕事に慣れてきて安定した給与を貰いながら生活するのも悪くないと途中で思う可能性もあります。

それだけやれば、働きながらでも受かる可能性もあります。

また、勉強の難易度や自分の適正も見極められますので、後悔するリスクが少ないです。

働きながら勉強を継続する方法に役立つ本→【社会人が勉強のやる気UPに繋がる本5選】勉強方法を工夫してモチベーションを上げよう

事例② 人間関係が上手くいかなくて会社を辞めて後悔するパターン

学生時代は好きな友達と一緒に過ごせば良いので、人間関係のストレスは生じにくいと思います。

しかし、社会人になってからは、年齢が異なる方への対応、上司・顧客との圧倒的な上下関係から逃れられないのでストレスが溜まります。

私も社会人になった時に、人間関係が上手くいかなくて非常に悩みました。

何故、突然怒るのか?、報連相のタイミングが悪いとは?、顧客と社内の板挟み・・・私のスキル不足もありますが、ストレスで会社に行くのが憂鬱でした。

しかし、3回転職をして思ったことがあります。それは、【集団で働く以上、人間関係は全ての会社において何かしらの問題が生じる】です。

人間関係が上手くいかなくて逃げの転職をすると、短期離職の癖がつき職歴が汚れてしまいます。なので、とりあえず3年説を信じて3年間は我慢することをおすすめします。我慢しているうちに、良い意味で麻痺することが多いです。理不尽かもしれませんが、必ずしも【正論】だけが、会社では正解でないことに次第に慣れていきます。

つまらない奴と笑われるかもしれませんが、長く同じ会社で働くのも大事な一つの才能だと私は考えています。

パワハラなど法令違反をしている会社は直ぐに見切りをつけましょう。コンプライアンス違反をする会社にいても、安定した生活は望めません。

人間関係については全ての会社において多少は悩みが生じるので、転職で解決することが難しいです。

交渉力や折衝力が学べる本→【交渉力が身につくおすすめの本】折衝力を高めるのに役立つ書籍を紹介

事例③ 何となく会社を辞めて後悔するパターン

現在の仕事がつまらないなど理由が明確でない場合には、そもそも転職をしない方が良いです。

辞める原因が特定できないで転職活動をすれば、次にどの会社や職種を選べば貴方が満足できるか分からないので、次も不満を感じることが多くなります。

キャリアプランや転職の理由が明確でなく転職した友人も数名います。

しかし、数年経つと他の会社や職種に転職していることが多いので、転職が成功したとは言えない状況です。

特に大企業に勤めている方は、大企業の福利厚生は非常に素晴らしいので、辞めたい理由が明確になるまでは辞めないことをおすすめします。

②入社3年以内に会社を辞めても問題ない方【とりあえず3年説が当てはまらない】

入社3年以内に辞めても後悔しないパターンもあります。

基本的な考え方は、やりたいことが明確なら辞めても問題ありません。

次の事例に当てはまったら、辞めて新しい会社に転職しても後悔が少ないですよ。

事例① 社内ニートになっている場合は転職すべき

入社して仕事が全く与えられない場合には、転職を検討することをおすすめします。

勤務態度も良好で、やる事などを聞いても、尚、仕事を与えないのは完全に会社側の責任です。新卒1年目ぐらいの経験の方が、自分一人では仕事を生み出せません。上司が的確に指示を出す必要が絶対にあります。

社内で仕事が無くて何もすることがないのは、精神的に苦痛です。

仕事が無いのはラッキーと思う方もいるかもしれませんが、 8時間何もすることが無く、椅子に座っている状態は非常に辛いです。

また、長期間社内ニートになると将来のリストラ候補になります。そして、まともな業務経験が無いと市場価値が低いので転職も上手くいきません。

仕事をしたくても仕事を与えない会社で、貴方が無理して働く必要はありません。

入社3年以内に辞めれば、未経験でも様々な職種に挑戦するチャンスがあります。

入社する会社に運が悪かったと思って転職をしましょう。

事例② キャリアプランが明確な場合は転職すべき

職種を変更して働きたい場合には、新しい会社で新しい職種のキャリアをスタートすることをおすすめします。

大企業にお勤めの場合で、社内で異動ができる可能性があるなら上司に異動を頼むのもおすすめです。大企業にお勤めの場合には、転職により福利厚生の待遇が下がるリスクはあります。但し、社内異動は希望が通るまで時間がかかることが多いので、直ぐにでも職種変更したいなら転職も検討しましょう。

新しいキャリアをスタートするならば、若ければ若い方が良いです。

未経験者の転職は年齢が若い方が有利です。入社3年以内であれば十分に若手なので、企業側も採用しやすいです。

また、キャリア変更は前のキャリアの業務経験が活かせないことが多いので、現在のキャリアが無駄になってしまいます。

特に経理などの専門職は、何の業務を経験したかが将来の貴方の市場価値を決めますので、戦略的にキャリアを考える必要があります。

事例③ 勤め先にコンプライアンス違反や過度な残業がある場合は転職すべき

パワハラや過度な残業で体調不良が生じている場合には、直ぐに転職しましょう。

所謂ブラック企業で働き続けることは、人生において最大の損失です。

サラリーマンで働く上で私が大事にしている考え方があります。

会社を上手く利用するのがサラリーマンです。会社に利用されるだけなのは奴隷です。絶対に利用されてはいけません。私たちが会社を利用してキャリアを築いたり、安定した給与を得るのです。

勿論、サラリーマンとして組織で働く以上、会社のルールは守る必要があります。

しかし、コンプライアンス違反など常識外れのルールまで受け入れる必要は全くありません。

もし貴方がブラック企業で働いているなら、大きな損をしているので、直ぐに転職を検討しましょう。

報道ではブラック企業が目立ちますが、昨今はコンプライアンスも厳しいのでホワイトな企業も増えています。

【参考】自分の適職を科学的に調べてみる

自分の適職が何か気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて貴方の適職を診断してくれるコンピテンシー診断をミイダスが提供しています。

自分の適職や上司との相性が分かって面白いですよ。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

適職診断については下記の記事でも纏めていますので良かったら見てくださいね。

【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

とりあえず3年説は古い?意味がない?の纏め

【とりあえず3年説】は昔から言われている説ですが、1番大事なのは貴方のキャリアと人生です。

どの選択肢が貴方のキャリアや人生にプラスになるかを、冷静に自分自身でゆっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

転職活動は選択肢を知るためにも気軽に行うことはおすすめです。

しかし、勤め先を辞めることだけは熟考しましょう。

転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職のヒントとなる本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理の転職活動