経理キャリアUP

【簿記1級で年収1000万円を達成する方法】簿記2級でも年収1000万円は狙える

簿記1級は高難易度であり簡単に取得ができないので経理では評価が高い資格です。

しかし、簿記1級を取得したからといって必ず年収1000万円を達成できるわけではありません。

何故なら経理の年収は勤務している企業に依存するので、簿記1級を活かした転職活動を行い平均年収1000万円を狙える企業に入社する必要がありますよ

この記事では、簿記を活かして年収1000万円を目指したい方に向けて、達成する方法を紹介します。簿記2級保有者でも簿記1級保有者と同等レベルで戦う方法がありますので併せて紹介しますね。

それでは、纏めていきますね。

スポンサーリンク

【前提】簿記2級保有者が簿記1級保有者と同程度の評価を受ける方法

簿記2級保有者は経理の基礎知識はあると認められるので経理の転職で有利となります。

しかし、大企業の中途採用では簿記2級を保有している人材が多数応募をしますので簿記2級だけでは差別化できないのが現状です。

なので、簿記2級×英語力で差別化を狙うのがおすすめです。

具体的には、簿記2級×TOEIC800があれば他の候補者から頭一つ飛び抜けることができますよ。

TOEIC800は簿記1級よりも難易度が落ちますが、高年収を狙えるグローバル企業で評価が高いです。私自身もTOEIC800×簿記2級を武器にグローバル企業に転職をして、30代前半で年収は1000万円を超えています。

簿記1級の取得に時間がかかると思ったら、TOEIC800を狙ってみてはいかがでしょうか。

簿記1級と簿記2級×TOEIC800は同程度の評価を受けるので、大企業への転職でも十分にアピール材料となります。

英語の学習はまずは、単語を抑えるのが基本なので単語から学習をしてみてはいかがでしょうか。

<おすすめ単語帳>

【結論】簿記1級(簿記2級×TOEIC800)で年収1000万円を達成する方法【年代別に解説】

簿記1級で年収1000万円を超えるには、平均年収が900万円以上の企業に転職するのが確実です。

平均年収が900万円であれば管理職に登用されなくても、40代後半で年収1000万円は達成可能ですよ。もし、30代で年収1000万円を狙う場合には、5大商社などの超大手企業、大企業の海外駐在、ベンチャー企業のCFOを狙う必要があります。

この記事では、簿記1級を取得した年代別に年収1000万円を目指す方法を解説していきますね。

詳細の経理の求人情報やキャリプランの相談をしたい場合には経理に強い転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

経理に強い転職エージェント→【経理に強い転職エージェントのおすすめ】未経験者と経験者別に紹介

①20代前半の簿記1級保有者が年収1000万円を狙う戦略

20代前半で簿記1級を保有していれば、超大手企業も書類選考は通過しますよ。

<狙うべき求人とポイント>

  • ポテンシャル採用の経理求人
  • 超大手企業、大企業
  • 1回目の転職なら大きく不利にならないので気にする必要なし

20代前半であればポテンシャル採用なので、難関資格に合格をした簿記1級の保有者が断トツで有利となります。

20代前半の簿記1級保有者は他の候補者と差別化できるので、書類選考の通過率は高いです。なので、内定を確実にするためには面接対策を重点的に行いましょう。

簿記が好きなだけでなく、経理の仕事内容も理解をした上で経理を志望した旨を伝えられると好印象ですよ。

経理の仕事内容が分かる本→【中小企業の経理実務の勉強におすすめな本5冊】分かりやすい書籍を紹介

②20代後半の簿記1級保有者が年収1000万円を狙う戦略

20代後半で超大手企業を狙うには、ポテンシャル採用では苦戦する可能性が高いです。

何故なら、超大手企業のポテンシャル採用は採用枠が少なく、20代前半で簿記1級、簿記2級×TOEIC800取得者が応募するので20代後半は不利になります。

なので、超大手企業を狙うには単体決算の経理経験が1~3年程度が必要となります。

<狙うべき求人とポイント>

  • 若手の経験者採用(経理経験者5年以内)
  • 超大手企業、大企業
  • 経理経験がない場合には超大手企業、大企業は避ける【大企業は2度目の転職で狙う】

超大手企業、大企業以外の企業であればポテンシャル採用でも有利になります。

なので、単体決算の経理経験がない場合には経理経験を積むために、スタンダード市場に上場している企業に転職をするのがおすすめです。2年前後経験を積んだ後に超大手企業や大企業を狙いましょう。

私は最初に中小企業の経理に転職をして1年間働いていた後に、経験者採用で大企業の経理に転職をしました。

経理は戦略的にキャリアを積めば、20代後半からでも十分に将来年収1000万円を狙えますよ。

CFOを目指す人におすすめな本→【CFOを目指す人におすすめな本5選】経理のキャリアが学べる書籍を紹介

③30代前半の簿記1級保有者が年収1000万円を狙う戦略

30代前半で超大手企業を狙うには、ポテンシャル採用では不可能と考えてください。

30代前半となると経理経験を重点的に見られるので、簿記1級があっても超大手企業、大企業のポテンシャル採用では書類選考で落とされます。

なので、超大手企業を狙うには上場企業の連結決算までは経験していることが望ましいです。

<狙うべき求人とポイント>

  • 経験者採用(経理経験者5~7年)
  • メーカー系統の超大手企業、大企業(メーカー系統は中途採用に積極的)
  • 連結決算の経験がない場合には上場企業の連結決算を経験することがおすすめ

超大手企業や大企業で本格的な経理経験者(若手以外)を採用する場合には、上場企業の経理経験を重視します。

超大手企業や大企業は上場をしているので、上場企業の厳しい基準で経理をしたことがある人材を好みます。また、連結決算を担当できる人材は少ないので簿記1級の知識と連結決算の実務経験を持つ人材は大企業であっても重宝されますよ。

上場企業の経理経験がない場合には、スタンダード市場など上場企業の経理経験を積んだ後にベンチャー企業のCFOを狙うのがおすすめです。

30代前半で連結決算の経験を積めば上場企業の管理職や海外駐在など年収1000万円の可能性が高まります。

連結決算を学ぶのにおすすめ本→【連結決算の実務の勉強におすすめな本5冊】連結会計の解説がわかりやすい書籍を紹介

④30代後半~の簿記1級保有者が年収1000万円を狙う戦略

30代後半~で超大手企業を狙うには、マネジメント経験が必要不可欠です。

30代後半となると実務者よりも、管理職クラスの人材を求めています。会計の知識とマネジメント能力の両方が必要となります。

なので、超大手企業を狙うには上場企業の管理職(課長クラス)は経験していることが望ましいです。

<狙うべき求人とポイント>

  • 管理職クラス採用
  • メーカー系統の超大手企業、大企業(メーカー系統は中途採用に積極的)
  • 管理職の経験がない場合には管理職経験を積むことが最優先

30代後半~年収を上げるには管理職の経験が必要不可欠となります。

超大手企業や大企業は勿論、スタンダード市場などの上場企業も30代後半にはマネジメント能力を求めます。簿記1級の専門性よりも、マネジメント能力が重視されるのでマネジメント経験がないとステップアップの転職は厳しいのが現状です。

年収を上げるにはマネジメント経験を積むためにベンチャー企業の管理職を狙い1度はマネジメント経験を積む必要があります。

管理職になり1度でもマネジメント経験を積めば、管理職候補の求人に応募できるので年収UPも可能となりますよ。

マネジメントが学べる本→【プレイングマネージャーにおすすめの本5選】係長にも読んで欲しい書籍を紹介

【科学的に診断】経理に向いているか客観的に判断してみる

経理に向いているか気になったら、科学的に適職診断をしてみてはいかがでしょうか。

選択式の質問に答えるだけで、科学的な根拠に基づいて適職を診断してくれるプログラムがあります。

コンピテンシー診断は、ミイダスが提供する無料の自己分析プログラムです。

貴方の選択した回答に基づいて、適職診断を自動で行ってくれる仕組みです。所要時間は約30分程度なので気軽に行えます。結果を見て頂ければ分かりますが、詳細に性格や職務適性を分析してくれます。無料なので気軽に試せるのでおすすめです。

具体例を見て頂いた方が分かりやすいかと思いますので、私の結果を貼り付けます。

ミイダス コンピテンシー診断
※クリックすると拡大できます

適職診断で使うのは、【職務適性】です。

実際に職務適性を見ると、経理が9と出ています。私自身も経理にとても向いていると考えていますので、分析の精度の高さが伺えます。

※無料登録によりコンピテンシー診断が可能となります。

適職診断については下記の記事でも纏めていますので良かったら見てくださいね。

【仕事の価値観の無料診断】転職の成功には適性を知るのが大事な理由

簿記1級で年収1000万円を達成する方法の纏め

簿記1級は年齢が若く取得するほど、転職市場で高い評価を受けます。

年齢が上がると簿記1級だけでなく、実務経験とマネジメント経験も必要となりますよ。

簿記1級は難易度が高い資格なので、勉強を開始する前に取得後にどのように活用するのか考えることをおすすめします。

市場価値の上げ方に着目して解説しています。転職だけを正解とせずに、現職に留まりながら市場価値を上げる方法も述べられており、選択肢が多くて参考になります。転職を検討している方は是非読んでみてください。 気になった方は Kindle Unlimited で無料で読んでみて下さいね。

本が無料で読めるAmazonのサービスは下記の記事で纏めていますので良かったら見て下さいね。

【30日間は本を無料で読める】Amazonの電子書籍サービス3つを比較

転職に関して役立つ本→【20代の転職におすすめな本5選】30代の初めての転職にも役立つ書籍を紹介

ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
星のおじさん

星のおじさん

【上場企業!IFRS!経理大好き!】【資格】税理士試験4科目合格(簿・財・法・消)TOEIC800点以上 【経歴】経理未経験→6年後に海外駐在(経営企画系統)【転職】20代:2回 【一言】税理士を目指したら海外で働くことになりました|会計の専門書マニアです(笑)

-経理キャリアUP